人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:今日のきもの 夏( 23 )

小千谷縮で お茶のお稽古

そぼ降る雨の 肌寒い日。
お稽古場のお庭は どんなお天気でも いつも 美しいのです。
a0236300_23283122.jpg
今日のお稽古は お薄と 久しぶりの花月。

きものは、、、
a0236300_23303857.jpg
きもの 無地の小千谷縮
帯   麻 染め九寸
帯締が 薄いきれいな緑色で 涼しげなんですが どうも 白っぽく写っていますね。
じつに どうということのない あっさりとした 取り合わせ。
a0236300_23332149.jpg
お太鼓 あっさりしすぎじゃないか という 大人しめの 蘭の花。

これは もう おそらく30年くらい前、今は無き 銀座の 津田屋さんで求めたもの。
夏にきものを着始めた頃、おばからのいただきものの 夏きものに 合わせようとしたのではなかったか、むむ 記憶も定かではありません。
趣味に走ってからは ほとんど あっさりしすぎていて 出番がなく、お稽古にちょうどいいと 引っ張り出したら あら おもいがけず しっくりきました。
たぶん 以前の自分には 地味すぎたんですね。

これ 一度は処分コーナーへ 回っていたのです。
いやいや しとっと 目立たない装いに いいですね。
その時 と 用途によって 出番が回ってくるとなると 他の処分コーナーにある品も、もう一度、見なおさなくては なりません。
いや それでは 片付かない、、ううむ。





by fuko346 | 2019-07-13 23:44 | 今日のきもの 夏 | Comments(8)

日本の夏じたく

横浜 三溪園で 毎年行われている 日本の夏じたく展へ 行きました。
二度目、何年ぶりかしら。
装いは、、
a0236300_10145175.jpg
きもの 白鷹お召 単衣
帯   織八寸 西川はるえさんの 日暮れの頃

いそいそ出かけた先は、、
a0236300_10182802.jpg
逸品ぞろいのこちらです。
以前 うかがって 素敵なものばかりだったので それから また行きたいなあと思いつつ なかなか時間が合わせられなくて、数年ぶりの再訪でした。
はい もう あれも これも それも、、、欲しくなるものばかり。
美しいものをたくさん 見せてもらいました。
頭を冷やしましょ、と、園内の茶店へ。
a0236300_10210392.jpg
初氷。
甘酸っぱくて 身体がしゃきん といたしました。
早めの夜ご飯は お友達が連れて行ってくださった お蕎麦屋さん。
a0236300_10225718.jpg
アナゴの天ぷら、とか 厚焼き玉子とか、あれ、ほかにも食べたのですが、、、
美味しかった です ごちそうさま。
さて この場所は。
a0236300_10243552.jpg
よこはまばし商店街。
a0236300_10251286.jpg
桂うたまろさん ゆかりの地。
あ、NHKで見たわ。
商店街散歩して、、
a0236300_10273510.jpg
思わず購入。関西にはないのですもの。
お店のおじさんとも 気楽にお話。
絶滅危惧種の貴重な商店街、こういうの近くにあったらなあ。

お別れに地下鉄の駅に連れて行ってもらって、これに乗って **で乗り換えて帰るのよ、はい、と 自分がどこにいるのかさっぱりわかっていないお散歩でしたが、とっても楽しい半日でした。




by fuko346 | 2019-05-29 10:33 | 今日のきもの 夏 | Comments(0)

西荻窪へ

西荻窪で 和装関連の催事がちょうど二つ開かれていて 興味があったのですが さて どうしようかしらん、と思っていたところ、お友達からお声がけがあって 行ってきました。
東京の町家、を使った趣おあるお店でお久しぶりの皆さんとランチのあと、、、
a0236300_10031604.jpg
a0236300_10034225.jpg
二箇所をはしご。
おわかりのかたは すぐおわかりかと、、、

西荻窪には 他にも あらいいわ と感じるいろいろなお店があって またゆっくり来たいなあとは思うけど、遠い、です。

a0236300_10070762.jpg
a0236300_10082054.jpg
きもの覚書
東京は突如暑くなり、そんな用意はしてこなくて はて、と困りましたが、持ってきたものを着るしかありません。
きもの 薄手木綿 藍絞り 単衣
帯   麻 型絵染 九寸 柄はほうずき です。
襦袢 下着 足袋 も麻。

