月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ミホミュージアム 茶杓の展示

ミホミュージアム 百のてすさび 近代の茶杓と数寄者往来 へお友達と二人で
a0236300_17252345.jpg
今日のきもの
きもの 紬 袷 伯母から
帯   紬地九寸 日本茜染め ユキさん作
このきもの もみじ柄がモノトーンで 伯母からのものの中では 一番のお気に入りです。
季節に合わせて着ることができて 良かった 良かった。
a0236300_17284743.jpg
茶杓 たっくさん 並べるって けっこうとがった展示だと感じます。
館長が熊倉さん だからでしょうか。
見応え十分 お茶をかじっていたら お勉強 一杯 です。
で、二時間以上 じっくりと拝見して ふらふらになりました。

早めに待ち合わせて レストランでまずはこちらを
a0236300_17314144.jpg
一汁三菜、と名付けられた メニュー。
ごちそうさま。
見学で疲れた後は カフェでこちら。
a0236300_17335361.jpg
リンゴのロールケーキもコーヒーも ぐるぐるしている頭にしみわたる美味しさ、でした。

久しぶりにお会いするお友達との話もあれこれ楽しく、
a0236300_17353238.jpg
帰る頃には 日も暮れかかり、、、
たっぷっりと 晩秋のミホを味わうことができました。

さて お勉強したので 明日は 茶杓削りのワークショップに挑むのであります。
わくわく。

全体像 記録
a0236300_17462436.jpg
伯母 父の姉、ですが きもの好き でした。
お江戸風 の しゃれた着姿 でした。
遠くへ来てしまったので 生前 きもの姿を 見せられなかったのが 残念だったな、と思います。 喜んでいてくれるかしらん。





[PR]
by fuko346 | 2018-11-29 17:39 | 展覧会 | Comments(4)

茶会 お手伝い

市内 某所の秋まつり(?)に併設された茶会を先生が担当されているので、お手伝いに行ってきました。
茶会、というよりも 茶室体験、と いいますか お客さんは こういうのは初めて、というかたばかりでした。

a0236300_10020876.jpg
今日のきもの
きもの 縮緬小紋 茶屋辻模様 袷 母のもの
帯   綴れ 八寸名古屋
a0236300_10034253.jpg
たまたま出会った色目と控えめな柄が気に入って求めた リサイクル品、上等な綴れだと思うのですが、あなた、こんなお値段になっちゃって、、、という こちらにはうれしい品。
なにをしようとしたのか かがってある部分がみな 解いてあったのでそういうことになったのか、と。
松葉仕立てに ちょこちょこと縫えば 下手でも 見えはしませんから、ね。

a0236300_10370098.jpg
持ち帰ったので 潰れてしまっていますが お菓子は 裏で自作していました。
中が栗餡、切るとほのかに黄色くてきれいなのです。
銘は 初霜。(こちらでは 朝は氷点下 真っ白に霜がおりています)
作りたての きんとんが 出てくる 茶会、というのはそうありますまい。
コミュニティーセンターでの簡易なもの、とはいえ 手は抜かず、置き床も花も設え、きちんとした 茶会、であったのでした。

ごねた子供が 大の字になっちゃったりしましたけど。

お勉強できることは いろいろあり 面白くもありました。




[PR]
by fuko346 | 2018-11-27 10:16 | お茶会と稽古 | Comments(8)

能 松風

大津伝統芸能会館で行われた お能を拝見に。
能 松風 戯の舞
シテ 井上裕久師
大鼓は谷口せんせ で 笛は森田保美師 脇も地謡も すべてが きん と調和して素晴らしいお舞台でした。

ことに 橋掛かりからでていらしたときにはすでに なんて美しい、と感じた 松風の面(おもて)が、お能が進んでいくにつれ 活き活きとを越えて ぬれぬれと 生気が登ってきたように、妖しく、と感じられるようにまでなりました。
頬がうっすらと上気しているように、時折 まるで謡をうたっているように唇が動いているようにも見え、それにもまして 二度 はっきりと 瞬きが見えました。
初めは あれ、今のは何かしら 私の目が術後でおかしいのかしら、と いぶかりましたが、終盤の舞のときには 近く はっきりと それが見えて すうと背中が寒くなりました。
松風が なにか を 送ってきたように感じたのでした。

面が 瞬きするわけはないので、見えたものはなんだったのだろう、能は鏡であるからして、いったい 私の中のなにと反応したのだろう、と、思いを巡らしますが、そんなことは別として、それはそれは 美しいものを 見せて、感じさせてもらった、と 喜ぶのでした。

a0236300_11314841.jpg
今日のきもの
きもの 伊兵衛織
帯   紬地 染め九寸 佐藤節子さん 散り落ち葉がとても美しい帯なのですあ 画像それが良く見えておりません。

a0236300_11340822.jpg
松風さんと村雨さん。
公演のポスターから。
a0236300_11351141.jpg
このポスターもとても美しかったのです。
これを見た時から 物語は 始まっていたのかもしれません。

