月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋田へ 山と温泉 (3) 森吉山登山

6月5日6日は テント泊 です。
a0236300_11492271.jpg
親子キャンプ場
秋田県北秋田市森吉山麓高原1
この住所からも分かるように 周囲にはな~んにもありません。
今回は私たちだけの独占、で、管理人さんも夜には帰ってしまうため、あたりいったい人気はなし。
ここまで静かでさわやかなサイトは 初めてなんで、うれしいのですが 熊が怖かった。
(もちろん 会っていませんけど)
向こうに見えている雪の残っている山のもう一つ向こうが 森吉山になります。
あそこを歩いてきたのでした。
a0236300_11555718.jpg
夜は火を見て ぼーっとしてるだけ。
a0236300_11564357.jpg
これは ガスボンベの使えるストーブです。
もう30年くらい使っています、その頃の家族の絵が書いてあって懐かしかったので。

森吉山はここからの登山道があり 予定ではそこを歩くはずだったのですが、どうも、今の季節は人があまり入っておらず、、、熊が怖いので、阿仁スキー上のゴンドラに乗っていく、お手軽コースにしました。
これですと 一時間半くらいで山頂に行けるのでした。
管理人さんに聞いたら 「熊 います 見かけたら大声出して下さい」という軽いノリ だったのですが クマ慣れしていない関西人はそこで ひ~~~っとなったのでした。
a0236300_12025681.jpg
森林限界を超えると こういう気持ちの良い道になるのですが、、、
a0236300_12041606.jpg
残雪が多く、うわ 雪対策してこなかった 雪目になっちゃう日焼けしちゃう、、、
a0236300_12061393.jpg
ということで 覆面の山頂記念写真、です。
気持ち 良いです。
これまでに登った 鳥海山 秋田駒ケ岳 栗駒山も見渡せます。

ここは 花の森吉山 お花あるかな、というくらいの気持ちだったのですが いい時期に登ったようで 花だらけ でした。
初めは わ~わ~と喜んでいましたが、だんだん あり過ぎて写真も撮らず ただ その夢のような景色の中を ふわふわと歩いたのでした。
いくつかご紹介。
a0236300_12104647.jpg
シラネアオイが 道の脇にずーっと咲いているなんて うそ みたいです。
a0236300_12120484.jpg
咲いてるとなったら 群落になっているのです。
ずーっと上まで咲いています。
a0236300_12124580.jpg

a0236300_12135125.jpg
a0236300_12152200.jpg
a0236300_12162077.jpg
a0236300_12171516.jpg
桜 ミネサクラでしょうか
標高が高く豪雪なので 矮小化していますが、たわわに花がついていて 美しかったです。
人の背丈もありませんが かなりの樹齢なのではないでしょうか 曲がりくねった枝が 強さを感じさせました。
これもあと少し遅かったらもう花は散ってしまっていて 桜、とは気付けなかったでしょう。

夢のように美しく 楽しい 山歩きを味わうことができました。

下山後の温泉はこちら
クウィンス森吉
秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅に併設されてる温泉施設です。
秋田県北秋田市小又字堂ノ下21-2
カルシウム・ナトリウム-塩化物泉 かけ流し
なかなかの泉質でありましたよ。ほぼ地元の人の憩いの場でしょうか。
三人のおばあさんのお話 いくつかの単語以外 聞き取れませんでした。きっちりとした秋田弁 聞いたの 旅の間はここだけでした、もうある一定の世代からは 外の人とは 標準語で話すのでしょうねえ。

せっかく来たのだからと
北秋田阿仁異人館 伝承館へ
秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町41-22
ここには 栄えた鉱山があって 招聘した外国人のためのレンガ作りの 館があったのです。
って それが作られた明治時代 土地の人はびっくりしたでしょうね。
日本中 あちこちしていると 有名なところではなくても 明治時代からの鉱山跡、というのがけっこうあって こんなところに、、と思うことが度々あります。
明治、からの日本を支えたところが 今はすっかり昔の面影をとどめていないのを見ると、時、を感じます。
ちょうど 縦貫鉄道が通って いきなり鉄子になり うれしく見守ったことでした。



[PR]
by fuko346 | 2018-06-17 12:44 | 山と温泉と旅 | Comments(5)

秋田へ 山と温泉 (2)

海と別れを告げ、山道へはいって北上、目に着いたこちらに寄りました。
a0236300_09114039.jpg
関川しな織センター
きもの好きの方ならご存知の しな布、を作っています。
興味 しんしん。
a0236300_09174902.jpg
木肌を裂いたもの。
a0236300_09184065.jpg
機もかかっていました。
気の皮をはいで 糸を作り布を織る、それは手間のかかること と 想像はしていましたが、
目の当たりにすると それは それ以上に根のいる仕事でした。
数人の女性がお仕事をしていて、お話したかったのですが 気が弱いので、見学だけになってしまいました。
a0236300_09240138.jpg
さらに北上 秋田に入り 阿仁へ。
マタギ資料館
北秋田市阿仁打当仙北渡道上ミ67
阿仁マタギのことを知ることができます。
ここは打当温泉の施設に併設されており レストランもあるのですが 熊メニューがあって、今もマタギさんがいること実感します。
いい按配にある道の駅に寄りながら、今日のお宿へ。
a0236300_09331924.jpg
乳頭温泉郷 妙の湯
秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
マグネシウム・カルシウム硫酸塩泉
単純泉
二本の源泉を持っています かけ流し。
a0236300_09384202.jpg
今年初めての タケノコ(熊の好きなのね)も出て これはデザート。
お宿のサイトに ~非日常を楽しむモダンジャパニーズの空間~ とありますが、こじゃれたお宿の雰囲気が伝わるでしょうか。
あとは好みでしょうか。
ここは 子がふるさと納税でプレゼントしてくれたので たいへんありがたいのです。
翌朝、もう一つ 乳頭温泉郷のお湯に入って行こうとこちらへ。
a0236300_09455469.jpg
蟹場温泉
秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
重曹炭酸水素泉 かけ流し
乳頭温泉郷の一番奥にあります。
白い湯花の舞う いい温泉でした、う~気持ちいい~。
件の露天風呂には入れず 女性用の内風呂だけでしたが 大満足。
これで 乳頭温泉郷は 以前来た時に入った黒湯、今回の 妙の湯 蟹場、と三つ入ったことになります。
なぜか有名どころは避けてしまう癖があって 鶴の湯には行っていません。
次回は どこに泊まろうかな、、、。(って また行くのか)
一番気になっているのは 歩いてしか(といっても10分くらい)行けないとこなので、そちらへ泊まって 鶴の湯 立ち寄りかな。

