月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

手強い 帯

回復してきたので 久しぶりに きもので お茶の稽古にいきました。


 

a0236300_20464351.jpg
a0236300_20461978.jpg
きもの 上田紬 小岩井紬工房 袷
帯   紬八寸 洛風林
a0236300_20482231.jpg
この帯は 織ったのは 秦庄の織屋さんですが デザインは さすがの 洛風林。
かなり手強いのです、力があるのに しゃれもの なので 小物を選びます。
なんとか 今 の季節に合わせたくて 桃色、入れました。
そして 今回の 中心は 取り合わせを終わってみれば 帯揚です。
だんだら緑と若草色の それだけみたら わ! という品物ですが、これがしっくりきました。

お稽古は 今度 講習会で実演(?)する数茶、と 茶筅飾りで濃い茶。
お棚は 旅箪笥、お釜は 裏甲釜。
特訓もあるので 10時から お昼休みをはさんで 6時近くまでのお稽古、でした。
先生に頭が下がります。





[PR]
by fuko346 | 2018-03-31 20:56 | お茶会と稽古 | Comments(2)

さくら さくら (三井寺あたり)

今年は 桜が早くて 東京あたりでは散り始めているとか。
山里は まだまだ蕾固し 梅が散り始めているところ。

とても久しぶりのお友達から連絡をもらって 大津あたりで ランチでも、という約束はだいぶ前からしていたのですが、あれ、もう桜がさいているのでは、と 急遽 お花見にも行きました。

うちから車で山を下っていくと ちらりほらりと桜が咲きだしていて 降り切ったら 満開の木もありました。

a0236300_13533172.jpg
a0236300_13535968.jpg
大津は膳所の トラスパンテ で 美味しいランチ。メインはパスタにしました。
会わなかった時間が 思ったよりも長くて そんなに会っていなかった?と 驚きつつも、あれやこれやと お話を。
そして、、、
a0236300_13563860.jpg
こちらは 長等公園の桜。
a0236300_13581606.jpg
三井寺
a0236300_13584986.jpg
琵琶湖が蒼く見えます
a0236300_13592756.jpg
こちらの 桜は 何度目かしら。
長く通った病院の近くでもあり 思い入れのある 桜、です。
今回 約束した日に 早めの開花がちょうど合って 良いお花見をすることができました。
そうそう このあとには 琵琶湖疎水沿いの桜も。
たくさん 歩きました。

歩くことに急遽決まったので 用意してた きもの は取りやめ。
正解、でした。
覚えに 取り合わせだけ 載せておきましょう。
a0236300_14034307.jpg
きもの 伊那紬 単
帯   天蚕 九寸
襦袢も楊柳の単

三月に単ものを出したのは 初めてです、が、 たぶん これを着ていって歩いたら 悲惨なことになっていたでしょう。
日中にブラウス一枚で歩いていて 暑かった、、、。
といって 日が陰ると急速に冷える。
きもの好きには 難儀ですなあ。





[PR]
by fuko346 | 2018-03-30 14:07 | 美味しい場所 | Comments(2)

トウが立ちましたが、、、

a0236300_09290569.jpg
留守にしている間に 菜園では。

まだまだ冷え込みのきつい頃 出始めの固い蕾のフキノトウ 食しました。
ここまで トウが立ってしまって花が咲いたら食べられない、と思っていたのですが、どうもそうではないようなので てんぷらにしてみましたら けっこうなものでした。
ただ あの独特の苦みは 蕾より かなり薄いです。
a0236300_09330207.jpg
天候不順で大きくならず そのまま放っておいた水菜は 花盛り。
こちらも 花もろとも おひたしにして 食べました。

なんやらかんやら 食べるものがあるのは うれしい限り。

まだまだ霜が降りるので 種まきはできませんが、そろそろ菜園の冬野菜を整理して、土を耕す頃相です。
今日の 山里の気温 予報では 最低気温0度 最高気温20度、です。
相変わらずの メリハリのある 気温 です。





[PR]
by fuko346 | 2018-03-27 09:37 | 山里便り | Comments(0)

京友禅の襖絵

とっても久しぶりの きもので 京都におでかけ、です。
a0236300_18092308.jpg
a0236300_18085321.jpg
きもの 郡上紬 胴抜き
帯 紬地九寸 生駒さん

