人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

この地方では 在所ごとにある寺に 墓参り という行事があります。
お盆は 別に一週間 あります。

以前はたくさんの人で 大騒ぎでしたが 今は 義姉夫婦が 来るだけになりました。

a0236300_10381636.jpg
滅多にないお客様なので 常よりは きれいに花を飾りたいのですが、育てているもので 基本 賄いたいので 無ければ仕方がありませんが 今年は このユリがまだ 咲き残っていてくれました。
ちょうど 長芋、と思われる花が咲いていたので 添えてみました。

a0236300_10432538.jpg
お墓に持っていく四束の花も 賄えました。
土のある暮らしは こういうことができるのが 一番 だと感じているので、ちいさい「うれしい」を感じることができました。
気候によって 開花時期がずれてしまうこともあるので、今の時期に咲く 宿根草を もう二つくらい 増やしたいのでした。

お昼には 自家製の野菜をメインに使った料理を出しましたが義姉が「昔はすき焼きやった、今は時代が違うから期待してはいかん」と 台所でばたばたする私とは離れた座敷で話しているのが聞こえましたが、ふと おかしくもあるのでした。
以前だったら かっと頭に血が上ったろうなあ。
時を重ね 時が移っていくのを 眺めているのは 面白いものです。



by fuko346 | 2019-08-08 10:59 | 山里便り | Comments(14)
Commented by 朋百香 at 2019-08-08 13:55 x
風子さま
フフフ、分かります。私も昔は小姑にいろいろ言われてよく頭に来ていた口です。今思えば若かったな〜。言ってる本人は、それほど深い意味はなかったのかも。歳をとって良いことは、そんな風に思えるようになったことでしょうかねぇ。
桔梗がもう咲いているのですね。
Commented by sogno-3080 at 2019-08-08 16:53
わ、きつーい一言。私だったら今でもかーっときそうです。
そして、逆に自分もそんなことを言っているのではないかしらと
ふと反省。最近、思ったことが胸におさめられず口にだしてしまう
のです。
Commented by りえさん at 2019-08-08 21:52 x
ご無沙汰しております。

すき焼きに反応しちゃいました(≧∀≦)
西に嫁に来て
そんなにすき焼きがご馳走なのか?と
思うほど、ことあるごとのすき焼きに
ありゃりゃ(ノ_<)と思ったものでした。
Commented by macska at 2019-08-08 23:54 x
楽しいお話ですね。
私はすき焼きはあんまり、だったので、
びみょう〜な感じでした。
こちらは可愛げのない「嫁」でありますが…
Commented by fuko346 at 2019-08-09 09:47
> 朋百香さま
ふふふ、、、、。
深い意味がないことはわかっているのですが こういう発言 行動は こんな程度じゃなくて
枚挙にいとまがないほどで、意識せずに言ったり したり できるということの根本が
恐ろしい、です。
「本家のヨメ」なんだから これくらいいいでしょ、という大前提がなければできないこと
ですから。
そういう意識のないニンゲンにとっては びっくりぽんぽん です。
それを許す 回り(夫も含め) もねえ、なんだかなあ、です。

桔梗は秋の花のようにいわれてますが 夏の初めから咲いて もうそろそろ終わり、です。
なんで秋なのか不思議なんです。
Commented by fuko346 at 2019-08-09 09:56
> sogno-3080さん
こんなのは 軽いほうです 笑
反対に私は じっと我慢してきましたが 少し 自分の言いたいことも
出すようになってきました。

言いたいことを上手に伝えらる様になりたいのですが、年を重ねても なかなか
うまくいきません。
というか 真綿にくるんだような言い方、気持ち悪いのですよね。
まっすぐに伝えたことを 攻撃と受け取らない人と 話をしたいです。
Commented by fuko346 at 2019-08-09 09:59
> りえさんさん
りえさん、、、、 あっ。
ご無沙汰しています お元気ですか。
コメント うれしいです。

私もすき焼き あんまり好きじゃないのです。
しゃぶしゃぶのほうがいいのだけど どのみち、この暑いときに 勘弁して~。
動くのは私だけ なんですから。
Commented by fuko346 at 2019-08-09 10:04
> macskaさん
いろんな ひゃあ! という話は 横目でみると 楽しいものですよね。
むこうさんは 可愛げのない嫁 と 思っているのでしょうねえ (^O^)
Commented by 香子 at 2019-08-09 22:07 x
子供の頃はお墓詣りのお花を買うなんて思ってもみない事でしたが
今では故郷の方でもお墓詣り用のお花が売ってます。
もっともそれ用のお花を作ってる農家があるからですが (^-^)
ふふ、小姑さまはどこでも似たような・・・
ウチはあまり言わなくなりましたねぇ(諦めたか?w)
Commented by fuko346 at 2019-08-10 06:34
> 香子さん
ここらへんでは 仏さん用の花は たくさん 一年中 売っています。
だいたいのおうちに 仏壇 ありますものね。
そして お盆 お彼岸は 高くなるのです。
義姉も買っていますし 義母も買っていました。
つまり 私が 花を作り始めたわけ、です。
どうも 買ったもののほうが上等 という思想があるようでして(全般に)
不思議なことの一つです。
Commented by team-osubachi2 at 2019-08-12 18:22
うちの母親も、小さいなりに本家の嫁として気張ってた時代がありましたっけ。
お花は買うもの、集う親戚にはごっつぉでもてなすもの(うちらの方面は寿司桶です) 田舎のお盆は、どこもそんな風がありますかねえ。
口さがない小姑、兄弟らのコソコソっとした言葉など、手伝いのかたわらなど子供なりに小耳に挟むと、
大人は勝手を言うものだなと思っていたように思います。それは介護の面においても。。。
お墓はおろか、仏壇の前で手を合わせる人も少なくなりました。
あるもので賄える嬉しさ、喜び、お察し申し上げます♪


Commented by fuko346 at 2019-08-12 21:19
> team-osubachi2さん
この時期になると そういうお嫁さんからの投稿が必ず載っていたような。
やっと この頃みかけなくなりましたね、時代はかわる。

今日 また、お盆のお花を仏壇に飾りましたが、それも庭のもので 賄えました。
楚々として 美し、と 自画自賛でありまする。
Commented by higurete at 2019-08-18 13:28
こんんちは。

すき焼きに反応してしまいました。
わたしは三男に嫁いだのですが、新婚早々、夫の両親と小姑が居ついて苦労しました。
三男なのに結婚詐欺だと怒っても後の祭り。

何十年とストレスの塊の結婚生活でした。
介護を経てやっと夫婦二人きりの生活になってやれやれ。

達観してやりすごせる風子様を仰ぎ見ます。
Commented by fuko346 at 2019-08-19 12:19
> higureteさん
こんにちは。
そうですか 思わず反応してしまう方が たくさんいて みなさん 経験されているの
だなあ、と。
そちらの武勇伝 拝見しました。
うちは 義姉の家族と 舅の兄弟三人の家族で、わんわん でありました。

いえいえ 達観なぞしていません、今でも ここの自然は好きですが それ以外はストレス
です 笑