このきものは 目がつんでいないので 風が通り そこそこ快適でありました。

お誘いいただいたおかげで 思いがけない 西荻散歩ができました。




by fuko346 | 2019-05-27 10:14 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)

猛暑日の京都できもの

日曜日 京都の最高気温は36.7℃でありました。
あっちっち。
ですが きもので 久しぶりにおでかけです。

a0236300_22091771.jpg
a0236300_22101820.jpg
a0236300_22104691.jpg
きもの 能登上布
帯   八寸 苧痲と絹の 前津雪絵さんの帯を 初使用
a0236300_22115233.jpg
歩いていても そう厳しく無かったのはこの 小千谷120番手の絽麻の長襦袢の効用と思われます。
お茶関係ではなく 好きなきものを着たのは久しぶりだったので うれしい気持ちが勝っていたのかもしれません。
a0236300_22141562.jpg
a0236300_22144029.jpg
久しぶりのお友達ときものデート こういうランチも久しぶり、です。
二条の リストランテ・野呂 
美味しく 楽しくいただきました。

この後 四条へ出て きもの催事を覗き うれしいお買い物できました。
お茶関係で必要な 一つ紋つき単衣 つけ下げを 破格で。
これで 単衣の時期の茶会に 「紋付きね」と指定されても あわてることはありません。
良かった 良かった。


by fuko346 | 2018-08-27 22:20 | 今日のきもの 夏 | Comments(3)

ゆく夏に 赤い小千谷縮

そろそろ夏物はしまって 秋へ向かいましょう、、、、へ 抗ってみたいかったのと ちと沈んだ気分を払いたくて赤い小千谷。
a0236300_10465738.jpg
きもの 小千谷縮
帯   織 紗九寸名古屋
帯に濃い色を持ってくると さすがに赤が目立つので帯回りを ぼやぼや~っとして、小物で真夏じゃないの感をだしてみました。
この帯は もとは薄いジョーゼットのようなはかなげな布なんですが 芯を入れたら暑苦しくなって 処分コーナーへ移動していたもの。
今回 合うものがないとがさごそ探していて見つけました。こういうことがあるので なかなかきもの類は処分しきれません。
a0236300_10553177.jpg
本日のもう一人の主役はこちら。
陶器の帯どめ。
a0236300_10574546.jpg
お友達が見つけて誘ってくださった講演会。
南方熊楠に何を学ぶか
主催 神社庁
京都キャンパスプラザのお教室で お勉強 の風情 久しぶりで 楽し。
なんで神社庁なのかというと 明治の神社統合に反対したこと もともと神社の家系、ということがあるようです。
ただ 私は粘菌好き なのでそこででかけたのですが 講師が 南方熊楠記念館の館長さんだったので、生物学的なお話はありませんでした。
熊楠という人がどういう人だったのが おぼろげにわかって興味深く。
そして記念館の存在を知らなかったので 訪れてみたくなりました。
たまに こういう講演会もいなあ、と改めて思ったことです。
a0236300_11042095.jpg
終了が7時半 でしたので空腹を満たすべく 京都タワーの地下にできた カフェテラス形式(?)のお店へ。ちょこちょこ中華をつまんでおしゃべりを。
まわりは 若者ばかり。これも新鮮でありました。
お向かいのお二人もおきものなので 写したのですが よくわかりませんね。

館長さんが宣伝を ということでしたので サイトをあげておきます。

南方熊楠記念館


by fuko346 | 2017-08-31 11:10 | 今日のきもの 夏 | Comments(6)

越後上布で

きもの繋がりのお友達が 上洛なさったので 京都へ。

a0236300_21255098.jpg
きもの 越後上布 (新品で購入ではありませぬ もちろん)
帯   芭蕉布八寸 奄美大島あたりで作られたものらしい
a0236300_21275529.jpg
この越後は おすまし顏なので 野趣あふれる自然布が 今一つ しっくりこないような気がします。
色目が気に入って 一晩 うんうん悩んで購入した芭蕉布の帯 これがけっこう優れもので 登場回数多し。
a0236300_21313315.jpg
今日の取り合わせの中心は 年に一度はシリーズ 蝉の 帯留。
真夏のイメージ。

