人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お茶会と稽古( 66 )

玉手箱

こちらに来て 早 30年余、押し入れに長く眠っていた 大きな段ボールを やっとこ開けました。
茶道具 の 箱。
a0236300_12242853.jpg
ぎっしり。
伯母からのお下がりと 私が中学生のころからお稽古していて お初釜で当選したものとか、旅で手に入れたものとか、自作、とか。
あらあ~、ほぼ完ぺきにお道具 揃っています。
釜もきれいなまま。
はてな 炭道具が一切ない。
あ、伯母は電気を使っていたのですね、と はた、と気づく。
a0236300_12274459.jpg
ややや なかなかお稽古できない 大海の茶入れに 長緒のお仕覆まで ありました。
箱を開け見ていると ああ、これは、と思いだすことしきり。
上の写真の青磁色の水差しは 自作 です。
でも どこで作ったのか、、、が 思い出せません。
たぶん お社中にいらした 陶芸家さんのところ、しかあり得ないような気がします。
それとも 高校の工芸部か、、、。
眺めていては 日が暮れてしまうので とりあえず 離れに 使わなくなった 棚、があったので それを持ってきて縁に 仕舞場所を 作りました。
そして せっかくだからと、設えてみました。
a0236300_12345063.jpg
棚 記憶では丸卓のはず だったのですが だしてみれば あらら 桑小卓。
(置き場所が変ですが 御容赦)

灰も炭(茶炭ではなく蔵にあった昔のもの)もありますが 釜の灰型はわからない。
先生にお伺いをたててみましょう。

ううむ。
これだけ揃っていたら お稽古しなくてなるまい。
どなたかに 一服 差し上げたくもなる。

が、庭も家の中も ぐしゃぐしゃである。
お軸はない。
いかにせん。




by fuko346 | 2019-11-14 12:43 | お茶会と稽古 | Comments(6)

一椀の 茶

a0236300_13482353.jpg
茶杓に抹茶をすくってみました。
一般的に 薄茶では一杓半 濃茶では 三杓、といわれています。
が、ご覧になってわかるように 茶杓の形状、またはどのくらいで 一杓なのか、によってお茶の量は変ってきます。

今のお稽古場で そうか、と改めて教えられたことは お茶事をするための 稽古、である、ということと、美味しいお茶をたてること。
お茶事は先の長い話ですが 美味しいお茶、というのは 当たり前のようですが、できていないことが多いような気がします。

同じお茶を 同じ釜の湯でいれても 味も喉越しも まったく違う ということが ままあります。

その日の 気候 釜の湯の温度、茶碗の形状、お茶の量、茶筅の振り方、お湯の量、その他たくさん 思いを致すところはあるのです。
最後には 美味しいお茶を差し上げたい、という 一心、です。

たてたお茶を 自分で飲む 自服のときがたまにあって ぎょ、美味しくない、、、と、がっかりして さらに こんなものをお出ししていたか、とうなだれてしまうことも多いです。
点前がおぼつかないときは もう いわずもがな、、、。

お稽古に行っても お点前の練習がない、ときもあって 回数はそう重ねておらず(お休みも多い)、お濃い茶にいたっては まだ ん~ 10回は ないかも、ですが 先輩がお稽古しているときに目をこらし 先生の注意に耳をそばだて、ああ、そうか そうするのか、と自分なりにどうすればいいのか 考えてはおりました。

そして 昨日のお稽古で 先生に 久しぶりに美味しいお濃い茶をいただきました、とほめてもらったので 有頂天 です。
「美味しいお濃い茶」 の 成功体験ができたわけで といっても次はどうなるかわかりませんが、目指せばよい見本、を知ったわけで、とっても うれしいです。
身体が 一度 感覚を 覚えました。
美味しいお濃い茶がたったときは 茶筅も茶碗も汚れません。
それも 清々しくて うれしいことです。

昨日は 4人さんに 差し上げたので 茶杓に12杯のお茶、ということになりますが、すくう途中で うまくすくえないときがあって 足りない、と感じたので もう二杓、足しました。
一回目のお湯も どうも練るには足りない、と感じたので 少し足しました。
練っているときの できた という感覚は まだ 少しわかりません。

あれこれ 足したりせず 美しくお点前をして 美味しいお茶を 毎回 たてることができたら本望ですが これは 自分なりのお茶事をすることができるとき、より もっと遠い目標のような気がします。

「上がり の ない道」って 楽しいですね。




by fuko346 | 2019-11-03 14:27 | お茶会と稽古 | Comments(7)

夕照庵 茶会

昨夜 一部渋滞のひどかった中央高速(八王子から大月まで)を ひゅんひゅんと帰ってきました。
と、今日はかねてからの 年に一度の支部茶会、場所も車で小一時間 慣れた道、ということで ちょいと行ってまいりました。
a0236300_22150864.jpg
文化ゾーンにある 茶室 夕照庵。
誰でも 一服できる席には 何度か来たことがあるのですが、こちらのお茶席は初めてでした。
良いお天気で 日本庭園も うっすらと紅葉しはじめていて美しく、穏やかな時間を楽しむことができました。

a0236300_22214352.jpg
a0236300_22222811.jpg
花喰い鳥 大好き。

今日のきもの
きもの 正倉院文様 小紋 袷
帯  織 九寸
柄のきものに 柄の帯、でした。
・  






by fuko346 | 2019-10-27 22:25 | お茶会と稽古 | Comments(2)