(今 これを書いていて わたしは やっと こちら側に帰ってこられたのかもしれない、と ふと 思いました)



[PR]
by fuko346 | 2018-11-26 11:37 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)

友 来りて 京都でランチ会

京都旅行のお友達と合流 と いう話をネットでしていたら では私も、と 三人で京都でランチ。
会えば あれ~もう何年ぶりでしょう、だったのでした。

a0236300_11493368.jpg
きもの それなりに結城紬 墨黒の大きな市松の織 なんですが よおうく見ないとわかりません。 袷
帯   秦荘紬 八寸 (デザインは落風林)
帯留は流水に落ち葉
a0236300_11515920.jpg
牛首紬の仕立て替えコートを羽織って。
単仕立てですが 電車に乗ったら 暑い くらいでした。
真綿の紬は暖かいですね。

この牛首につけていた 紬の梅鼠のはっかけを 上記結城に繰り回してみたのですが、墨黒から ちらりとのぞく その色がけっこう目立って あ、 失敗かも、いやいや これくらいは面白いだろう、で 揺れています。って もう 取り替えるのは大変なのでこのままなんですけれども。

a0236300_11580229.jpg
ランチは 個室(半個室)で気兼ねなくおしゃべりのできる 寺町通りの 菜の菜さんへ。
栗にぎんなん むかご 秋を感じる美味しい料理 いただきました。
a0236300_11594823.jpg
いつも 選んだお酒を美味しいね、と いって忘れてしまうので記録です。
蒼空 鷹勇 すうっと入るきれいなお酒でした。

わやわや話していたら え、二時間たっていました。
さてそのあとは 寺町あたりを 歩いて、、、こちらでお茶を。
a0236300_12042028.jpg
村上開新堂のカフェ。
趣ある店舗 ここにあるとは知りませんでした。何度も前を通っていたのに 見ないものは見えないのですね。
a0236300_12055780.jpg
昔からあるのだろうというお部屋に通されたので 記念写真 撮ってみました。
たっぷりのコーヒーとしっかりした焼き菓子とゆったりした時間を 楽しむことができました。

何年かぶりで会って 楽しく遊べるお友達、貴重ですね。







[PR]
by fuko346 | 2018-11-22 12:10 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)

炉開きのお稽古

お稽古へ
a0236300_09134096.jpg
きもの ぜんまい入り 十日町紬 袷
帯   バティック布を名古屋帯に仕立てたもの

この取り合わせは お稽古場で かっこいい と言ってもらえて うれしくはあったのですが、自分ではそういうつもりはまったくなかったので、はてな、と 感じました。
縦線 斜め線 は そういう効果があるのでしょうか。
これといって目立つことが無い 地味な取り合わせ、の つもりだったので、人の感じ方って いろいろなんだなあ、と また改めて感じたことでした。

a0236300_09215429.jpg
先日のお招きのお礼に そのときに使われたお茶をいただきました。
一人分では お濃い茶の練習はできませんが、折々に おいしいお茶をたてていただくことにいたしましょう。
うれしや。

お稽古場では 炉開きの特別なお招きはなく、たぶん それだと正式な 炉開きの茶事になってしまうから、だとおもうのですが、それの説明がありつつ、茶壺の拝見の仕方と紐の結び方を習いました。
あの茶壺の紐はどうなっているのだろう、というのは長年の疑問でしたので 興味深かったです、、、が、一人でしなさい、といわれたら けっしてできません。
何十回も練習がいりますね。

いわゆる ルソンの壺。
ただの 雑器だったものを 茶壺に見たて 丁寧につつみ 金襴の蓋をして 丁寧に網でつつみ、紐をかけ、極上のお道具にして床の間に飾り、それを拝見する作法も作り、お茶というのは 不思議なもの、と また 思うのでした。

壺 ころころと転がして拝見するのです、面白いです。





[PR]
by fuko346 | 2018-11-20 09:31 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)

日吉大社さんの茶会に 紬の訪問着で

a0236300_09500129.jpg
昨年に続き 日吉大社さんの献茶式へ。
ことしは 色づきがまだ少し早かったようで、盛りはこれから、です。
a0236300_09524116.jpg
きもの 浜紬 藍型絵染 訪問着
帯   龍村の名古屋帯
a0236300_09540780.jpg
色づいてはいないのですが 柄にもみじが入っているので、この時期に着たくなります。
しゃれ袋などを合わせますと 遊び着になってしまうので 帯でお茶会風に。
色で季節を。
帯に溶け込んでいますが 帯締の 赤 が 今日の主役でしょうか。

比叡山の山裾のここ、昨年は寒くて震え上がったので 暖かい紬を選びました。
今回は そう冷え込みはきつくはなく 助かりましたが、これでちょうど、でした。

いつもながら お道具とかの記載も茶室の写真もありませんが、今日のお勉強はとあるお正客さんでした 無理に成り行きで 正客を引きうけたかたの対応が素晴らしかったので、ああなりたいものだ、と思ったのでした。
そしてその方がまとっていらした きものが その前から ああきれいだなあ、と見ていたので、印象に強く残ったのでした。