ランチは これも年に一度は行きたい ごだん宮沢さん。
a0236300_21333124.jpg
お椀は 稚鮎。焼き加減 絶妙でした。
a0236300_21345971.jpg
いきなり デザートへ 絵は飛んでしまいますが いつもどうり たいへん美味しくいただきました。

お友達と別れて 京都駅あたりで用事をすませ 怪しくなってきたお天気に押されるように 帰宅。
今日の京都 それはまあ 暑かったですが 今年はまだ あのとんでもない暑さはまだのようです。
きもので 歩けますもの。





by fuko346 | 2017-07-28 21:39 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)

上布の夏

久しぶりに感じる京都へ
a0236300_09063744.jpg
きもの 能登上布
帯 しな布
しな布そのものの色と墨黒の染め分けなので 反対巻きにすると 自然なしな布の色が前に出ます。
今日の取り合わせは 緑色の帯あげで、出先の展示に合わせて身に付けた母のエメラルドの指輪、と合わせました。
a0236300_09104350.jpg
京都ロームの モダンタイムス
お友達はきれいな色のちぢみをお召し。
ここ どんなところかなあ、と気になっていたのです。
コースでないと予約ができないので 初見ということで選んでみました。
少なめで と お願いしたごはん 残してしまいました お腹いっぱ~い。
天井の高い ゆったりした空間で お食事を楽しめます。
a0236300_09204890.jpg
目的は 京都近代美術館 
技を究める=ヴァンクリーフ&ァーペルハイジュエリーと日本の工芸

以前 ミホミュージアムで見た マハラジャの宝石で その美しさに気付いたので その美しいものを見たいなあと 猛暑を省みず、、、。

超絶技巧の日本の美術品も一緒に展示してありました。

直接 見る機会のないものをたくさん 見ることができたのは よかったのです。

が デザイン、として感じたのは 肌合いの違い。

宝飾品としては もう 関係ない世界なので 自分が使うとしたら という想像は無意味なのは 分かっていますが、美術品を見るときは それでも この中で一つ 差し上げますといわれたら、という品を見つけて どきどきするのですが、それが どうも感じられません。

という なんとも もやもやの残った 不思議な感想が残りました。


暑くて 頭が 壊れかけていたのかな。

この日の最高気温は34度とか、かつ 湿気がものすごくて 歩いているとふっと息が苦しくなるほど。

全身 ほぼ麻の場合 暑いのは帯回りだけで あとはすうすう風が通るので きものだから、というわけではないと思いますが 外を歩きまわるには 危ない気候でありまする。

a0236300_09450829.jpg
ということで 今年 お初のかき氷。




by fuko346 | 2017-07-13 09:47 | 今日のきもの 夏 | Comments(6)

片貝木綿で遊びましょ

大阪 大丸で 行われていた 風水土のしつらえ展 へ出かけてきました。
この 催し だいぶんと前に一度行った記憶があるのですが そのときは きもの関係が多かったような気がします。気のせいかしらん。
布 木 草 土 石 等 自然の恵みを生かした もの もの が並びます。年に一回 行われているこの催し、なぜか 行かねば、と 今回は思ったのでした。
a0236300_10292822.jpg
気温は30℃近く ほぼ夏のしつらえ。
きもの 片貝木綿 単衣
帯   麻 九寸 たぶん藍
襦袢は麻
帯どめは ガラス 
a0236300_10371704.jpg
木綿で遊ぼ という 気分になりたかったので選んだ反物。
ちと やりすぎかしらんという気もしなくはなかったのですが着てしまうと そうでもありませんでした。
木綿にもいろいろありますが こちらは そう目がつんでいないので今の時期快適でした。

