月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小千谷縮を今頃  田中一村展

佐川美術館で田中一村展が開かれており これは行かねばとお友達を誘って行ってきました。
まずは びわこマリオットホテル(ここは 以前 ラフォーレ琵琶湖、だった)で 14階から 美しい琵琶湖の風景を眺めながら パスタランチを食すの巻。
とっても気持ちの晴れるいい景色だったのですが 湿度が多くてもやっていたためか、腕が悪いのか うまく写真が撮れていませんでした。
a0236300_22050004.jpg
佐川美術館は 何度目、ででしょうか。
a0236300_22054364.jpg
人がたくさんいて びっくりしました。こんな多いのは初めてです。
田中一村さんは人気があるのですね。
私が この人を知ったのは もうだいぶ前、いただきものの焼酎のラベルでした。
そう あのアカショウビンから目が離せなくなりました。
「こんな絵を描く人がいるんだ」と思ったことを覚えています。
今回は その奄美での作品は少なく、その子供の時から奄美までの作品をたくさん展示してありました。
こういう変遷を経て 奄美へとたどり着く ことが 分かるようになっています。

なんでトラツグミなんだろう。
なんで鳥の背がまっすぐで しゅっと細く立っているのだろう。
(聞いてみたい、です)
それと墨絵が 魅力的でした、こういうものも描いていたのだなあ、と。

日本のゴーギャン、っていうよりも ルソーが浮かんできて 仕方が無く。
どちらも詳しく語る知識はありませんが、あの熱量、が近いような気がしました。

a0236300_22193924.jpg
a0236300_22135214.jpg
きもの 小千谷縮
帯   越後上布
帯あげ、麻襦袢、バッグ が ほぼ々緑色。
緑大好き人間なので、今日の取り合わせも うきうき でした。




[PR]
by fuko346 | 2018-08-30 22:16 | Comments(8)

アサガオ 行燈仕立て風

アサガオが開花しはじめたことは 以前書きましたが、それからどんどん育って、花もたくさん、付くようになりました。
今回 ふと思いついて 普通に支柱を建てた鉢のほかに こういうのも作ってみました。
a0236300_23211808.jpg
行燈仕立て風、です。
ニュースで朝顔市のきれいな鉢を見たりしていて ああいうのいいなあ、とは思っていたのですが、ほんとに ふと 思い付いて作ってみたのでした。
手頃な針金(たぶん 野菜のビニル覆いに使っていたのでは)があったので くるりとまげて鉢にさして。
あとは ツルが一定延びたら ほどいて 横にはわせて くるくる巻いてとめていく。
それなり、になって 可愛くなりました。

うふ 自己満足です。
これからは 例年 こういう風に 一鉢は作って 楽しもうと思います。

で、作って思ったのですが、売っている 行燈仕立ての アサガオ、あれは手間ですねえ。
たっくさん、ですもの。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-28 23:26 | 山里便り | Comments(4)

猛暑日の京都できもの

日曜日 京都の最高気温は36.7℃でありました。
あっちっち。
ですが きもので 久しぶりにおでかけです。

a0236300_22091771.jpg
a0236300_22101820.jpg
a0236300_22104691.jpg
きもの 能登上布
帯   八寸 苧痲と絹の 前津雪絵さんの帯を 初使用
a0236300_22115233.jpg
歩いていても そう厳しく無かったのはこの 小千谷120番手の絽麻の長襦袢の効用と思われます。
お茶関係ではなく 好きなきものを着たのは久しぶりだったので うれしい気持ちが勝っていたのかもしれません。
a0236300_22141562.jpg
a0236300_22144029.jpg
久しぶりのお友達ときものデート こういうランチも久しぶり、です。
二条の リストランテ・野呂 
美味しく 楽しくいただきました。

この後 四条へ出て きもの催事を覗き うれしいお買い物できました。
お茶関係で必要な 一つ紋つき単衣 つけ下げを 破格で。
これで 単衣の時期の茶会に 「紋付きね」と指定されても あわてることはありません。
良かった 良かった。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-27 22:20 | 今日のきもの 夏 | Comments(3)

雨戸と戸袋

台風20号が去って ムシムシの山里です。
今回は台風の東側の絶妙な位置だったからか、地形なのか 当地は昨日 朝から 断続的に風雨が強く 午後には早々に 大雨暴風警報が出ました。
夜に入ってからは さらに 雨よりも ものすごい風で 怖いくらいでした。
が、家そのものにも 地域の川も溢れることは無く 被害はありませんでした。
が、我が敷地はいろいろなものが飛び散っており、積み上げてあったものが崩れ落ちていたりして、ありゃあ 片づけが、、、状態です。

