人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

obase で ランチ

ワイン繋がりの中の きもの繋がりのお友達と きもので 久しぶりに会いましょう、という話になって、楽しみにしていたところ、、、
天気予報が雪になってしまいました。
とはいえ そう積もることもあるまし、と きものを準備して寝たのですが。
a0236300_11520270.jpg
あら~~~~。
これは草履で出行くのは無理です。 遅い時間からの開始なので昼前に出ていくときには 車道は空いていて、車で行くことはできましたが、私が運転できるぎりぎりの雪降りになりました。
とはいえ 山を下っていくにしたがって雪は無くなって行き、京都三条の地下鉄駅から出てきたら 青空、でした。

集合場所のお店はこちら。
a0236300_11574172.jpg
Obase
市役所前駅から下がったところ、もしくは三条大橋から上がったところ。
イタリアンで修業なさったシェフのお料理なんですが和風でもあり、美味しいと評判だったので 行きたかったお店でが思い立ったときには予約が取れず、あれ うれしや、と期待していきました。
a0236300_12040512.jpg
まずは木のカップに入った すっぽんベースの茶碗蒸し。
お 期待を裏切らないわ~。
a0236300_12060560.jpg
途中 飛ばしていますが こちらが メインの 鴨、です。

デザートは 手の込んだ苺大福、でありまして、他ではなかなか味わえない 美味しいコース料理でありました。
ごちそうさま 満足です。

きもので集まる、という主題に添えたのは 京都できつけの練習をしている一人だけ、だったので 今日 参加できなかったメンバーも交え、全員きもので また 会いましょうね、と別れたわけではなく、寺町あたりの きものやさんで なんだかんだ。

時折 吹雪状態になってきた京都から きもの姿の一人が離脱、しばらくして 用事がある神戸の友達が離脱、二人になってから最後にいつものここへ。
a0236300_12133366.jpg
四条烏丸あたりの ワインバー ミュゼ
こちらの店主さんも このワイン繋がりの集まりのメンバーです。
そして 先に一人 席についていたお客さんも 今日集まったメンバーの一人で あらま~、となりました。何年ぶりにお会いしたかしら。
10数年前 このメンバーの一員になったことで 私は ワインならず、美味しいものや、もともとの「遊ぶこと」を教えてもらいました。
とはいえ 皆さんのようには 遊べない、のではありますが。

この後 東京へ帰る友達と別れ、店を出て、ホテルへ一泊。
ここで飲んでしまうと もう 家には帰れないのでありました。
交通機関があれば十分帰れる時間なのですが、なんせ 車じゃないと帰れない、タクシー乗るより 泊まったほうが安かろう、、、
で、以前は 京都泊まり そこそこしていたのですが ここ10年くらいは、その気力がなく、楽しく飲んでいる皆さんを羨ましく見つつ 一人帰っていたのでありました。

京都で泊まろう、という 元気が出てきたなあ、と 少しうれしくもあり。
久しぶりに ゆっくりホテル暮らし(といっても一泊だけど) 新鮮で快適でありました。







by fuko346 | 2019-01-28 12:31 | 美味しい場所 | Comments(6)

遅ればせの 春日さん

しばらく 更新が滞ってしまった、と感じて 前回の日付をみると あら 10日しかたっていませんでした。
いえ、10日も、、、、と、なるのでしょうか。
風邪を引いていたのと こころが 落ち着かなくて。

は と気づくと もう一月も後半。
春日さんへ 行かなくちゃ、と 一山越えて 遅ればせの初詣へ。

a0236300_10385063.jpg
こんにちは

a0236300_10393082.jpg
お参りを済ませて ほっとします。
何年前からか もう忘れてしまいましたが 例年 お正月には伺っているので もう習いとなっており、こちらに初詣に来ないと落ち着かないのでした。
春日さんが お~い 今年は来ないのか~ と 呼んでいるような気がしてしまうのでした。
何を願うでもなく ただ頭を下げるだけですが、ふっと清々しい気持ちになるのでした。
a0236300_10423149.jpg
寒風吹きすさぶ シーズンオフ ではありますが 参道は大型バスでやってきたと思われる 外国の観光客で わやわやしており 少し驚きましたが、ちょっとはずれた神域の森は 怖いくらいに 静まっています。
ほんとに怖いので(夜間は歩かないでね、と看板が)、お散歩したかったけどやめにして、、、
a0236300_10455175.jpg
美味しいお蕎麦をいただいて さっさと帰ってきました。
このお店も休日や お正月近辺は並ぶのですが、この日は 空いていて うれしや、うれしや、です。

往復車で二時間 滞在ほぼ一時間 の ちいさなおでかけ、でした。






by fuko346 | 2019-01-24 10:51 | 山里便り | Comments(4)

