人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

我が家は 森と化している

なんで 簡易デジカメしかないもので こんな写真しか撮れませんでした。

居間で 洗濯物などたたんでおりますと、、、
表の庭で ばさばさばっと大きな羽音と共に け けーん とけたたましい声。
おお 雉だ!
急いで カメラを持って いってみますと 立派なオスの雉が 悠然と 歩いております。
が、すっくと頭をあげつつ それはそれ けっこうな早さで裏山へ続く茂みに入ってしまいました。
二階からなら見えるかも。

a0236300_11380737.jpg
動く対象 精一杯の画像。とほほ、、、
a0236300_11395769.jpg
メスもいます。
ご夫婦だわ。
左がメス 右がオス。
コジュケイのときもそうでしたが オスは頭をそびやかして のしのしと偉そうに歩いており、そのあとをメスがちょこちょこ そして安心してついていっている、ように見えます。
このまま裏山へ登っていってしまいました。

雉の声 は そこらへんで聞こえますし たまに遠目で 歩いているのも見ますが、庭に来たのは初めてですし ここまで近くに来たのも初めてです。
裏山で巣を作ってくれたら かわいいヒナもみられるかも、とほくほくしましたが、どうも、お気に召さなかったようで あれからもう 来てくれませんし 声もしません。
どこに行ったのかしらん。

庭先を歩いている姿を眺めながら はあ、初老夫婦しかいないこの家の敷地は、もうすでに、動物たちにとっては 森と変らないのだなあ、と改めて思ったことでした。
まあ 玄関開けたら 鹿のふん なんですから わかっていたことですけれども。

山続き 山林の際の高台の家を このあたりでは 山屋敷、といいます。
そんな家は 動物たちのえさ場 遊び場、と化しております。

望遠と連写のできるいいカメラ 欲しい、、、ぼそ。



by fuko346 | 2019-05-12 11:50 | 山里便り | Comments(6)
Commented by Medalog at 2019-05-12 14:08
わあ〜、お庭に雉の夫婦ですか!
オスの方は綺麗なんですよねえ。
いいカメラ、絶対に買うべきですよ。旅行にも持っていけますし思い切って買いましょう!
私は美術館で展示品の細かい部分を見るのに使うギャラリースコープを買おうかと目論んでいます。

太鼓のお稽古再開、おめでとうございます。
しかも県内にお稽古場を開設して頂けるとはラッキーですね。
お太鼓の響き、大きな声を出すこと、思いっきり楽しんでくださいませ。お仲間との再会も楽しみですね。
Commented by 朋百香 at 2019-05-12 19:34 x
風子さま
私は大きな亀の写真をブログに載せましたが、こちらは雉ですか。 それも自宅のお庭で!凄い!
「精一杯の画像」でも優雅に歩くツガイの姿、よく分かります。羨ましい反面、これだけ自然が近いと人間にとっては不便なことも多いのでしょうね。でもやっぱり羨ましい。
Commented by fuko346 at 2019-05-12 22:20
> Medalogさん
ギャラリースコープ 私も思案中です。
どれがいいのかなあ 情報あったら教えてくださいまし。

お稽古 行くだけならなんとでもなるのですが やはり家で練習しませんと
先生に申し訳ないので その気力が出てくるのを待っていました。
なんとかなるかな^と、お稽古場新設が重なって 今だ! となったわけです。
どうなるかなーーー。
Commented by fuko346 at 2019-05-12 22:22
> 朋百香さん
カメ、もおりますよ。
こちらは 日本古来のクサガメと思われますが、けっこう大きいです。
といって ハワイの子のように大きくはなりませんが。
もう なんでもいますよ~~~ 笑

自然と闘っておりますが それもまた 楽し。
(と おもうことにしています)
Commented by shallowsweed at 2019-05-22 12:47
ご無沙汰致しました✨
fukoさん、よく捉えられてます‼️
足速いし、あんなに鮮やかな、羽色でも
なぜか周りに同化、、私は小屋の中でも
いない⁉️と焦ることしばしば。。
カメラ手に、キジを追う様子が
目に浮かび、クスクス笑ってしまいました
変わらず素敵なfukoさん⤴︎
嬉しくなりました✨当面スマホから
UPしようと思います✨
Commented by fuko346 at 2019-05-25 00:01
> shallowsweedさん
おひさしぶりです (^.^)
そうなんです すたすた移動してしまうものですから、、、。
ほんとに 当たりの景色に紛れますよね 自然の生き物。
うまくできているなあ って感心します。