人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

二条陣屋で謡講

9月22日(土)
京都は二条陣屋で謡講 という催しに出かけてきました。
今日のきもの は、、、
a0236300_12505335.jpg
きもの 誉田やさんの 経錦 単衣
帯   縫いの夏帯 野口
a0236300_12522351.jpg
一面の縫い に 一目ぼれしました。
何って この色目、です。(良く写ってないのですが)
刺繍はそう好き、ということはなく きもの などでは この縫いが いらない、と感じることが多いのですが、この帯と 藤の帯だけは わあ と思うほど きれいに感じました。
夏紬地ですが 透け感がほとんないし この柄ですから9月中旬~10月初め、の使用です。

今日の催事は
a0236300_12563770.jpg
二条陣屋、の存在を知ったのは高校の時 修学旅行で京都のことを調べた時 だったと記憶しています。 それから興味があったのですが、今回 やっとこ行くことができました。
謡講の前に 一時間 ゆっくり見学させてもらいました。
思っていた以上に素晴らしいお屋敷で びっくりしてしまいました。
昔の贅沢な建物の その贅沢さ、って 想像を超えるのですよね、そういうものを見ると、ニンゲン、進歩しているのか 退化しているのか、って いつも思います。
a0236300_13013934.jpg
謡講は何度も描いていますが、江戸時代の京都の町衆が 屋敷に集って 夜 暗い場所で 謡を楽しむ催しでした。
井上先生が 再現して ご縁が合って 何度も伺っています。
この暗さ、魅力的です。
集う人の気配が消え、庭の虫の音と 屋外の月の光
そこに このついたての 向こうから流れてくる 朗々たる 低い謡の声。
身体の中にそのすべてがしみ込んで その音と気配だけになり、そして身体が消えて その中心だけがぼんやりと座敷に浮かんでいるように感じます。

山の中にいて 身体が世界に溶け込んでしまうようになるときとは また違った感覚です。

あの感覚を味わいたいたくて 謡講に足が向くのかもしれません。


by fuko346 | 2018-09-25 13:31 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(2)
Commented by 神奈川絵美 at 2018-09-25 22:13 x
こんにちは! 謡講、いいなあ…私はなかなか伺うチャンスがありません。ほの暗い中、謡の声や節にはファンタジーをかきたてられますよね。
縫いの帯、ステキですねぇ、このような帯初めてみました。重厚感がありますが夏帯なのですね。私だと、うっかりお太鼓をどこかに擦っていためてしまいそう^^;
Commented by fuko346 at 2018-09-26 10:30
> 神奈川絵美さん
また 東京での公演があるのといいのですが、、、。
京都においでのときに都合が合えばおいでください。
情報 fbで流れるように シェアしますね。

白い帯芯にすれば もう少し夏帯らしく見えると思うのですが、書かれているように
重厚感があるので 夏には使え無さそうです。
秋単衣、を想定しているのかなあって思います。