人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

神田明神さん

東京にて その二
子が引っ越すというので 神田明神さん脇のマンションに別れを告げるべく 出かけました。
茗荷谷の駅で待ち合わせ、、、いつものようにてくてく歩く。
目的地は 小石川植物園。
a0236300_09250373.jpg
おお着いた、と思ったらここは出口でした。
お昼どきだったので この目の前にあったロシア料理屋さん ソーニャ の佇まいに惹かれて入ってみます。
a0236300_09240933.jpg
ボルシチとピロシキ。
創業者が亡命ロシア貴族から習ったというもの。
優しいお味でした。
a0236300_09292959.jpg
a0236300_09295533.jpg
小石川植物園は巨木の茂る森 でした。
一度来てみたかったので 満足です。
ゆっくりお散歩をするに適、季節をかえてきたいけど、どうなることでしょう。
なかなかここまでは来ないかもしれません。
また てくてく歩いて家まで、、、は暑くて疲れるので 千駄木の駅から地下鉄へ。
生まれて三歳までいた場所なので 子がこのあたりに住んだのが不思議です。
a0236300_09341960.jpg
夜はこちら。
ご近所のマキタさん。
通りがかっては気になっていたお店。
a0236300_09353506.jpg
出てくるものはみな美味しく、もっと前からくるのだったと。
常連さんで満員です。こちらもまた来たいけど わざわざ来るだろうか、、、。

子の部屋から最後になる外神田の夜景色をぼーっと見て、しばし感慨にふける、のでした。
翌日のお昼はこれまたお隣の黒塀の料理屋さん。
a0236300_09395045.jpg
天麩羅がとても美味しく、ランチだけあってお値打ち価格。
ここももっと前から来るのだった、、、、。
といっても そうたびたび来ているわけではないので 仕方ありませんね。
神田明神さんにお参りして、東京駅まで またてくてく歩き、帰宅しました。

案内があるので 歩けた場所がたくさんあって、神田明神さんを見おろすなんてことも そうないことで、お祭りも見られたし ありがたや ありがたや。






by fuko346 | 2018-05-31 09:45 | 美味しい場所 | Comments(4)

神楽坂から西荻窪

話は戻る その一 東京にて
この日はきもの繋がりのお友達のご案内でまずは神楽坂へ。
東京に住んでいる間はたぶん来たことが無く、着物のご縁ができてから三回目でしょうか。
a0236300_14443338.jpg
a0236300_14451629.jpg
考えれば不思議なんですが きものブログ お茶つながり(?)のご縁のお友達と 神楽坂で楽しく美味しくランチしているの図、です。
お目当ての呉服屋さんのセールは 商品がすべて無くなっており、ありゃま、だったのですが、出遅れたのはこちらが悪いのでした。
そこで神楽坂散歩になりました。
a0236300_14485738.jpg
もう一人のきものブログ繋がりのお友達も参加。
a0236300_14500439.jpg
ちょっと路地に入ると この佇まい、です。
a0236300_14505970.jpg
この 狛犬 変ってますよね。
都内の神社って いわゆるうっそうとした森に囲まれた、、、というイメージとは真逆の雰囲気があって、それはそれで土地に合っている、と感じます。
お散歩のあとは 西荻窪へ移動しました。
a0236300_14541620.jpg
昭和の古民家 一欅庵でおこなわれていた 和の暮らし展 へ。
近江から出張してきている古布屋さんに紹介してもらいました、つい お買い物も。
きものの他にも魅力的な品が並んでいて 危険。
秋にも展示があるようなので 上京時期があっていたらまた伺いたいです。
古民家で行われる こういう催し この頃は多いですが、ここはおおらかな感じがして、好ましかったです。
近江のお店には 近いうちに伺うつもりですので その様子はまた。
ご案内 お付き合い ありがとうございました。

