人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

出たぁ !  (蓮の話)

睡蓮は 山里にすんなりとなじみ あちらこちらと移した場所で すくすく育っております。
が、蓮は まったく上手くいきませんでした。
種をあちらこちらの水辺にぽんと、、、一度は 葉が数枚 出てきたのですが どうも 住み着いている カメ、の餌になってしまったようで、消えてしまいました。
メダカの鉢にいれたものは うんとも すんとも、、、。

そこで 最後に残っていた種を お友達に聞いたように、端っこを少し削って 水を入れたペットボトルに入れ、日の当たる場所に置いておきました。
数日たったある日 あれ、種が膨らんでいるぞ。
そして また数日 ああ~~~~! 出てる~~~~!
a0236300_14292116.jpg
発芽 しました。
ひょっこりぽん。
a0236300_14304324.jpg
右のは まったく変化のない種。
左の発芽したものは 倍くらいに膨らんでいますよね。
ふ~ん そういうことなんですねえ。
これから あの まあるい葉っぱが出てくるのですね、楽しみ楽しみ。
少し 大きくなったら 鉢に植えましょう。
種が採れるようになったら 鹿と亀の口から 守りつつ 池 大 で増やしたい。
蓮池にならないかなあ。

発芽 したとたんに 先の先の夢を見ています。


by fuko346 | 2019-07-09 14:35 | 山里便り | Comments(8)
Commented by 朋百香 at 2019-07-09 19:08 x
風子さま
わ〜、貴重なものを見せて頂きました。
こんな風に発芽するんですね! 可愛い。
これが大きくなって、あの綺麗な花を咲かせるなんて・・・。
植物の小さな種を見ると、いつも不思議な気分になります。
いつの日か蓮池、素敵な夢だわ〜。
Commented by fuko346 at 2019-07-09 21:42
> 朋百香さま
蓮の種 すごく昔のものを開花させたお話 いくつかありますよね。
今回 さもありなん、って納得してしまいました。
水分が種の中に浸透しなければ ずーっと かたいまま保存されるの
ですね~すごいですね~。
と考えると 自然では いったい何が原因で 発芽するのでしょう。
誰かがかじる? こすれて穴があく?
自然の妙でありますなあ。
Commented by sogno-3080 at 2019-07-10 04:14
出ましたねえ!凄いです。コーフンします。
千葉には2000年の眠りから覚めた大賀ハスというものがあり、私も
見に行ったことがあります。それは見事でした。fukoさまのお庭、これから
タノシミが増えますね。
Commented by fuko346 at 2019-07-10 22:14
> sogno-3080さん
はい いくつか**年の眠りから覚めた、、、という蓮があるようです。
でも 2000年とかって ニンゲンの命の長さからするととんでもないですよね。

なにせ 鹿やら亀やら なんでも出てくる土地なので、そこからどう守るか、
が問題なんですが なんとか蓮池を目指したいです。
Commented by つきのこ at 2019-07-11 07:54 x
風子さん
やっとやっとですね!
おめでとうございます~^^
ぐんぐん伸びて、里山の蓮池を目指してくださいね。
いつか「蓮の花」観に遊びに参りたいと思います。
Commented by team-osubachi2 at 2019-07-11 14:17
うわあああああ、、、、、ジー、、、、、、。笑
初めてですもん、蓮子の発芽なんて。ビックリぽんですよー。
睡蓮も美しいですけど、それはまだ現実感がちゃんと伴われていて
見ている自分はちゃんとそこに居られるんですけど、
蓮の花はもっと、なんというか、こう、見ている自分までが
この世のものとも思えないくらい美しくて崇高な世界を見ている気になってしまいます。
ましてや泥池からあの花ですもんねー、はるか古の人らが浄土と結びつけたくなる気持ちもわかる気がします。
どうぞすくすくと育ちますように♡
Commented by fuko346 at 2019-07-11 22:20
> つきのこさん
はい~ とてもうれしくて。
もう たくさん 蓮の花が咲き乱れている 妄想が膨らんでいます。
その折には 見に来てくださいね。
Commented by fuko346 at 2019-07-11 22:25
> team-osubachi2さん
ね~ びっくり ぽん ぽん ぽん!
どんな花が咲くかしら 来年 咲くかしら わくわくわく。

蓮って特別ですもの家に咲いたら 夢見ごこち、です。

去年 日暮れ時にみた 一面の蓮の花 もう ほんとに 此の世ではないようでした。