むかし むかしの お振袖

新成人のみなさま おめでとうございます。

ということで まちに振袖姿があふれているのだろうなあ、と思いつつ、あ、そうだ きものつながりのお友達が いつか お振袖アップして~と そんなことを聞いていたものですから、古いアルバムを引っ張り出してみました。
a0236300_12201152.jpg
ただし これは成人式ではなく 結婚式に列席したときです。
ひねくれていたので 成人式には参加しておりません。
23,4かしらん。

ひねくれものは お振袖もいらない、と言っていたのですが、伯母のおすすめのこちらは 気に入ったのでありました。
たぶん白地(実物は薄い卵色です)が すっきりしていて 好ましかったのかしら、それと手の込んだ意匠に やはり目がくらんだのでしょう。
美しい、と思ったのでありましょう。

結果から いって おじょうさん方、機会があれば ぜひぜひ お振袖 着てみたくださいまし。
お初釜に 結婚式に 4回くらいは着用したでしょうか、着て 良かったなあ、と 今になって しみじみ思っておりますよ。

さて、いつもながら 対になっている 私のアルバム。
きもの着用か、こちら、、、

a0236300_12333293.jpg
同じころ。
元旦の 中央アルプス 宝剣岳直下のルンゼを登って(登らせてもらって)います。
真下にある点々は ご一緒したパーティの皆さんと装備。
あそこに荷物をおいて 遊んでいたのかな。
顔、良く見えませんが うれしくて にまにま しています。

この日の初日の出 真っ白な雪の中に立って 向かいの南アルプスがあけてゆく風景。
漆黒から 濃い藍へ 紫から オレンジへ あの色の美しさ以上のものは、まだ見たことがありません。


by fuko346 | 2019-01-14 12:47 | おもいつれづれ | Comments(12)

葛温泉から中の湯へ

また 少し前のお話です。
東京からの帰りの温泉。
一月二日。
わ~い わ~い 温泉だ~。
中央高速を走りながら 今年は雪が少ないこと、と感じます。

a0236300_10260888.jpg
お部屋からの眺め。
葛温泉 仙人閣
長野県大町市大字平
アルカリ性単純温 単純温泉 かけ流し
お湯は量も質もよく 特に露天からの眺めがよくて あたりに照明が少ないため星が美しく、ここで流星群をみたら どんなきもちだろうか、、、、と思わせる夜空、一人じめ。
内湯は あちち なのですが 外気温が低いため 露天は 好物のぬる湯になっており、いつまでも浸っていたくなります。
a0236300_10360784.jpg
お正月料理になっています、が、、、、、
悲しいことに 暖かいものが冷たい、、、、これは朝食のときもそうで、なぜ これが冷たいのであろうか? という謎を残しました。お客さんは四組しかいないので手が回らないことは無いので ほんとに どういう手順にしたら こうなるのか、不思議でした。
お風呂とてもが良いだけに とっても残念です。

翌日は またもやこちらへ。
新年のあいさつにもう書いてしまいましたが、今年はこんな感じでした、ということで。
a0236300_10443758.jpg
中の湯 三回目なので いろいろ省きます。
これは到着時。
a0236300_10461535.jpg
翌朝 晴天時。
晴れたのははじめてだったので ほう! という眺めです。
a0236300_10473378.jpg
なので もう一度 湯けむりがよくわかる写真を。
厳冬期の穂高に 温泉ですぜ 旦那 (なぜか急に口調が変化します)

「お湯がぬるいですよ」と二度も念を押された 朴伝の湯、も ここが目的できたので入らずにはいられようか 堪能しました。
マイナス13度の気温で 露天は こちらもぬる湯になっており、ながなが堪能。

ここは またまた 行ってしまいそうな お気に入りです。

ただ 自分の適温のゆる湯に三日間 入り過ぎたのか 強い硫黄泉のときしか出ない ちいさい湿疹があちこちに出てしまい 過ぎたるは、、だったのか、と反省しましたが、それでも、入ってしまう 気持ちの良い 二つのお宿のお湯、でした。

今年のお参りは 穂高神社で。
たいへん にぎわっておりましたよ。
今回の立ち寄り葉 ほぼそこだけ、もちろん お昼は 蕎麦、でございます。



by fuko346 | 2019-01-13 10:59 | 山と温泉と旅 | Comments(0)

多摩よこやまの道

話は戻りますが 東京滞在中の備忘録です。
両親の家(私がこちらに来てから引っ越したので 住んだことはありません)は 多摩丘陵の上のほうにあって、すぐそこに とても良い散歩道が続いている、ということは知っていましたが、歩いてみたのは 初めてです。

