月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

姫路城は

もう一週間以上前のお話になりました。
2月4日 5日 と おでかけしてきました。
家人の某OB会へ 宴会は抜きで 体調も回復してきたことだし、ということでおまけの参加。
a0236300_13351954.jpg
姫路城 横を通ったことは何度もあるのですが、初めて天守閣へ登ってきました。
遠目で見ていた時には わからなかったのですが その敷地の広さとこの天守の巨大なこと。
白い よりも きれい よりも その大きさに驚いてしまったのでした。
そうゆっくりと見て回ったわけでもないのですが たっぷり二時間 かかりました。

そうか ここまで大きなお城が必要だったのか と なにか また違う見方があの時代に加わりました。
それと残っている部分が多いので 生々しさ、というものも 感じるのでした、ここに生きていいた人たちの 体温がまだ かすかに あるような。

a0236300_13430955.jpg
新舞子ガーデンホテル レストランからの夕日。
こちらは浴場からも この景色で 夕日も朝日も見ることのできて 美しいです。

翌日は 室津へ寄って 龍野へ寄って 帰ってきました。

さて ブログが滞っていたのは この旅へ出る前に家人がごほごほしだし、ホテルと車の中と二日間一緒だったもので しっかりと そのごほごほをもらって寝込んでいたからでした。
もともと その直前に 会社の人がインフルエンザでお休みした、と聞いており それが回ってきたのでありました。
症状をみますと インフルb のようです。
寝られるだけ寝て めでたく 回復傾向 です。
いやあ しかし かれこれ 一月半 近く 病んでいることになり、こりゃあ なかなか ないことであります。
ただ 身体の奥が おやすみ~~~~ おやすみ~~~~ おやすみ足りません、と 言っているのは そこそこ気がついていて、そのようになっているのだなあ、と 見守っています。

三月は あれこれしに東京なので それまでにはなんとかなりそうです。
一週目は あれこれして(遊んで下さるかた募集)、二週目はプレ湯治、そのあと 家人も出てきて 遅れてしまった母の一周忌をすませる予定です。

それがすめば ゆっくりペースで 元気に 過ごせるようになるでしょう。

つらかった目も だいぶ治ってきたので 皆様のところへもコメント残しにおでかけいたしますう。




[PR]
by fuko346 | 2018-02-13 13:58 | 山と温泉と旅 | Comments(15)
Commented by 朋百香 at 2018-02-13 14:18 x
風子さま
まあまあそれは大変でした。
そういう私も孫のインフルこそ移らなかったものの、風邪をひき、ちゃんと休まなかったのが災いしてお腹を壊し・・・
若い頃は2、3日寝れば良かったのにもうダメですね(笑)
「お休み足りません」私も聞こえてきます。
お互い、もっと「お休み」いたしましょう。
Commented at 2018-02-13 17:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuko346 at 2018-02-13 17:26
> 朋百香さま
まあ そちらもお腹の風邪でしたか。もうよろしいのでしょうか。
このところ がたがた きて へ~こういうことになるのか、とか 横目で見つつ、
このままじゃあ いやだなあ、と。
お休みしつつ 遊びたい お年頃でございます 笑


Commented by fuko346 at 2018-02-13 17:28
> *さん
ありがとうございます。
そちらへのご連絡はどのようにすればよろしいでしょうか。
こちらの鍵コメントに pcのアドレスを教えていただけませんか。
・・さんへの連絡はお待ちくださいませね。
Commented by yamame930 at 2018-02-13 19:37
こんばんは〜
しばらく更新が無く心配していましたよ・・・
良くなられたなら良かったですね
私も予防接種は受けていますが
これ程流行していると
予防接種が切れた頃が心配です❗️
病み上がりお大事になさって下さい
Commented by Medalog at 2018-02-13 21:01
姫路城といえば白さや優雅さのイメージが強いですが、大きさに驚かれたとのこと、思い出してみたら確かにそうかもしれません!
そして残っている部分が多いと生々しさを感じるというのもよくわかります。ちょっと怖い感じもしてしまいます。

インフルエンザを経て回復傾向とのこと、何よりです。
3月の東京は暖かいといいですね。
Commented by fuko346 at 2018-02-13 21:56
> yamame930さん
ご心配ありがとうございます。
ぐったりしておりました~~~。
yamame930さんは このまま逃げ切ってくださいませ~。
Commented by fuko346 at 2018-02-13 21:58
> Medalogさん
そう けっこう 怖い感じ しました。
あの時代の緊張感というか 生き死にが やり取りされていた時代、というか
そんなものが なまなまと迫ってくるようで。

東京のうち けっこう長く放ってあるので よしよししてあげに行きます。
で、私も遊んでくるのでありました (^O^)
Commented at 2018-02-14 09:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-02-14 11:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-02-14 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuko346 at 2018-02-15 12:35
> t**さん
あれこれ 承知 でございます。
年齢よりちょっとずれて 今が 還暦 なのかなあ、また違う場所からの
出発なのかなあ、と感じています。
すかすか で 行きたいと思います (^O^)
Commented by fuko346 at 2018-02-15 12:41
> s**さま
顔面神経麻痺とインフルが重なって ぼろぼろでありました。
とほほほ。
そちらもいろいろあったのですね、やはりそういうお年頃なんでしょうか。
ほんと お互いに それなりに 楽しみましょう。

姫路のあのあたり 記録的に寒いときに行ってしまったようですが、歴史もあって
海もきれいで 素敵な場所です。
桜のときにもまた 行く機会があればと思います。
Commented by 神奈川絵美 at 2018-02-16 12:01 x
こんにちは。新舞子の海辺、なんてキレイなんでしょう。
生命の息吹を水にたたえ、これから春を迎える静かな豊かさ、みたいなものを感じます。
どうぞご無理なく、これからの気候のようにゆっくりと明るい方へ、ご体調がむかわれていきますように。
Commented by fuko346 at 2018-02-19 12:50
> 神奈川絵美さん
ありがとうございます。
じわじわ じわじわ いろいろなところが回復しているように思います。
でも それはほんのちょっぴりずつなので 無理はしないよう、気をつけて
います。
しかし ここまで 具合の悪いのが続くのは あまり無いことだったので
びっくりですが 休めることに感謝です。