月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

紅 鮮やか 永観堂 へ行ったわけではありません

今日の暖かさはなんなんでしょ。
ということで 選んだのは薄手の紬 それも胴抜き。
雨予報のため コートを着なくてはならず きものは涼しくしましょう、と思ったのでした。
a0236300_22504918.jpg
今日のきもの
きもの 野蚕 胴抜き
帯   織九寸 藤山千春さん
きれいな青、と緑が気にって求めたものですが 反射でわかりません。
さらに 帯揚 白抜きのもみじ なんですがわかりませんね。

a0236300_22530518.jpg
a0236300_22532730.jpg
紅葉で有名な 永観堂さん
入り口あたりで 眺めるだけ、です。

今は 盛りの もみじかな

伺ったのは門前の個人宅。
以前から 伺ってみたかった月釜に連れて行ってもらいました。

写真はありません。
客は五人 こじんまりと設えた茶室で 心づくしのお茶をいただきました。
定年されてから 座敷に炉を切り 茶会を始めたとか。
なごやかにお話がはずんで(私は聞いているだけ)いいお席でした。
お道具もいろいろと集めておられ、ご亭主が楽しんでいるのがわかります。

こういう茶会 いいなあ。

お道具は集められないけど、美味しいお菓子と一服の茶。

茶室は作れないけど、炉 くらいは切ることはできるかしら。
でも 上手にお話 できないわあ。


また 伺いたい、と思ったことでした。







by fuko346 | 2018-12-04 23:02 | お茶会と稽古 | Comments(2)
Commented by 神奈川絵美 at 2018-12-05 23:48 x
こんにちは! 上の記事も拝読しましたが、お茶会に寄せさせていただくとなおさら「時を意識しない有りよう」に憧れるというか「たゆたって」生きていたい、などと思ってしまいます^^; こんな素敵な風情でのお茶会ならなおさら。
帯締めが秋色で、凛とした着姿、ステキです。
Commented by fuko346 at 2018-12-06 21:19
> 神奈川絵美さん
こんにちは♪
まあ ぼや~っとしているだけ という いい方もできるのですが、これまで
あんまり疾風怒濤だったので 残りは たゆたって いけたらいいな、と希望
しています。
どんどか やっていた時には 見えなかったものが 年齢を重ねたせいもあるの
でしょうが見えてきて これはこれで 興味深い 日々、です。