月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2013年 09月 18日 ( 1 )

小町に呼ばれて

台風が来る前 その後の嵐もしらず のんきに出かけて行きました。
台風が来るから その進行方向を避けて 北西かな、、、と丹後の温泉を目指して。
その途中 京都の北で お蕎麦屋さんの看板を見つけました、 あら なんとなく美味しい感じがする と道を逸れて 細い道をどんどんいくと ありました。
a0236300_2153893.jpg

まつばら
京都の奥座敷 越畑 という小さな美しい集落の お蕎麦屋さん。
ぴん、ときたカン は当たっていて 美味しかったです。

あれ、ここは いつか行ってみたかった 柚子の里 水ノ尾 の近くではないか、行ってみようと さらに山道を京都市内方面へと下っていきます。
ここは 愛宕山の 嵯峨野とは 反対側の登山口にあたり ずんずん行くと 嵐山 なのでした。
(翌日 あんな水害になるなんて!)

ここまで来てしまったら もう京都市内を抜けて 帰ろうということになりました。
市内はいつも ぽくぽく ぽくぽく 歩いているので そこを車で行くのは新鮮です。

と、はっと気がつきました。
帰り道に山科 通る、ということは 小野へ 行って頂戴。
随心院へ 近々行こうと思っていたのです。

ただいま 大鼓(おおつづみ)の会に向けて 猛練習中。
でも なかなか上手くかず どうしましょう!! と泣きごとを言いましたら お仲間に お能の曲にゆかりの場所に行ってみるのはどう?と勧めてもらったのです。

私の曲は 「草紙洗小町」なので 小野小町ゆかりの 随心院へ行こうと ネットで調べたところだったのです。
a0236300_2118076.jpg

降りだした雨に 屋根からのしずくが落ちて 本堂の軒下の苔に きれいに並んで穴があいています。
雨粒が落ちる度に 透明な飛沫が砕けます。

落ちついた立派な 門跡寺院でした。
小町 ゆかりの品も拝見して 緊張し過ぎて わらわらしていた 心が すっと落ちついたような。
小町さん 力を 貸して 頂戴ね。
この時に行かなければ もう 時間が取れずに 会までに 行けなかったかもしれません。
弱気な私に小町さんが呼んでくれたのかしら。

a0236300_21203145.jpg

こんな きれいな お香もいただいてきました。

うん、きっと上手く行くぞ。

会は9月28日(土)11時より 京都観世能楽堂で催されます。
よろしければおいでくださいませ。
[PR]
by fuko346 | 2013-09-18 21:27 | おでかけ | Comments(8)