月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

仕覆

a0236300_22351173.jpg
せんだって作った茶入れのお仕覆が 完成。
茶入れは手伝ってもらいながらもほぼ自作ですが、こちらは ほぼ先生に作っていただきました。
ただ今 目が 絶不調、細かいところが見えないのです。
型紙を作って 布を切ったまでは良かったのですが 糸目が見えず、、、とほほ。

なので、皆さんが作成している時間 私は まっすぐ縫うだけの出し袱紗を 作りました。(画像はなし)

使った布は きもの 帯 の あまり切れ。
なんたって あまり切れは たん、のあるのですから。

袱紗は え、 こんなに簡単にできるのか、と 驚き、仕覆はその細かい仕事に驚き。
そして そもそも 「作れるのだ」 ということに驚き、です。

この仕覆の切れは 誉田屋さんの袋帯の裏地、です。
布は 捨てられずに ほんのちょっとでも残してあったのが 役立ちました。

そして つらつら思うに。
名物の茶入れは お着替えの 仕覆を 何枚も持っていたりします。
茶入れだけでなく 茶碗にも 茶杓にも もう みな お着物 着せるのです。

で、その着物が 名物になっていたりして。
で、またそれが桐の箱に入っていたりして。
持ち主が変わると また一回り大きな箱を作って、また、、、何重にもなっていたりして。
とても 変った文化、ではありませぬか。

とまれ、作ってみると(教えてもらうと) ああ こういうふうになっているのか、ということがよくわかって とても勉強になりまする。



[PR]
by fuko346 | 2018-09-11 22:54 | お茶会と稽古 | Comments(6)
Commented by 香子 at 2018-09-12 10:02 x
飾り結びに無限の宇宙を感じてしまいました (^-^;;
Commented by fuko346 at 2018-09-12 21:03
> 香子さん
おお。
紐の結び方もたくさんあって 覚えられません、、、。
Commented by 朋百香 at 2018-09-14 16:17 x
風子さま
あら〜、渋くて素敵!
自分で作れるんですねぇ、考えたこともなかった。
飾り結び、斬新だわ〜。
Commented by fuko346 at 2018-09-14 23:44
> 朋百香さま
いいでしょう~~~。
そうなんです、作れるのです、って 難しいですけれど。
先生はなんでも ご夫婦で作ってしまわれるので びっくり、なのですが 茶人って
そういうことなのかもしれません。
(私はそこを目指していません、というか できません 笑)
飾り結び もっといろいろあるんです、複雑怪奇。
Commented by さくらこ at 2018-09-15 11:03 x
おお~~
袱紗を作るのはやってましたけどお仕覆もですかー
お仕覆の紐結び、懐かしいな。
お茶入れ空なんですね^^
お茶っていろんな約束事がはっきりしていて
とても論理的ですよね。
Commented by fuko346 at 2018-09-16 09:07
> さくらこさん
お茶、なかなか深くなさっていたのね。

>お茶入れ空なんですね^^
はい まだ使用予定がないので お茶は入れてありません。

あと お茶碗と茶杓を作って みな自作で、、、
あ、こぼし、も 水差も でも 棚とかお釜とか 皆は無理ですね (~_~)