人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

小千谷縮を今頃  田中一村展

佐川美術館で田中一村展が開かれており これは行かねばとお友達を誘って行ってきました。
まずは びわこマリオットホテル(ここは 以前 ラフォーレ琵琶湖、だった)で 14階から 美しい琵琶湖の風景を眺めながら パスタランチを食すの巻。
とっても気持ちの晴れるいい景色だったのですが 湿度が多くてもやっていたためか、腕が悪いのか うまく写真が撮れていませんでした。
a0236300_22050004.jpg
佐川美術館は 何度目、ででしょうか。
a0236300_22054364.jpg
人がたくさんいて びっくりしました。こんな多いのは初めてです。
田中一村さんは人気があるのですね。
私が この人を知ったのは もうだいぶ前、いただきものの焼酎のラベルでした。
そう あのアカショウビンから目が離せなくなりました。
「こんな絵を描く人がいるんだ」と思ったことを覚えています。
今回は その奄美での作品は少なく、その子供の時から奄美までの作品をたくさん展示してありました。
こういう変遷を経て 奄美へとたどり着く ことが 分かるようになっています。

なんでトラツグミなんだろう。
なんで鳥の背がまっすぐで しゅっと細く立っているのだろう。
(聞いてみたい、です)
それと墨絵が 魅力的でした、こういうものも描いていたのだなあ、と。

日本のゴーギャン、っていうよりも ルソーが浮かんできて 仕方が無く。
どちらも詳しく語る知識はありませんが、あの熱量、が近いような気がしました。

a0236300_22193924.jpg
a0236300_22135214.jpg
きもの 小千谷縮
帯   越後上布
帯あげ、麻襦袢、バッグ が ほぼ々緑色。
緑大好き人間なので、今日の取り合わせも うきうき でした。




by fuko346 | 2018-08-30 22:16 | Comments(8)
Commented by 神奈川絵美 at 2018-08-30 22:25 x
こんにちは! 帯留めの緑がちょっとスモーキーなニュアンスで、小千谷のお色もあいまって、そこはかとなく秋、ですね。
こちらの美術館、行ったことないのですが開放感あって美しいですねぇ。
Commented by fuko346 at 2018-08-30 23:01
> 神奈川絵美さん
はい 今日もとても蒸して暑かったですが、そこはかとなくせんだってまでの夏、とは
違う空気が流れているので、、、、秋感を出してみました。
しかし、、、こちは まだまだ 暑くて うんざりします。

この美術館 琵琶湖畔にあってとてもきれいなところです。
機会があったら ぜひ訪れてみてくださいね~。
Commented by 香子 at 2018-08-31 07:56 x
こちらの小千谷縮、光線の加減で色味が変わりますね。
赤みが入ったグレー? モノトーンのグレー?
あぁ、明日から9月…悩ましいですわあ (^-^;;;
Commented by team-osubachi2 at 2018-08-31 13:12
一尊さんは人気ですね〜。
生前のご苦労が嘘のように、たくさんの人に見てもらえて
これらの絵は幸せだなあと思います。
(ご本人はやりきったでしょうから、人気が出ようが出まいが、おそらくなんの未練もないかもですよね)
今日の首都圏もうだる暑さです。
越後の取り合わせ、ことにおみ帯に目がいきますです♡
きっと世の着物好きの皆さま、九月でも夏物着ると思いまーす。
紗紬なんか透けないようにして着るの、早くやってみたいです。
Commented by fuko346 at 2018-08-31 20:48
> 香子さん
グレーではなく サンドベージュ、、というべきか。
それに近くでじいっと見ると玉虫色が光る、という 微妙な色目なので
写真に撮るとその色がでません。

9月はその土地が最高気温28℃以下くらいになるまで 夏物、ということに
しましょう (^v^)

Commented by fuko346 at 2018-08-31 20:51
> team-osubachi2さん
はい~、びっくりしてしまいました。そんなに有名になっていたのですね。
ご本人のとても素敵な写真が一枚 展示されていたのですが、売れてはいなくても
幸せ、、もたくさん感じていたのではないかしらん、と思いました。

ふと気がつくと 夏紬をみなコートに直してしまっていました。
あれ~ 何着ましょ、 この端境期 笑
Commented by 朋百香 at 2018-09-02 11:50 x
あら〜羨ましい、田中一村、生でご覧になったのね。
私は画集でしか観たことありません。
やっぱり奄美の自然を描いた作品が好きですねぇ。
静謐、孤高、超越、そんな言葉が頭を巡ります。
奄美の杜の7に「ビロウ樹」をほとんど色を使わず描いたものがあるのですが、それが一番好きです。
Commented by fuko346 at 2018-09-02 22:13
> 朋百香さま
はい~ 県内ですから 喜んで行ってきました。
といっても 車で一時間ほどかかるのですが。

ビロウ樹は 残念ながら 展示期間を過ぎており 実物大コピーが展示してありました。

本文にも書きましたが 他の墨一色のものが魅力的、でした。
私は色鮮やかな奄美、の作品しか知らなかったので、いろいろ興味深かったです。