月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2013年 09月 16日 ( 1 )

大雨降って 崩れる

台風18号の影響で こんなん なりました。
a0236300_23265661.jpg


昨年の大雨で ちょっと崩れました と書いた場所、今回は 派手に崩れてしまいました。
梅の古木は ぽっきり 洗濯干しは 穴に落ち込んでいます。
あらら~~~~~。

5時過ぎに 特別警報のサイレンが鳴り響き 目が覚めました。
まだ暗くてあたりはよく見えず 雨風強く、 消防車がなにやらアナウンスしながら通っているのは聞こえず。うっすら明けてきて 下を見てみると(うちはこのあたりでは一番の高台にあります)、あたりは一面 濁った水が来ていて 田んぼも農道も水没。下の家では 土のうを積んで水を食い止めようとしている模様。
以前 洪水になったときに近在の家々が避難してきた、という話を聞いていたので水を確保、とりあえずご飯を炊いて 炊き出し準備。
家人は下に応援に行き 下の家家には車だけでも上にあげるように伝えます。
そのうち 地域の中心を流れる大戸川が溢れだしたらしく あちこちに避難指示が出だしました。

さて 夜が明けてみると 庭の一部が崩落して 梅の木が落ち込んでいました。
これは修復するのにかなり大がかり 頭 痛いです。

このあたり 記録的な大雨だったらしいです。
にもかかわらず 被害は庭だけ、お米もおととい刈ってしまったので助かりました。

写真の手前に土手の土の表面がぼこっと落ちていますが、それ以外の土は すごい勢いで流れて云った模様。そこらへんに土砂が溢れて、それが下の道の側溝にぎっしりと詰まってしまい、道にどうどうと土砂と水が流れている状態になってしまいました。

午後から雨が止んだので ご近所の皆さんと掘り返しにかかり、たっぷり半日かかりました。
ご近所は床下 少々の浸水で済んだので 炊き出しは無用となり 一丸となって土砂と格闘。
なんとか掃除することができました。
敷地内の土砂は 明日からぼちぼち片づけることにし この本体の穴は 水抜きしなくてはならずプロに工事を依頼。
土が乾くまでこのままにしておいて、とうことでした。幸い 明日から晴天続きのようで 良かったです。

どこの地方でも 残っているのは中高年。仕事をしているのは 私達夫婦が一番若い、という6人で それでも冗談いいながら 楽しく土木作業 しかし疲れました。
筋肉痛であります、もう 体力も力もないので情けない。

でも このくらいで済んで良かったです。
しかし 上流 下流 かなりの被害のようです。
高原鉄道は橋が流れて 線路がぶら下がっているらしく不通。
いつも京都に行くときに使う 谷沿いの道はあちこち崩れてているらしく不通。
町の中心部へ行く道もあちらこちら 車は 通れなくなっているようです。

ふう 朝の5時から長くて あっという間の一日、でした。
こんなことも起こるのですね。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-16 23:54 | 山里便り | Comments(16)