今年も 今しかない時期に 桜帯に陽の目を見せてあげられました。
東からおいでのお友達と まずはこちらでランチ。
a0236300_18114847.jpg
a0236300_18124846.jpg
木乃婦さんの ミニ懐石、です。
道具の取り合わせも美しく ゆったりとした時間を楽しみました。
そして 今回の目的。
a0236300_18144533.jpg
a0236300_18151901.jpg
お知り合いの 友禅作家さん 河野さんご夫妻作の お寺の襖絵。
そのお披露目会に 伺いました。
着物地ではない 襖絵、とてもご苦労があったことをお聞きし、その美しさに 心が澄むような心地がしました。

きもので京都へおでかけできるまでに 心身回復できて とても うれしいです。
一時は もう顔もこのままで きものも着られないかも とか思っていました。
三カ月ぶり くらいの きものでおでかけ ですが、やっぱり きものが好き です。




[PR]
by fuko346 | 2018-03-24 18:22 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

春の雪見風呂 (奈良田温泉 白根館再び)

20日 家人の車で帰宅 途中 温泉一泊。
道志村~富士五湖 を抜けて、、、
a0236300_10190404.jpg
冬季休業中のお店が多い中 美味しいお蕎麦にも会えました。
a0236300_10201074.jpg
二度目の訪問。
一度目は自分で緊張しつつ運転してきたので あまり記憶がありません。
ただ お湯がとても良かった、ことは覚えており 帰宅途中に位置することもあって こちらにしました。
奈良田温泉 白根館
山梨県南巨摩郡早川町奈良田344
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

とろっとろの温泉は言うことなし、です。
部屋数も少ないので ゆったりと楽しむことができます。
湯治の設定もあります。
翌朝、、、
a0236300_10270045.jpg
部屋からの眺め。
激しく 降っています。
a0236300_10280355.jpg
思いがけず 雪見の露天風呂。
その美しさを一人じめ。
あ~ いい気持ち。
帰る道すがらも それは美しい雪げしきでした。
ある程度 下ってしまうと雪は雨になり 静岡に出て 東名~新東名で帰宅。

山里の我が家では 梅が満開で迎えてくれました。




[PR]
by fuko346 | 2018-03-22 10:40 | 山と温泉と旅 | Comments(4)

さくら

a0236300_16413127.jpg
ご近所の早咲きの桜が 満開です。
街路樹として植えられているので このあたりだけが ぼうと桃色に染まって 季節の変わったことを告げています。
都内では ソメイヨシノの開花宣言がありました、お花見の時期が 早まるようです。

今回は 上京期間を長くしたのを見越したように いろいろ工事が入って そして無事にあれこれ済みました。
(メモ:漏電 漏水の検査 ガス給湯器取り替え工事 ケーブルTVへの移設工事 粗大ごみ 工場へ直接持ち込み お試し)

そして父の確定申告と並んで目的だった 母の遅れてしまった一周忌も昨日「無事すみました。
父は 一瞬前のことを忘れてはしまいますが、機嫌よく暮らしています。

母の一周忌をすませ ほっとしています。
私の 「お仕事」 八割がた すませたな、と感じます。

ものごころついてから いまが いちばん こころが おだやか、と感じています。





[PR]
by fuko346 | 2018-03-19 16:57 | おもいつれづれ | Comments(6)

栃尾又温泉 自在館

今回の上京 目的の一つは 湯治だったのですが なんやかんやで一泊になってしまいました。
a0236300_11550415.jpg
車では もうしょっちゅう行っている越後 魚沼あたりですが 電車に乗ったのは 若いころ山に行っていた時分。
新幹線が通って 東京から近くなりました。
a0236300_11572301.jpg
以前から気になっていた 自在館、です。
いきなり連泊というのも心配なので とりあえずお試しです。
写真はみな古い棟ばかり撮ったので 現在はもっときれいに建て直されているところを使っています。
浦佐の駅から送迎バスがでています、かなり溶けていますがまだまだ雪はたっぷり。
栃尾又温泉は古くからの湯治場です。
三軒の宿が 共同浴場を使う形式を残しています。この形が残っているのは 貴重です、それだけ人が来る つまりお湯がいい ということなのだと思います。
はい いいお湯でした。
心身を休める という意味ではすばらしい温泉です。
a0236300_12020006.jpg
子が一緒だったので 品数の多いコースにしましたが 次回は湯治コースの控え目料理にしようと思います。(お腹がが苦しい)
でも こちらのじっくり焼いて全部食べられるイワナは美味しかったのでまた食べたいな。
お試しの結果。 
お湯も食事も人も 上等。                     
せめて 三日は連泊したい、です。
いやもっと重たいものが抜けるまで 連泊したい。
湯治ができるところを探していましたが 今まで泊った中では ここが一番 いいなあと感じました。
近いうちの長逗留を目指しましょう。
栃尾又温泉 自在館
新潟県魚沼市栃尾又温泉
単純放射能泉 源泉かけながし