前回 秋田駒ヶ岳へ登ったときのことなど思い出し、このあたり いい温泉があって 土地の雰囲気もいいので とても遠いけど、また来てしまうかも、と思いつつ、先へ進みます。


[PR]
by fuko346 | 2018-06-15 09:58 | Comments(10)

秋田へ 山と温泉 (1)

2018年6月3日から11日まで 秋田方面へ旅に出ていました。
主目的は 森吉山登山温泉、です。
あとはいつものように 行ってみて 通りすがりに 気になったところに寄る、というアバウトな予定。

3日(日)どんどん どんどん行って 新潟へ。
a0236300_11575807.jpg
a0236300_11582183.jpg
お昼にお蕎麦を、と見つけたお店ですが これが美味しかったのです。
鳥海山に登りに行ったときにも 確か 蕎麦屋を探して前までいき、ここはどうも、とやめた記憶があります。
というのも 漁業組合の隣 なんとも雑然とした立地 だったからです。
なのに 美味しかった!
また来ることがあったら 再訪確実、です。
a0236300_12014732.jpg

今日の立ち寄りはこちら。
越後一宮 弥彦神社、です。
その土地に訪れたら その土地の神さんにご挨拶したい気持ちがあって、ずっと気になっていました。新潟 しょっちゅうきていますが 目的地までの時間の関係で来ることできていませんでした。
たいへん 立派で穏やかな気のながれる お社でした。

宿泊は瀬波温泉。
a0236300_12084506.jpg
民宿の窓から。
瀬波温泉 ナトリウム-塩化物温泉
名前だけは知っていましたが けっこう立派な大きなお宿が海際に並んでいました。
源泉かけながしで探して 結局 この民宿にしたのですが、海際にしてはお食事が、、、。
お湯は 思いのほか塩みがきつくなくて 良いお湯、でした。

a0236300_12161489.jpg
翌朝 美しい日本海 笹川流れのある海岸を通って どんどん北上します。
これから ず~っと山の中 です。






[PR]
by fuko346 | 2018-06-14 12:18 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

ササユリが待っていました

ご無沙汰しました。
秋田旅行へ行っていました。
明日からぼつぼつ備忘録を兼ねて しばらく旅の記事が続きます。

今朝 5時にフェリーで敦賀に着き 家に戻ると、、、
a0236300_21563479.jpg
a0236300_21570017.jpg
例年一番に咲く子は もう 花が重くうなだれていました。
折からの雨で さらにしっとり美しく。
いつものように この子は ありがたく 玄関に飾ったことでした。
a0236300_21591230.jpg
二番手は もう手が届かない高い場所、です。
左に ふくらんだ蕾が見えますか。

これからしばらく 次々と咲く花を愛でる日が続きます。
今年は 何本 咲くでしょうか。

一番花は もう咲いてしぼんでしまったかしら、鹿に食べられていないかしら、と 旅の途中気になっていましたが 無事 今年も この花々に会うことができて、しあわせ、しあわせ。



[PR]
by fuko346 | 2018-06-11 22:03 | 山里便り | Comments(16)

モリアオガエル 2018

しばらく前から 例の モリアオガエルの鳴き声 くわここここ、というのが聞こえていて、今年も山から下りてきたなあ、と思っていた矢先、昨夜 その声が ぐわごごごご、というふうに変ったような気がして、もしや、と見に行ってみると。
a0236300_23542026.jpg
池の一番奥まで張り出した椿の枝の先に 卵がありました。
正面の白い花はバイカウツギ、後ろのほうにもちらっと見えていますでしょ、その右にも数本かってに増えています。この子は強いのですね。
ここの斜面 ほうっておいたら 真っ白になるかもしれません。
卵は左の真ん中あたり、です。
a0236300_23583498.jpg
命がぎっしり詰まっているのですね。
a0236300_23591083.jpg
下の池には水連が年々茂って葉を広げ、次々開花しています。
こちらはもっと広がって 花がたくさん咲くといいなあ。
a0236300_00001615.jpg
睡蓮の咲く庭、なんて なんて素敵なんでしょう。
ですが その実 なんの手も入れていないので 野性味たっぷり です。

産卵も睡蓮も早いな、と 思いましたが 去年も同じころ でした。
季節の前倒しは もう恒例になってしまうのでしょうか。

梅雨の走りのようなお天気で山里はここ数日 肌寒く、長袖二枚重ねています。
明日からは暑さに向かうようですが、、、
10℃以上 日によって気温差があることに もはや 慣れてきた感、があります。
ニンゲンの強さって 慣れる ところにひとつはあるように思います。

生きものも 草木も へばっていないところをみると このくらいの乱高下はどうにでもなるのでしょうか。
適応できないものは 静かに消えていっているのかしらん。




[PR]
by fuko346 | 2018-06-01 00:08 | 山里便り | Comments(4)