そうそうこの後、千歳烏山へ移動。
中学からの友達と 夜ごはんを一緒に。
なんせ 東京は西のほうに住まいがあるので 都心へでかけるのが遠くなり、出て行くなら一緒の日に、と 盛りだくさんのおでかけ、でありました。




by fuko346 | 2018-05-30 15:03 | おでかけ | Comments(0)

帰ってくれば、、、

山里に昨夜 帰ってきました。
a0236300_12124544.jpg
あちらこちら 花が咲き
ウツギ
あと バイカウツギも勝手に生えて まっ白い花がたわわ です。
a0236300_12135885.jpg
好きなので 草刈りのときに切らないでね、と頼んだ甲斐があり、あちらこちらにアザミがたくさん。
鹿が 食べてしまったものもありますが、それでも残っています。
a0236300_12152828.jpg
アジサイたちも 咲き出しました。
a0236300_12160943.jpg
ササユリの蕾も膨らんできました。
今年も蕾がついている株が 10本くらいあるようです。
a0236300_12174656.jpg
アゲハも飛んで
この子は うちの山椒で大きくなったのかしらん。

空には 雲雀のさえずりが聞こえ

a0236300_12190556.jpg
菜園の野菜たちも順調に育って
これは サニーレタス、です。

メダカの稚魚も わらわらっと孵っており、めでたし めでたし。


by fuko346 | 2018-05-29 12:23 | 山里便り | Comments(8)

みつば

a0236300_12110215.jpg
20日(日) 晴天 東京へ移動
のぞみ 自由席に並んでいたら がらがらの ひかり がやってきたので、思い立って 飛び乗りました。
お~こんな空いている新幹線は 素晴らしい。
すこうし時間は余計にかかるけど 快適を選んでよかった よかった。
それでも 次々とお客さんは増えましたが、最後まで 二人席の横は空いたままでした。
これからは これを狙って乗るのもいいな、とは思いますが、時間は気にせず、常にそのときに来た列車に乗るので そうそう うまいことにはならないかしら。

こちらでは 相変わらず 家の掃除と庭の草むしりに木の剪定、不用品の処分、そして父のお見舞い。
今回は 一つ びっくり が。
家のすぐ横に側溝があって 誰も掃除しないので 土がたまっているのを時折 片づけるのですが、ひょいと覗いてみると 草が繁っている。
わ、こりゃ大変 梅雨前に抜いておかないとと 近づいてみると あれ~これ、ミツバじゃないの。
巨大なミツバが 群生しておりました。
しめしめ と 土ごと庭に移動。
根付いてくれれば ミツバ 食べ放題だわ。

側溝にたまった土に どこぞで栽培しているミツバの種が落ちて、ちょうどよい加減の雨が降って、流されもせず、繁った模様 です。

父は どういうわけだか どんどん元気に機嫌よくなっており、そういう認知症もあるのかしらん、、、でも、とってもそれは父にとっても家族にとっても幸せなことだなあ、と感じています。
家族の迷惑を顧みず、というか感じずに好き放題してきて ここへきて さらに機嫌よくって ちょっとずるくないか、とか 迷惑をこうむった側は感じるわけですが、ああ、好き放題できる人だから ここへきても 機嫌よくいられるのだなあ、すごいなあ、もしかして人生の達人か、とも 思ったりして。
ちと 尊敬してしまうところもあるのでした。

お友達と会って美味しいおしゃべりやらなんやら、楽しく 過ごしておりまする。
と やっと言えるようになりました。









by fuko346 | 2018-05-24 12:46 | おもいつれづれ | Comments(2)

睡蓮 と メダカ

昨日とはうってかわって 涼しいを通し越して 肌寒い山里です。
そんな中 今年の睡蓮 第一号が 咲きました。
a0236300_13054086.jpg
たしか 昨日は 花芽が水面に半分くらいでていた、と 思うのですが、一日で伸びて開花するスピードに驚きます。
これは メダカ鉢 大 ですが、これからあちこちのメダカ鉢 そして 池のものは ずいぶんと最初の頃より 葉が大きく広がっているので これから つぎ次としばらく楽しめそうです。
そして メダカの赤ちゃんも第一号 孵化。
いつかな いつかな と待っていたので うれしいものです。

