月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

丹波布

お茶の稽古へ
肌寒かったので 胴抜きのきもので
a0236300_22223146.jpg
おけいこ後でしわしわ 失礼します。
きもの 野蚕 胴抜き
帯   丹波布 九寸
帯じめが 帯の青に紛れ込んで写ってしまいました。

今日は今のうちに この丹波布を使いたくての 取り合わせ です。
少し前の丹波布 今の物と糸が違うようで いわゆる野趣あふれる 風情 が気に入っています。
野蚕のきものを そちら方面へ持っていく力があります。

今日のお稽古は 来たる茶会に向けて お薄ばかり 細かいところを直してもらっています。 毎回 違うお点前だと なかなか細かいところまで手が回らないのですが、同じ道具立てで稽古が続くと 手順はそれなりに頭に入るので 頭が回るのでした。
それでも 直すところが一杯で お茶は 頭と身体の体操、です。




[PR]
by fuko346 | 2018-05-07 22:33 | お茶会と稽古 | Comments(4)
Commented by 香子 at 2018-05-08 18:23 x
丹波布!
今日もらった呉服屋さんのDMに載ってました。
う〜〜ん、すごいですね。
本物を見て見たいと思いました。
Commented by team-osubachi2 at 2018-05-09 07:28
織り好きには丹波布もとっても憧れのひとつでしたが、
着物は裾捌き悪くぼったりして着こなしが難しいと聞いても
しょせん夢のままでは着心地もわからぬままでして。笑
帯、良いですね〜♡、、、私も帯がいつか欲しい♡
着物の着心地よりも帯の方が出番が多いと聞くもの、、、芭蕉布も。
これも夢のままで着心地はわからぬもののひとつです。
あ、でも、良い古手の小さな芭蕉布、
いつか手に入れて、琉装にして夏風と共に纏いたい♡
Commented by fuko346 at 2018-05-09 10:22
> 香子さん
あ、丹波布 生産数が少ないからか あまり見かけないものかもしれませんね。
こちらからだと 丹波布の工房 そう遠くないので けっこう見ているのです。
といって これは少し古い物なので 今のものとは質感がちょいと違います。
機会があったら 本物 見て触ってくださいね~。
Commented by fuko346 at 2018-05-09 10:26
> team-osubachi2さん
ですよね、織好きには たまらない布 です。
きものね、そう着にくいようには感じませんでした。
といっても購入予定はありません、ではなく できません 笑
芭蕉布は着にくい と 実際お持ちの方に聞きました。
でも 着てみたいですね~。
御手持ちのもの また いつか 拝見させてくださいね。