月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

やっぱり手前味噌

そろそろ いい具合になっているかしら、と蔵から引き出してきたのは、、
a0236300_12570998.jpg
味噌です。
どれどれ、、、、
a0236300_12593476.jpg
蓋を開けるときは 上手くできてるかな、と少し 心配しますが、昔ながらのお味噌、まずそういうことはありません。
今年も上々 美味しそうです。
a0236300_13010091.jpg
薄茶色が できたてお味噌。
こげ茶が 蔵で三年 冷蔵庫で一年保管してあった前回のもの。
しばらく 半々で使って 消費します。
地域で仕込みをするので ちょっとだけ、というわけにはいかず、熟成しすぎ、のものが残ってしまうのです。
以前は東京の家へかなりの量を持っていっていたのですが、それがなくなって、残量が増えました。
それでも やめられない 手前味噌 美味しいのはもちろんですが、うちのお米と、地域で作った大豆と麹と塩しか 入っていない、とこが やはり 安心して食べられます。
発酵って 凄いな、と いつも思いつつ ありがたく いただくのでした。

さて、こちらは 蔵に入ったついでの救出品、です。
a0236300_13070420.jpg
いったいいつのものやら わからない コーヒーカップと テフロン加工のフライパン。
ちょうど 使っているものが痛んできたので 新しくしました。
こういう食器類とか調理用品とか 東京にあったもの ここにあったもの、この30年余、少しずつ 使えそうなものは救出して使用。
だいぶ消費しましたが、まだまだた~っぷり あります。
(バザー品にも あれこれ供出)

自分の好きな食器類を揃えるとかは とうにあきらめて、在庫処分にせいを出すのでした。
どうも そういう役回り、らしいです。





by fuko346 | 2018-12-20 13:13 | 山里便り | Comments(2)
Commented by sogno-3080 at 2018-12-21 12:24
お味噌よい色をしていますね。香ばしい香りが漂ってきそう。
美味しそうです。蔵があるなんて素敵✨
Commented by fuko346 at 2018-12-22 11:28
> sogno-3080さん
まず失敗はない、とわかっていても 蓋をあけるときは ちょっと心配です。
きれいに味噌化(?)していると うれしくなります。

たんなる 古びた田舎家で 蔵もぼろぼろですが けっこう使えます (^v^)