山里では ヤマユリ アジサイの蕾も膨らんで モリアオガエルの鳴き声も聞こえるようになりました。
初夏 です が 今日は寒いなあ。
気温の乱高下 今年はひどいですね。
a0236300_13113961.jpg
こちらは 庭のちっさい菜園。
鹿柵の中になにもかも押し込めているので 花も木の鉢も詰まってしまっています。
今年の覚書。
明日から一週間ほど東京なので 急いで 夏野菜仕事を終了。
帰宅するころには苗は大きくなり 種はいっせいに芽吹いていることを 願って。




by fuko346 | 2018-05-19 13:16 | 山里便り | Comments(4)

芍薬

花の美しさに優劣をつけるのはどうか、と 思うけど
あとは もう 好み、でしょうか。
a0236300_17042342.jpg
うちにある花の中で きれい、といえば 一番 きれいなのではないか、と感じる芍薬。
なんでも早く咲いたこの春ですが この子は すこうし遅れ気味に咲きました。
色といい その配色としい すっと立った茎に咲く姿といい 美しい、です。
a0236300_17071103.jpg
(うまく色が出てない写真でめんぼくない)
この花がたくさん咲いたらいいな と株分けして 米のとぎ汁などやって 少しずつ増え、花も多く咲くようになり、さやさやと風に揺れる花群れは 眺めていて 幸せな気分になります。
ごくごく顔を近づけないとわからない その香りも これだけ咲いていると あたりに ほんわりと 甘い優しい それ、が漂います。

芍薬は鹿が食べず 安心してそこらへんに増やせるので もっとたくさんにして、たくさんの幸せをもらおう、と企んでいるのでした。

山里では このほかにもあれこれ咲いていて あのササユリの蕾も膨らんできて、花の一番 多い季節に入りました。




by fuko346 | 2018-05-17 17:13 | 山里便り | Comments(6)

大徳寺玉林院 月釜

先生が席主の月釜に初参加、です。
玉林院さんの茶会には 客として だいぶ前に入らせてもらった記憶がありますが、まさか自分が点前をする側になるとは思っていませんでした。
a0236300_21260640.jpg
a0236300_21271311.jpg
a0236300_21264406.jpg
緑の風吹きわたる お寺の境内。
美しいこと。

新人さんは 下足番から。
って だいぶ古い新人さんではあります、、、、。

朝の六時からきものを着て 帰宅は夜の六時。
前日にはお菓子を作って 当日は一日 茶会仕事。
そうか 茶会の裏側ってこういうものなのか、と とても興味深いものでした。

なにをどうすればいいのかの手順は ぼんやりとはわかりましたが、まだまだ きびきびとは動けません。
修練が必要ですが、私に必要なのは まず体力か。
終盤には疲れて よろよろ、です。

a0236300_21355885.jpg
きものの写真を撮る余裕もなく こんな一枚だけ 覚書に。
きもの 地空きの飛び小紋 単衣
帯   単 織袋帯 織悦
襦袢は楊柳の単衣

この帯は 単衣で それなりの格が必要なときに重宝で、何度もこの時期には使用しています。
軽くて涼しい、のでした。





by fuko346 | 2018-05-16 21:41 | お茶会と稽古 | Comments(4)

きものあそび

16日 大徳寺さんで 亭主側のお茶会があります。
なんということか ここしばらく寒いくらいだったのに 京都の最高気温は29℃!
よりによってまた、、、、
ということで きものの取り合わせを考えていましたが この季節に着られるような単衣に手持ちは少なく 前回と同じようになってしまいそう、、、です。
それは また記載するとして。
今日は 冷たい雨 それもけっこうな降りだったので 家に閉じこもっており、ふと、きもの部屋で 遊んでみました。
明日も茶会に向けてのお稽古があるので、柔らかものの感覚を感じておこうと 準備していたのですが お稽古に着ていく柔らかものはないので、またまた母のかわいい小紋を無理やり今の季節にしてみました。
a0236300_18570211.jpg
初夏、の雰囲気のつもり。
袷で明日は気温も上がり 暑そうなので 襦袢は麻にします。