で、催しは 会場に入った瞬間から おお~でありまして 素敵なものが一杯。
この頃は一般的なデパートなんぞでは 欲しいなあという服やらがなくて 無いなら無いで いいや あるものですまそ、と思っていたのですが やや ここからあそこまで全部欲しいというものが並んでいまして、見て回っていたら二時間ちかく過ごしていました。
大好きな はちす さん のきものところでも もちろんひっかかって あれこれ見せてもらいました。
ああ~ 欲しい けど あきらめます。。。

個人的な素材に思い入れのある 作り手さんのものは それぞれがしっかりと その想いを受け止めているような佇まいがあって魅力的でした。 

お友達と遅めのランチもして 大満足の大阪おでかけでありました。





by fuko346 | 2017-05-23 10:53 | 今日のきもの 夏 | Comments(4)

九月はじめの 夏着物

この日の京都 最高気温は33度でした。。。
a0236300_1138381.jpg

暑いけど あの真夏の暑さとは違うし 九月なんですから、と 妥協点のこのきもの。
ちょっと京都まで御用で行きました、の 取り合わせ。
襦袢は麻ですが、風が通らないので あ つ い。
ああ ベージュの小千谷を着てくるのだったと 後悔しました。

日常的にきのものをお召しの皆様 気温で決めましょう。
30℃以上は 夏物 といたしましょう。

a0236300_1148734.jpg

袖口にちらっと見えますのは 小千谷の100番手麻襦袢です。
グレイッシュピンクを指定したつもりなんですが 普通の灰色に仕上がってしまいました。
適応範囲が広いから いいかなあと妥協しております。

本日はこの襦袢を試しに着てみる、と 帯どめのトンボと帯あげの トンボ、です。
このきものも 夏物ではありますが 色目で 9月初めの 秋 ですよ、の つもりです。
6月は初夏ですよ 9月は秋ですよ の小物の色目と素材で 季節をこめて 夏着物を召しませ 皆さま。
きもの: 綿ちぢみ
帯  : 麻 八寸 無地に見えますが 藍の濃淡になっています。
藍で染めました~~~~感 が好きな品物です。

この日の目的は ご縁があった ところへ 夏紬の仕立て直しを 引きとりにいきました。
また ご紹介いたします。(といって 期待してくださるかたは いるのかしらん)

お友達とランチに行ったのは 二条あたりの
グリル フレンチ
正しい洋食屋さん 美味しい場所、でした。
質実剛健 かつ おしゃれな 洋食屋さんって 表現は おかしいかしら。
しっかり 食べたいときに また伺いたいです。
最後の プリンが 圧巻であります。



by fuko346 | 2016-09-12 12:02 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)

東京 2016 8月

東京にて おきもの友達とデート
a0236300_1815097.jpg

きもの 宮古麻布
帯    芭蕉布 八寸
a0236300_183136.jpg

このきもの 二年か三年 箪笥に塩蔵されておりました。
初夏 晩夏 初秋 透けすぎない麻着物 として購入のもの。
たてよこ苧麻の上布より 厚みがあるので着心地はどうかな、と思っていましたが まとってみると 布がはりはりで 襦袢との間に隙間ができ 風通しが大変よろしく 涼しく感じました。
この日の東京は33度の最高気温だったかと思いますが、快適でした。
たぶん 関西のじと~っとむわ~っと熱い35度を経験しているので そう感じただけ、かもしれません。
帯あげの 緑と 手提げの 緑が ほぼ同じ色目です。
大好きな色。
この色があると すす~っと引き寄せらてしまいます。
(麻襦袢を一枚 この色に染めました。 仕立てあがってきたらご紹介します)

布 のときはそう感じなかったのですが これ まとうと けっこう目立ちますね。
縦線の あお が気に入っているので 派手かもしれないけど お気に入りになりました。
でも 京都だったら もっと目立ちますねえ、、、、

お出かけ先は 日本橋の三越 お友達の探し物と 未練のある品物をもう一度みたくて。
a0236300_18103990.jpg

熱くなった頭を氷で冷やす の図。
お友達は 宮古上布をすっきりお召で かっこよかったのでありました。

a0236300_18114038.jpg

夜は西新宿に移動。
楽しく 美味しい 夜 でありました。

簡単に覚書 であります。



by fuko346 | 2016-08-27 18:16 | 今日のきもの 夏 | Comments(2)