月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 12日 ( 1 )

肩衝 茶入

お稽古の一環として 茶入を作りました。
a0236300_10092767.jpg
肩衝 です。
先生に教わりながら 形を作っただけで、これから釉薬をかけて釜で焼いて、蓋を作ってもらって、仕覆を縫って、、、完成品になるのは かなり後になります。
いかにもの 肩がきっぱりしているものを作りたかったので 満足であります。

作り方 だけでなくて 拝見するときのこと 点前するときのこと、いろいろお話を聞くことが出来て とてもお勉強になりました。
(って、忘れてしまうことが多いのですが、、、、)
もちろん そのための 稽古としての 茶入作りなのでした。
はい 作らなくてはわからないことが たくさんで ほーほーと驚くのでありました。

お茶の道具は多岐にわたるので みな 作ってみる、というわけにはいきませんが、気軽に はい次回は茶入を作りましょう、なんていうお稽古場は そうないので うれしいことです。

ひとつ 面白かったのは 土も同じ 見本も同じ 説明も同じ、なのに でき上がったものが参加した5人とも かなり違う、ということでした。
その人らしい、ものができるのです。
先生は たくさんの方を指導しているけど ひとつとして 同じものはできない、と おっしゃっていました。

意識しているわけではないのに 人の個性って 強烈なものなんだなあ、と しみじみしていしまいました。

完成が楽しみ 楽しみ。

おっと 「道具はどう使うかが 大事です」
はい えっと、えっと、使うようにしなくては。




[PR]
by fuko346 | 2018-07-12 10:31 | お茶会と稽古 | Comments(8)