お散歩二日分 まとめていますので ご存じの方は ん?と思われるかもしれませんが、皆 ご近所です。

a0236300_12061980.jpg
よいしょ よいしょ、と暫く登ったとこに 古い小さな神社があって、、、
初詣はここの氏神さま。
a0236300_12072334.jpg
ここが 多摩市最高地点だとは知りませんでした。
樹が茂っているので 展望はよくありません。
a0236300_12082833.jpg
少し 離れた場所に 一望できるところがあります。
昨夜 ちらちら見ていた ジブリの「耳をすませば」で 最後のほうに出てくる場所、と思われます。
あちこちお散歩してから あの映画を見ると あ、あそこ ここ、というのが良く分かるようになりました。
ただ あれからも時がたって 家が増え、展望はかなりさえぎられつつ あるような。

多摩のよこやま というのは もうすでに 万葉集に出てきており、昔の街道は 尾根筋をゆくことから、他にも いくつもの古街道(古東海道 奥州街道 鎌倉街道など)が交錯している場所です。
その道を10キロほど保全整備して お散歩コースになっています。
これは なかなか貴重、だと思います。
みんな 住宅地にしてしまってもいいのですものね。
a0236300_12145032.jpg
両側に住宅地が迫り すぐ横には 大きな車道が走っているにもかかわらず、一筋残された尾根には 昔ながらの風景が残っています。
ゆるやかな高低を繰り返しながら この道が10キロ 続くのは 奇跡的かもしれません。
展望の良い丘からは 西の丹沢や秩父以外にも 東に日光の山々まで見えます。
関東平野が ば~っと眼下に広がるのは なかなかの眺めです。
この日は 往復二時間コースでしたが、今度は 10キロ歩いて 端まで行ってみたいものです。とはいえ 森の中と変わらないので、一人で歩くのはちと怖く 子にお伴をお願いしなくてなりますまい。

新年から 良い場所を歩けて うれし うれし。




by fuko346 | 2019-01-12 12:27 | おでかけ | Comments(6)

お稽古初めの きもの

八日は お茶のお稽古初め でした。
例年は 初釜 ですが、今年は喪中のこともあり 少し控えめに、ということで。
こういう取り合わせになりました。
a0236300_10412474.jpg
きもの 飛柄小紋 (千切屋さんのセールで)
帯   本綴れ八寸

控えめなつけ下げ、なぞ持っておらず、といって普段着っぽい小紋では失礼であろうし、と考えて このきもの。(初おろし、です)
お茶会用 あまり目立たないもの、として用意したあったものです。
帯は きれい色のつづれ にして お正月らしさを出してみました。

で、きものが地味目なのでこれ着てしまお、と襦袢はこちら。
a0236300_10304164.jpg
紫織庵さんでだいぶ前に手に入れた 松柄、です。
おめでたい、、、。
おっと 長襦袢は は肌着 ではありませんので、アップしちゃいます。
これも初おろしのような気がするのですが、、、なんせ そのくらい仕立ててからたっています。

先生も 黒地に小さな宝尽くし柄が飛んでいる 小紋をお召しだったので わたしもこれで正解だったのかな、と思っています。

ともあれ、控え目、とはいえ きちんと正月飾りのされた 設えの中、美味しいお料理とお菓子とお茶を 今年もいただきました。
正午の茶事、の形式です。

しみじみと 喜びを感じたのでした。


by fuko346 | 2019-01-09 10:39 | 今日のきもの 冬 | Comments(10)

新年

a0236300_16281185.jpg
明けまして おめでとうございます。
今年も どうぞよろしくお願いいたします。

これは東京からの帰り 三回目の訪問になる 上高地の入り口あたりにある 中の湯温泉からの穂高連峰。
すっきり はっきり、の晴れ でございます。
今までは小雪交じりのお天気で この景色があるとは 知りませんでした。

この朝の気温は マイナス13度、とかで 冷たいのですが きんきん、と気持ち良いのでありました。
手前は温泉棟で 湯けむりがわかりますでしょうか。

そう 内湯 露天風呂から この景色が ど~んと見えるのでした。
この景色を選んで 中の湯は下からこの場所に移転したのだろうなあ、と感じました。

3日のことではありますが お正月からの この湯浴み なんと素敵なことでしょう。

あの頂へ 夏には上がったことはありますが もはや厳冬期に行けるはずもなく、このように近々と見せてもらえたことだけで、しあわせいっぱい なのでありました。
それも露天風呂から。

この一年が この景色のようであったらなら、、、。

皆さまの一年も 美しくありますよう。


by fuko346 | 2019-01-05 16:40 | 山と温泉と旅 | Comments(10)