秋 単衣

お稽古に とっても 久しぶりの きもの。
以前着たのは 8月6日。
あらま 二カ月弱、もたっています。
薄もの 自然布 出してあげられませんでした、残念。
さらに 9月中は予定が無いので 薄手 白っぽいものは もう 着ることがない、と初夏に来た 塩沢お召しを 再び 秋バージョンで。
10月に 濃い色の お召しを着てあげられるかしら。
a0236300_10220326.jpg
きもの 塩沢お召し
帯   麻地 染め九寸 この帯は芯が入っているのと 色目で 夏には手が伸びず、たまに 今頃の登場です。
a0236300_10222936.jpg
木版 でしょうか。
生地自体はとっても薄いのですが 涼しくはありませんから この手は悩ましいです。
麻芯にしたら 涼しいのかしら、とも 思いますが、9月末から10月半ばくらいの 暑い日用 にしておきます。
そうそう 昨日はまたまた 暑かったですね。

下着は夏仕様でしたので 冷房入って ちょうど、くらいでした。
色麻襦袢、 五月 下手したら四月末ころから 十月半ばまで 使うかもしれません。

お稽古仲間の皆さんと話していて きものはよく着ているのに 織のことをご存じの方は少なく、塩沢さえも そう知名度の無いことに ああ そういうことなんだなあ、と寂しくなりました。
半襟の 絽縮緬も楊柳も 同じく。

この国の織物 どうなっていってしまうのかなあ。




by fuko346 | 2019-09-27 10:38 | お茶会と稽古 | Comments(6)

全身 麻

お茶のお稽古

連日 猛暑でございますね。
こちら 梅雨が明けてから おしめりなしの かん かん かん でありまする。
山里で35℃超えは 厳しいです。

この夏初めて きものを着るために 午前中 冷房を入れました。
a0236300_09492169.jpg
今日のきもの
きもの 小千谷縮
帯   麻地八寸 近江は秦荘のもの 濃い藍 薄い藍が大きい格子になっています。

紐二本 和装ブラ 以外 足袋まで 全身麻、紐もブラも天然素材。
おっと 帯あげと帯じめは 絹、です。

冷房の室内で着て 冷房付いた車に乗って 冷房聞いたおうちへ移動 でしたら ほぼ汗もかきません。
脱いだあとも 帯下もさらさら、です。
私が一番汗をかくのは 足、なので そこは強い味方、麻の足首まである すててこ。
この 名称 なんとかならないか。
形状はかなり違って 足首まであるキュロットスカートのようなもの、です。
すぐれもの でありまする。
(絹物をお召しのかたは いくら冷房、といっても 家中 きんきん というわけでもない 純日本建築、汗をぬぐっておいで です)

もう日本の夏には 麻きもの でございますよ~。


by fuko346 | 2019-08-06 10:03 | お茶会と稽古 | Comments(2)

お茶事の稽古

正午の茶事に参加しました。
もう 覚えるには 回数参加、しかありませんが、それでも年に数回なので なかなかですが、お客なら おたおたしないくらいには なりましたでしょうか。
今回の主題は 快気祝いの お軸を拝見する という趣向で はじめての経験でした。
a0236300_10270323.jpg
中立ちのときに 琴の演奏が、、、、
いつもとは 違う雰囲気に包まれる 茶室です。

今日のきもの
a0236300_10322682.jpg
きもの 能登上布 先日と同じ もう今年は洗ってしまってしまうつもり、です。
帯   羅 というか 粗紗というかの 八寸 
a0236300_10351977.jpg
背中がこういう柄の 動物がいたような、、、。
これは ひなやさんの 蔵出しセールで求めたもので その手の匂いが取れないので じゃぶじゃぶ洗ってしまいました。
バリバリ感は なくなり いい按配。
帯も 自分で洗える場合があるようですが、だめになってしまうこともあると思いますのでおすすめは 出来かねます。







by fuko346 | 2019-07-26 10:44 | お茶会と稽古 | Comments(4)

講習会 (仕組み 正客)

涼しい梅雨が続いていましたが 今日に限って晴れて暑くなりました。
そんな中 彦根の井伊家の菩提寺であるところの立派なお寺で 流派 支部の講習会が行われました。
a0236300_21370933.jpg

a0236300_21381700.jpg
今日のきもの
絽 小紋
帯 絽つづれ八寸
帯あげに 帯締じめと同じ色調の きれいな緑色が飛んでいるのですが 見えません、、、。
下は全部 麻、です。