ところで本題。
家の雨戸ですが、これは大変な風になりそう、という時だけひき回すので この30年余のあいだに、そう何回も出しているわけではありません。
今回はもう午後早々から 閉めました。
そこでふと 日本家屋、今 こういう雨戸のあるうちってどのくらいあるのだろう、と思いました。

a0236300_14575881.jpg
一番 広いところです。
奥は戸袋、同じ時に作ったはずなのに 戸袋はすっかり色が変わっていますが、滅多と出さない雨戸は まだ削りたての木のようです。
a0236300_15000588.jpg
内側から。
木の香が 漂います。
外で陽や雨にさらされた木と 仕舞いこまれた木 では こんなに違うのですね、と、改めて思った次第。
それに こういう雨戸、戸袋 知らない人も多いのではないかなあ、って。

がたがた かたかた 動かして、最後の一枚が戸袋に納まらなくて うんうん 何度もやりなおしたりして。
子供のときの記憶もあるから 東京でも以前は 普通にあったものだと思います。
今も こういう木の雨戸のあるおうち 作られているのかな。


台風がいっても まだまだ暑い山里ですが さすがに真夏とは違う気が漂ってきました。
この時期になると ツクツクボーシが 例年 狂ったように鳴き騒ぎます。
時間がないこと わかるのでしょうか。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-24 15:11 | 山里便り | Comments(8)

十津川温泉 庵の湯

せんだっての日曜日、午後から予定が無かったので、十津川温泉でも行こうか、という話になり、出かけました。
そこそこ遠いのですが今日中には帰れるだろう、という いつものアバウトなドライブです。
奈良から和歌山方面は よく出かけるので 通ったことない道を行こうと 国道425号を行きます。
どんどこ山の中を登っていくと あれ 意外な場所に水面が見えます。
あれ、神社がある。
a0236300_11232664.jpg
霊気を感じるような大きな池に面して 池神社が鎮まっています。
池 が ご神体のようです。
人が神 を感じる場所、というのは 今も昔も変わらないようで、ここ 夜はもちろん もう少し暮れている時間 それも一人だったら もうぞくぞくしてしまうような場所でした。
神います熊野 の一角、です。
奈良県吉野郡下北山村池峰

この道はかなりのダートというか かなりの標高のくねくね道を行くので車窓はみな絶景、です。 奈良から和歌山へかけて連なる峰々は それはもう深くて 緑濃く 水蒼く、美しいこと限りない、です。

そんなこんなで 十津川に着いたのは 夕方、でした。
前回 来たのは何年前でしたか。
豪雨災害のあとが まだ 生々しかったのですが、今回は それは感じられなくなっていました。
そのとき流れてしまったものを立て直したのでしょう 新しいきれいな外湯ができていました。
a0236300_11351797.jpg
階段を下りて
a0236300_11360884.jpg
目の前の湖水。
a0236300_11365435.jpg
木の香も新しくきれいな湯小屋、です。
奈良県吉野郡十津川村平谷865
ナトリウム―炭酸水素塩泉 源泉かけながし
大きな窓からひろびろダム湖と連なる山々にかかる雲がうすく紅色に染まっていくのを、気持ちの良い湯に浸かって 眺めているのは至福です。
なお 十津川温泉郷は みな源泉かけながし、です。
ここのどこかの旅館に一泊 上の湯に湯に一泊、外湯の憩いの湯に一回 来たことがあるし、時間がなくて通っただけ、のこともあったような記憶があるので たぶん、来訪は4,5回目、です。
初めに来た時はそれはもう遠くて遠くて秘境感があり日帰りは論外でしたが、今は高速が整備されて、三時間余、でいくことができます。
あれ、30分 至福を味わうために 往復7時間以上かけるのって、、、。

美しい山 川だったなあ、いいお湯だったなあ。




[PR]
by fuko346 | 2018-08-22 11:51 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

ただいま 14℃

昨夜からいきなり涼しくはなったのですが、今日 日が落ちてからの冷え込みは驚くばかりで、ぐんぐん寒くなっていき ただ今 気温14度、です。
と、スマホのアプリに表示されています、この観察地点 うちより少し低い場所にあるみたいなので ここはもう少し寒いと思われます。

寒い?
8月ですぞ。
ついせんだってまで ほかほか だったのですぞ。
35℃だったのですぞ。

ここは標高がやや高く 内陸部の盆地でありますので、寒暖差、季節によっても 日によっても、一日のうちでも 大きいのですが、こりゃあ ちと大きすぎます。

お風呂に入って あったまって寝ることにしましょう。

身体 おかしくなっちゃう。

あまり驚いたので 覚書 でした。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-17 23:46 | 山里便り | Comments(6)

おしめり程度

ここ山里には 長いこと雨が降っていませでした。
土が乾いて 渇いて 池の水もにごりってどんより。
菜園や木々に 水やり 水やり。
敷地の上にあって水やりに行けない場所にあった まだ若い栗の木が一本 枯れてしまいました。

雨乞いの踊りを踊りたいくらいの晴天続き そして曇ってきて あ 水の匂いが、、、と感じても、雨にはならず 雲は遠のいてしまいます。
近隣では あちこちにわか雨のような激しい雨が降っているのに ここには 来ない。
なぜか 雨雲が避けていってしまいます。

