人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

新茶の会

お茶会 ではないのですが、、、
a0236300_11092124.jpg
上天気の昨日 御寺泉涌寺の塔頭で行われた 小さな催しへ お誘いいただいて伺いました。
a0236300_11133381.jpg
控えのお部屋。
もちろん 茶室にも 玄関にも あちらこちらに 美しい設え。
a0236300_11153933.jpg
お煎茶 新茶の会、です。
流儀を離れて 新茶を飲み比べる 楽しみ、のみ。
この中から 客が一つず選んものを いれてくださいます。
a0236300_11172950.jpg
お茶によって 合う急須も違う、とのことで 小さいお道具 たくさん です。
a0236300_11182921.jpg
この ほんの少しのお茶が それはそれは美味しいのを知っているので、このお誘いに喜んで伺ったのでした。
このお席は 客が五人 それぞれが選んだ五種類のお茶をいただきました。
あら~ こんなに違うのですね。
葉の育てかた 蒸し方 そもそもの土地の違い。
そして作った人の違い。
お茶の味が違うのは知ってはいても、じっくりと味わうことはそうないので とても 面白く 楽しく 美味しい時間、でした。

最後には新茶の爽やかさ、が 舌に残って 気持ちまで 清々しくなったのでした。

a0236300_11261270.jpg
内容をよく知らず 気楽なお茶会、、、かな、と思ったので、その仕様 です。
きもの 絽縮緬 寄せ小紋
帯   薄地 紬染め九寸 柄は七宝
半襟と帯あげ は絽縮緬
襦袢は もう たぶん 10月初めくらいまで 麻 です。

まとった瞬間 いやあ 軽い 着ていないみたい。
薄ものの 季節が始まりました。





by fuko346 | 2019-06-14 11:32 | お茶会と稽古 | Comments(8)
Commented by Medalog at 2019-06-14 15:17
新茶、色も香りもさぞかし素晴らしかったことでしょうね。
しかもお茶を淹れるのが上手な方が淹れた煎茶ですから、羨ましい限りです。
(私は煎茶を淹れるのがあまり上手ではないので)

お着物、色も質感も涼しげでお煎茶の会にもぴったりですね。
私もやわらかものに麻の襦袢を合わせたいのですが、麻がやわらかものの質感に沿ってくれるかな?と不安で今のところシルックの絽にしています。でもやはり暑いんですよね…
Commented by higurete at 2019-06-14 22:00
こんにちは。
新茶はすがすがしい味と香りでおいしいですね。
飲み比べができるなんて、いいですね。
 (私ごとですが、売茶流(ばいさりゅう)の煎茶教授の免状を持っています。もっているだけ(笑))

なんと涼しそうな美しいお召し物でしょう!
帯と絶妙なハーモニーで素敵!
ため息がでます。
 
Commented by fuko346 at 2019-06-15 00:17
> Medalogさん
こちらは 小川流のお煎茶の先生で、以前 とっても美味しいお茶をいただいたことが
あるので 今回は 新茶、と聞いて期待していったのですが、その期待は裏切られません
でした。

この地域も茶どころなので 玉露を入れる茶道具がどの家にもあって、ゆっくり丁寧に
いれればいいのですが、、、、せっかちな私は それが待てません (~_~)

麻襦袢 涼しいですよ、柔らかものに合わせて問題があったことはないので、一度 お試し
ください。
Commented by fuko346 at 2019-06-15 00:22
> higureteさん
ま お煎茶のたしなみがおありでしたか。
若い頃 初めて お煎茶の茶会に行ったときは あれやこれやと衝撃的でした。
お抹茶とは違う 良さがありますね。

着物 ほめてくださりありがとうございます。
まだ六月前半、でもこの日は30℃を超えるか、という気温でしたので、はてな、
となりましたが、上手くいった取り合わせかなあ、と 思っています。
Commented by 朋百香 at 2019-06-15 16:57 x
風子様
「新茶の会」楽しそう! 新茶のお色も美しいけど、風子さんのお着物姿の爽やかなこと!
明るい緑の帯揚げが効いてますね〜。

Commented by fuko346 at 2019-06-16 13:38
> 朋百香さん
はい とても楽しかったです。こういう機会 そうそうありませんものね。来年も
期待してしまいます。

この帯揚げ 優れもの、でした。
緑といっても いろいろありますが これは効きます (^O^)
Commented by 神奈川絵美 at 2019-06-19 23:01 x
こんにちは! 新茶を味わうのに、この量で十分とのこと、よくわかります。私も5、6年前に、銀座のHIGASHIYAで玉露をほんの一口、だったのですが、からだ中に芳香がめぐるごとく、とても美味しかったのを憶えています。

上の記事も拝読しました。夏椿、私はあまり見かけたことがないのですが、さすが夏だけあって、葉が薄くみずみずしいですね。小さな命を大切にわけあって育てる、素敵ですね。
Commented by fuko346 at 2019-06-20 22:17
> 神奈川絵美さん
ですよね、お煎茶の茶会だと 一滴 二滴 ん 三滴、、、。
それがまあ 美味しいこと。
お抹茶の美味しさとは 違うもので、それもまた魅力的、です。

夏椿 どうも咲くまで5年くらいかかるようなので さてさて その前に
大きな苗木を購入したほうがいいのかどうか 悩みます (^O^)