さて これからは季節ごとに小物を代えてみました。
a0236300_18591054.jpg
春 です。

a0236300_19000241.jpg
秋、です。

a0236300_19004045.jpg
そして 冬。
帯あげは黒く写っていますが 臙脂と濃い灰色の染め分け、です。

季節柄ではないきものと帯、どうにでもなるような、、、。
ぽってりとした質感ではないちりめんのきものと塩瀬の帯、だからかもしれません。
色、以上に布の質感って 影響しますものね。

お稽古場 稽古時間は5,6時間 たまに 時間があるから お菓子作りしましょうか、なんてこともあるハード系(?)なので 多少汚れても皴になっても いい、というきものでないと 使えません。
といって お稽古用の小紋を作る気持ちはなく、どこぞで掘り出し物があったら、か、袷の紬を一枚くらい 単衣に仕立て替えようか、とか 考えております。





by fuko346 | 2018-05-13 19:11 | きもの | Comments(4)

ほわほわ

a0236300_23223801.jpg
アスパラ畑に ぽわぽわ っと 緑が出てきてぐんぐん色濃く育っています。
アスパラの発芽。
これは あの食べられるアスパラにはまだなりません。
三年くらい かかるかしらん。
a0236300_23245633.jpg
食べられるように株が育ったものは 向こうに見えるように あの売っているアスパラ状態で にょきっと出てきます。
そのままにしておくと 花が咲き 実がなります。
その実が赤く熟したら 空いているところに ざっくり埋めておくと、上手くいくと、こんな感じに アスパラ一年目の赤ちゃんが 出てくるのでありました。
なので まだ細くて 食べるのは可愛そうなものは そのまま大きくして種を取り、埋めておくことにしています。

今年は 以前の場所から植えかえてから 数年経って株がしっかりしたからか、太いものがけっこう出てきて 美味しくいただいています。

畑仕事 ぼちぼち初めて 草引きが終わり 畝を作ったところで、急に気温が下がって寒い寒い。
はて 種をまいていいものか 苗を植えていいものか と躊躇していたら、案の定、この季節にしてはめずらしい この時期の 霜注意報。
明日の最低気温は 1℃ だそうです。
早まらなくてよかった 出たばかりの芽がやられてしまうところでした。

冷え込みの後は急に暑くなるようなので 按配をみて ぼつぼつの 畑 でありました。






by fuko346 | 2018-05-10 23:36 | 山里便り | Comments(2)

京都水族館

子を京都駅に送るついでにこちらへ
a0236300_10010420.jpg
一度来てみたかったのです。
京都駅から徒歩15分。
a0236300_10015270.jpg
さてさて これは なんであるか?
ただいま 強化月間 オオサンショウオの ぬいぐるみであるぞよ。
手と口がわかりますか。
実際には大小もっとたくさん積み上げてあって かなりの見栄え です。
a0236300_10044080.jpg
一番 長く眺めていたのはこちら、ごまちゃん。
円筒形の水槽にすっぽりはまって 熟睡しています。
つまり ガラスの幅のみ離れた距離で まじまじ見られたのです。サービスだわぁ。
a0236300_10071546.jpg
もう一頭がちょっかいを時々だしに来て ついに起こしてしまいました。
起きろー遊ぼー って感じにニンゲンには見えました。
で、右下 うしろ足 です。
爪がついています。
かわいい しっぽもあります。

こんじまりした水族館ですが 全体にほのぼのした感じが流れていて 楽しかったのでした。

おっと ランチはこちらで
a0236300_10160065.jpg
京都駅上 ホテルグランヴィア15階 コトシエール
美味しくいただきました。





by fuko346 | 2018-05-09 10:18 | おでかけ | Comments(4)