さて 講習会は 実技班がお点前をし、それを 流派から来てくださった宗匠が指導し、参加者が見学する、というもの。
今回は 仕組みの濃い茶のお点前 正客で を担当しました。
どきどき緊張して あらぬことをし、会場の笑いをとってしまいましたが、それもまあ、よし、お勉強になりました。
今回間違えたところは もう二度と間違えないでしょう。(たぶん)

良い機会をいただいていることに 感謝 です。


by fuko346 | 2019-07-07 21:50 | お茶会と稽古 | Comments(6)

お茶の稽古と梅花空木

お稽古 でした。
今日は なんとしても きもので。
来月行われる講習会の実技班に入ったので 所作の確認です。

a0236300_21423513.jpg
きもの 藍絞り 木綿単衣
帯   博多風 八寸帯
準備していたのは この帯ではなく 夏紬地帯 だったのですが、あら、ちぢんだのかしら、長さが足りないわ、、、
いえ 身が 育ったのね、、、
おかしいな 数年前にしめたときは、、、
明日 ゆっくり もう一度確認してみましょう。

ということで 朝、あわててこの帯に変更したのでした。

大勢の方の前での 実技なので緊張しますが、いつもは さらっと過ぎてしまうようなところまで、先生が細かく 指摘してくださるので お稽古としては良い機会だと思います。

そして こちら ちょうど 切ってあったので いただいてきました。
a0236300_21482077.jpg
梅花空木
かわいくて ほのかな良い香り。
これも いいなあと感じていた花なので うれし。
先生が高野山で いただいてきたもの、とか。
挿し木して 育って 毎年 花を楽しみたいな。

夏椿に続き、 どうぞ うちに根付いてちょうだいね。


by fuko346 | 2019-06-22 21:52 | お茶会と稽古 | Comments(10)

新茶の会

お茶会 ではないのですが、、、
a0236300_11092124.jpg
上天気の昨日 御寺泉涌寺の塔頭で行われた 小さな催しへ お誘いいただいて伺いました。
a0236300_11133381.jpg
控えのお部屋。
もちろん 茶室にも 玄関にも あちらこちらに 美しい設え。
a0236300_11153933.jpg
お煎茶 新茶の会、です。
流儀を離れて 新茶を飲み比べる 楽しみ、のみ。
この中から 客が一つず選んものを いれてくださいます。
a0236300_11172950.jpg
お茶によって 合う急須も違う、とのことで 小さいお道具 たくさん です。
a0236300_11182921.jpg
この ほんの少しのお茶が それはそれは美味しいのを知っているので、このお誘いに喜んで伺ったのでした。
このお席は 客が五人 それぞれが選んだ五種類のお茶をいただきました。
あら~ こんなに違うのですね。
葉の育てかた 蒸し方 そもそもの土地の違い。
そして作った人の違い。
お茶の味が違うのは知ってはいても、じっくりと味わうことはそうないので とても 面白く 楽しく 美味しい時間、でした。

最後には新茶の爽やかさ、が 舌に残って 気持ちまで 清々しくなったのでした。

a0236300_11261270.jpg
内容をよく知らず 気楽なお茶会、、、かな、と思ったので、その仕様 です。
きもの 絽縮緬 寄せ小紋
帯   薄地 紬染め九寸 柄は七宝
半襟と帯あげ は絽縮緬
襦袢は もう たぶん 10月初めくらいまで 麻 です。

まとった瞬間 いやあ 軽い 着ていないみたい。
薄ものの 季節が始まりました。





by fuko346 | 2019-06-14 11:32 | お茶会と稽古 | Comments(8)

社中のお茶会

先生の担当する 月釜へ。
a0236300_21384381.jpg
きもの お召し 単
帯   経錦 屋八寸 かみなり紋 木屋太
じゅばん は 絹麻

お召し という織物にはたくさんの種類があるのは知っていましたが このきものの生地は不思議で 薄くてとろり、としているのです。この手は このほかには見たことが無いのですが、私が知らなかっただけで、めずらしくはないのかも しれません。
帯は この色と柄と生地の質感で 単時期のお茶会用に一目ぼれ したものです。
相性の良いきものも見つかって この一そろいは この季節のお気に入りになりました。
木屋太さんのとこで こういう八寸を作っていることも発見でした。

今日の京都の最高気温は25度。動きのけっこう激しい裏方でも 汗もかかず快適でした。 茶会でも この時期 単 は承認されてきたのは うれしいことです。
a0236300_21484255.jpg
社中 手作り じょうよ饅頭、令和初の茶会ということで菊文様。
a0236300_21503013.jpg
a0236300_21510496.jpg
名水のある神社での 茶会。
まず 神様にお茶をささげ 祝詞をあげていただきます。
新鮮な体験でした。

暑くもなく 寒くもなく 濃い緑を望みながら 一椀の茶を差し上げる。
これは なんでも、でしょうが、茶会も主催側が 面白いのかも、と 初めて感じたことでした。




by fuko346 | 2019-05-19 21:58 | お茶会と稽古 | Comments(10)