[PR]
by fuko346 | 2018-03-11 12:30 | 山と温泉と旅 | Comments(10)

大吉

a0236300_13115180.jpg
高幡不動 です。
といってお参りが目的で出てきたわけではなく、駅の反対側にある 税務署に、、、。
これで ひとつ 重要なお仕事終了です。
今までは 市役所で申告していたのですが 疑問点があって 税務署に行きました。
え、建物の外にまで長い列 そして なにがどうやらわかりませんが とにかく並びます。
建物内にはいるとこんなアナウンスが。
「この建物にお入りなってから、すべて終了するまで二 三時間かかります。立って並んでいられない方、ご気分の悪い方は申し出てください」

あらまあ これ 基本的に 処理方法間違ってませんか。

とは 思いつつおとなしく並んで 今回も「はあ?」ということがありましたが、ともかくも無事終了。
年金局 税務署 市役所 言うことが違う 人によっても違う。
どうなってるのかな、この国の仕組み これも基本的になにかおかしいのじゃないか、と今回も感じたのですが、もはやここ数年の体験で 怒る気持ちも失せて とにかく目の前の処理をすませます。

そして ここまで来たら お参りしなくちゃと 黄昏の光に包まれた お不動さんにお参りしたのでありました。
両親が西へ引っ越してから 時折 訪れる場所です。
そして おみくじが ひさ~しぶりに 大吉 でした。
ばたばたして気持ちも体も 低調だったこの数年 出なかったのです、大吉。
おみくじに書いてあること 思い当たることが多くて はあそういうことなんだなあ、と 納得しているたちなので うれしや ありがたきに 涙こぼれる。

身体もこころも 復活傾向なので といっても またおかしくなっても困るので のんびりながらも、動き出そうと思うのでした。

そして ここまで来たからと 高尾山の麓にできた 高尾極楽湯で 久しぶりの 数日ぶりの入浴。
さっぱり きれいになりました。




[PR]
by fuko346 | 2018-03-08 13:33 | おもいつれづれ | Comments(2)

二か月ぶりに


a0236300_11343346.jpg
暮れから 美味しい外ごはんと美味しいお酒(ちょっぴり)に飢えていたので だいたい年に一度の神谷町、ダ・オルモに お友達にお付き合いしてもらいました。
はあ、満足。
病んでから 二か月でここまで回復したこと とてもうれしいのでした。

東京西部の家に移動しています。
二か月も行っていないので 家がすねていないか心配だったのですが 来る前日 東京都水道局からのお知らせが来て 漏水していいると。
え、今年の冷え込みで 水道が凍ってしまったのか、と 重い気持ちで 到着すると ブレーカーが飛んでしまって 電気がつきません。
あれえ 水道も電気も使えない、と 蒼くなったのでした。
すぐさま 東京電力に電話して 調べてもらうと 犯人は給湯器。
漏水もどうも そこのよう。
翌日 東京ガスに来てもらい調べると 犯人確定。
あ~~~ 取り替えなくちゃ だめ、と判明しました。
物入り、、、、、しゅん。

ということで 工事業者が入れ替わり という顛末です。

お風呂周辺だけが電気もつかず 水もでません。
他もお湯はもちろん出ません。
来週には なんとかなりそうです。

家 一軒ある、というのは こういうことですねえ。
考えてしまいますねえ。

今日はどこかのスーパー銭湯にでも行きましょう。





[PR]
by fuko346 | 2018-03-06 11:47 | 美味しい場所 | Comments(2)

春の気配

弥生 三月。
a0236300_15555003.jpg
玄関にちっさな ちっさな お雛さんを飾りました。
ぱっと 色が 増えて 一気に 気持ちが華やぎます。

a0236300_15570254.jpg
もしや、と菜園に見に行ってみると、出ていました フキノトウ。
まだまだ固い蕾ですが、来週から しばらく留守にするので てんぷらにして 食べちゃいます。

寒かった今年の冬も そろそろお終い 春の兆しを感じる頃になりました。
といっても 乱高下はまだ続くようですが 季節の気配、というのは正直なものです。




[PR]
by fuko346 | 2018-03-02 16:00 | 山里便り | Comments(2)