が、とうとう降りました。
a0236300_18084373.jpg
来ました 土砂降り、うれしいな~。
a0236300_18082464.jpg
木も草も 生き物たちもうれしかろ。
え、あれ、、、
a0236300_18085815.jpg
すぐ 止んでしまいました。
これでは 土の表面は濡れたけど 根まで水は届かない。
渇ききった土が湿っただけ。

そうそう 天気予報では 午後いっぱい雨、となっているから また降ってくれるのを待ちましょう。

あれ 降らない。

明日はもう晴れだとか。

う~~~ん 水 足りません。

降り過ぎて危ないところも多いというのに 按配よくとは いかないものですね。




[PR]
by fuko346 | 2018-08-16 18:17 | 山里便り | Comments(0)

花寄せ

お稽古は 花寄せ でした。
a0236300_15550984.jpg
各自 お花を持ち寄り 用意された花入れに 順次 活けていきます。
先生が用意された花器がいっぱいで(これは一部分)広い場所が お花でいっぱいになりました。
a0236300_15574342.jpg
きもの 能登上布
帯   絹芭蕉型絵染 九寸
襦袢も肌着も足袋もみんな麻、です。

a0236300_15572354.jpg
お床に背を向けていますが、、、。



[PR]
by fuko346 | 2018-08-11 16:02 | お茶会と稽古 | Comments(12)

立秋

昨日 七日は立秋。
だから、、、、なのか 山里は いきなり過ごしやすくなりました。
a0236300_21194102.jpg
みなさ~ん 雲ですよ~雲。
お天気 くもり ですよ~。
連日晴天 朝 窓を開けると熱風が吹き込み、玄関を一歩出ると くらっとする日射し。
あ~曇らないかなあ、と 雲 を待ちわびたのは 生まれて初めて、です。
せんだっての上京時の運転も 冷房はついているのですが 日射しがきつくて苦しく、ちょろっと目の端に見える雲に お~いがんばれ 頭上に来てくれ それに いつもは嫌いなトンネルの心地良さ。
酷暑に日射しをさえぎる物の 大切さを思い知りました。

昨日 今日と ほおっと 身体が 一息ついています。
ただ 雨は降らず、土は かっぴかっぴになっています。

a0236300_21255127.jpg
毎日 お水はやっていたけど なかなか咲かなかった アサガオも開き始めました。
種をもらって どんな色かしら、と楽しみにしていましたが 鮮やかな美しいものでした。

願わくば 最高気温30℃前後 最低気温20度前後、という 昔ながらの夏、がつづきますように。

30℃ちょっと越えたら 暑い なんて言っていたのがうそのように、それが涼しいと感じるようになってしまいました。
ニンゲン(生き物)の適応力の素晴らしさよ。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-08 21:29 | 山里便り | Comments(2)

冠山峠 

日曜日 午後になって あっついね~ 涼しいとこ行こうか、とドライブに。

滋賀県を北上して 岐阜へ山越えし 今は満々と水をたたえた 徳山ダムを眺めつつ、むかったのは、、、
a0236300_22492007.jpg
冠山峠
向こうの三角が冠山 です。
だいぶ前の五月の連休に登り、カタクリの群落に驚いたものでした。
この峠は 岐阜と福井の県境に位置し 1050mあります。
かなりの林道ダートを走りますが、なかなか楽しいです(運転は家人)
周囲は山 また 山 で美しく 標高の高い場所特有の 冷涼な風が吹いていました。
一刻 ですが その空気を思いっきり 吸い込みます、美味しい!
これだけのために まあ やってきたわけであります。

いつまでもいるわけにもいかないので 名残惜しくも 酷暑の下界へ下ります。

お腹も空いたので 越前そば。
a0236300_22561002.jpg
おもいっきり辛い ほんとの辛味大根の お蕎麦でうれし。
越前蕎麦やさんでも 気の抜けた普通の大根おろしが出てくるお店がたまにあって がっくりするのですが ここは正統派でありました。

で、お約束の温泉。
このあたりには源泉かけながしの 好きなお湯は無いので 汗を流せれば、と 入ったことのない はなはす公園にある こちらへ。

花はす温泉 そまやま

福井県南条郡南越前町中小屋60-1

源泉の冷泉は投入されていますが 量は少なく 循環、です。

温泉感は少ないですが ちょうど お夕飯時間で人が少なく、ゆっくりできました。


期待して行ったわけではないのですが ちょうど花蓮まつり中、でした。

a0236300_23033829.jpg
もう 夜間とて人もおらず、日ぐれときの 一面の蓮の美しさに息を飲みます。
そういえば こちら かなり前に一度来たことがあります、でも まだこんなに沢山は無かったような記憶が。
a0236300_23060800.jpg
花たちは もう 皆 お休み中。
なんですが まあるいほのかに紅を感じられる 白い花々が ぽん ぽん たっくさん緑に浮かんでいるのは それはそれで とっても すばらしい眺めでした。
ほんのり香りもしましたよ。

目指していったわけでもないのに 良いものを見ることができました。
めでたし めでたし。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-06 23:09 | おでかけ | Comments(4)