おそらく きもの ではなくて その人が 姿に出るのだなあ、ああなりたいなあ、と感じたのでした。


[PR]
by fuko346 | 2018-11-18 10:09 | お茶会と稽古 | Comments(2)

霧に沈む

a0236300_08514280.jpg
当地は 標高がやや高く盆地なので 冬の季節 濃い霧が生まれ 一帯は白く沈んでしまいます。
うちは高台にあるので その様子がよくわかります。
もう少し 裏山を登れば 一面の白い霧が 山の中腹から下を覆っているのが見えることでしょう。

すぐ目の前の県道も 少し遠くの高速道路も そこを走る車もなにもかも 見えません。

こういう日のお天気は晴れ、なのですが お日様があたってくるのは だいぶ遅くなって霧が消えてから、になります。
ですから 洗濯物も 9時かもう少し後になって干さないと 出すことができません。

先日のキキョウの朝露もこの霧がまといついたものです。

今頃の時間 9時頃ですが 霧が少しずつ 晴れていくのを ぼんやりと眺めていると、太陽の光が強まるにつれて 冷え込みも和らぎ、あたりも明るくなり、夜明けのときとは また違った、もう一つの夜明けのようで、面白いものです。

ちなみに 山里の最低気温は一度、でした。
冷え込みのきつい 晴れの日の 深い霧、です。


[PR]
by fuko346 | 2018-11-15 09:05 | 山里便り | Comments(2)

名残

この秋は いったん冷え込んだと思ったら また暖かくなって 過ごしやすい日々が続いています。
そのせいか 咲き残って花が そこかしこにあって 目を楽しませてくれます。
これは途中まで切ったキキョウから 新しい枝が出て 小さな花をつけているもの。
枯れ切っていないと なんだか未練が残って 根元から切ってしまうのがためらわれ、もう少し、と置いてあったものです。
今年最後の一輪 です。
a0236300_08583882.jpg
朝露が美しかったので、、、
a0236300_08593320.jpg
瑞々しく かつ 清浄な白。

明日は寒気が北から下がってくるとか。
暖かい日差しの秋晴れを 味わうことと いたしましょう。



[PR]
by fuko346 | 2018-11-11 09:03 | 山里便り | Comments(6)

白内障手術

a0236300_10215021.jpg
私のいた部屋からは 比叡が望め、
a0236300_10224356.jpg
ベットに横になっている目線の先に ちょうど三井寺がありました。
階が低いので前回のように琵琶湖は見えませんでしたが、飽きることはありませんでした。 
a0236300_10254450.jpg
カフェなんぞもできており、それ以外にも ゆっくりできる場所が増えていて、
a0236300_10264114.jpg
ご飯も格段に美味しくなっていました。

この病院の手術室はえっと 三回目、かな。
最後から20年余 たっていて また 入院するとは思っていませんでした。
今回は 痛いの苦しいの命にかかわるの という病気ではないので お気楽、です。
もしかして 失敗して目が見えなくなったらどうしましょ、とか 多少の心配はありましたが、どうにかなるだろうし、どうにかしてくれるだろう、と思っていました。
手術は 見える、ので ちと 恐ろしいのですが 短時間で終わってしまいますし、痛くもないのですし、その後よく見えるようになるので 案じているかたは 早めの手術をお薦めします。
面白いのは 目は眼球で見ているのではなくて 脳が画像処置して見えていることがわかることです。
経験者から しばらく大変、とか 視力が落ち着くまで三カ月くらいかかる、と病院で聞いて、どういうことかしらん、と思っていたのですが、はい、視力 よろよろしているのです。
脳が 今まで入力されていた画像ではないものが いきなり入ってきたので 必死になってピントを合わせようとしているようです。
それは手術前もそうだったようで、自分が感じていたよりも私の目はよく見えていなかったらしく、それでもなんとか暮らせるように 頭の中で がんばっていたようで それはそれは疲れていたのでした。

しか~し 目の玉の中 取り替えちゃうなんて すごいことしますね。

まだ落ち着いてはいないのですが それでも 世界がきれいになったのには驚きです。

今回は 痛くも苦しくもなく いい景色を見て お世話もみなしてもらって、ゆっくり 以前のことやらなんやら考えて、いい時間をもらえました。

そして とてもとてもうれしいことがあったので、ふうっとこころの穏やかさが増えました。
喜びを味わうと そのぶん こころの 容量が増えるのでしょうか。
この喜びに自分が値するか なぞということは考えず 素直に享受しようと思うのでした。

付)今回の入院で回りをみて一番思ったことは 医療従事者に治療や看護 ではなく 介護の仕事が増えていることで、これは早晩 どこかで破綻するんじゃないか、と 心配になりました。


[PR]
by fuko346 | 2018-11-08 11:07 | おもいつれづれ | Comments(10)