人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

柿 豊作

東では不作のようですが、こちらでは
豊作です。
a0236300_12113587.jpg
a0236300_12120421.jpg
柿が たわわに実る という表現はあまりないように思いますが、摘果もせず ほぼ放置なので、こんな感じになってしまい、枝が重さで 垂れ下がってしまっています。
a0236300_16420560.jpg
r立派でしょ。
a0236300_16422103.jpg
二割か三割くらい 収穫しました。
疲れて 今日は ここでお終い。
あちらこちらに お裾わけ、です。
a0236300_12134070.jpg
ごちゃごちゃですが 大根です。
予定よりもだいぶ東の滞在が伸びたので 間引きが間に合わず、こんな感じに。
向こう側には 水菜も わんわんしておりまして、当分 間引き菜 のおかずを考えねばなりません。
とりあえず 今日は 菜っ葉 どっさりチャーハンを作りましょ。

帰宅してから お日様が照る日が続き 季節の変わり目仕事がはかどって ありがたいことです。



by fuko346 | 2019-10-31 12:17 | 山里便り | Comments(2)

夕照庵 茶会

昨夜 一部渋滞のひどかった中央高速(八王子から大月まで)を ひゅんひゅんと帰ってきました。
と、今日はかねてからの 年に一度の支部茶会、場所も車で小一時間 慣れた道、ということで ちょいと行ってまいりました。
a0236300_22150864.jpg
文化ゾーンにある 茶室 夕照庵。
誰でも 一服できる席には 何度か来たことがあるのですが、こちらのお茶席は初めてでした。
良いお天気で 日本庭園も うっすらと紅葉しはじめていて美しく、穏やかな時間を楽しむことができました。

a0236300_22214352.jpg
a0236300_22222811.jpg
花喰い鳥 大好き。

今日のきもの
きもの 正倉院文様 小紋 袷
帯  織 九寸
柄のきものに 柄の帯、でした。
・  






by fuko346 | 2019-10-27 22:25 | お茶会と稽古 | Comments(2)

雨漏り

台風19号で 築34年の建売住宅に雨漏り発生。
これまで そういうことがなかったのですが、強風で激しい雨が横向きに吹き付けた場所だけ、ちょいとした隙間から ぽた ぽた と窓枠から、、、、。
あらら~~~
ということで 急遽 工事をお願いしました。
なので 帰るに帰れず まだ 東京にいるのでありました。
それも無事に済んだので ぼちぼち 帰ります。

ここは 私が育った家ではなく 両親のところへちょこちょこ来ていただけ、なのですが、とどのつまり あれこやこれやのメンテナンスもするとこになったわけです。
不思議だなあ 面白いなあ。

ご近所には 太っ腹な東京都が公園として残してくれた 多摩丘陵がたくさん残っていて、お散歩するに 事欠きません。
a0236300_22535550.jpg
a0236300_22541536.jpg
まわりはぎしりと住宅地なのに 一歩入ると ほぼ山、という場所もたくさんあり、高尾山まで行かなくたって 山歩きできちゃうくらいです。
なので たくさん歩けて(車には極力乗らないで移動というかそれでも目的地には行けるので)、こちらに来ると体重が減って足も強くなるのでした。
都心に出るには ちと時間がかかりますが 空気がとても良くて、けっこうお気に入りの土地になっているのでした。

父がこちらにいる間は 通いますが そのあと どうしようかなあ、と思案しています。
車でびゅーと来られるうちは お金はかかってしまうけど メンテナンスしつつ、維持していく、と いまのところは そう思っているのでした。

ところで ご近所に ぼかすか というくらい新築一戸建てが建てられているのですが、人口が減っている今 売れるのだろうか と 首をかしげています。





by fuko346 | 2019-10-25 18:44 | おもいつれづれ | Comments(6)

館山唐山 (神谷町あたり)

東京でのきもので おでかけ は一度きり。
年に、、、いや 一 二年に 一度の神谷町あたり。
a0236300_22253941.jpg
東京タワーを見ると どことなく ほっとしてしまうのは なぜでしょう。
a0236300_22265465.jpg
a0236300_22272562.jpg
はじめ と 終わり だけの画像ですが 今夜もおいしくいただきました。
ご飯食べ お付き合いくださり ありがとう。

この日のきものは、、、
a0236300_22285422.jpg
きもの 館山唐山 木綿単 ごくごく細い縞です。
帯   宮里さんの 紅型
きものが 暗いので 帯周りを インパクトのある感じにしたかった 色合わせです。

この日は小雨の降る 肌寒い日でしたが 夏大島を仕立てかえた長コートを着て歩くとしっかりした木綿なので うっすら帯周りだけ汗ばむ、という感じでした。
この手の木綿を袷にしたら 暑くて着る季節がないかもしれません。
というか これは単 ですよね。

もうここまで あれやこれや着てみると 季節ごとの袷の単の とういうことではなくて 体感重視です。着始めたころ あちこちで調べて そうしなくちゃいけないと思い込んでいた更衣の決まり って何だったのだろう、と 思います。
着るもの なんですから(と また繰り返し書いてしまおう) 


by fuko346 | 2019-10-24 22:39 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)

黒百合ヒュッテでお茶を

10月9日 移動
a0236300_13263712.jpg
またまた唐沢鉱泉へ寄り道一泊 お湯に惹かれて
と 北八ヶ岳を歩きたいなあ、と 5月に泊ったときに思ったのでした。
明日の晴天を約束する 美しき日暮れ時、部屋の窓から。

翌朝 朝ぶろに入ったりして のんびり出発。
今日は もう高校生くらいのときから いつか行ってみたいなあと思っていた黒百合ヒュッテが目的地、です。
a0236300_13275456.jpg
北八ツ は 苔がとっても美しく 堪能させてもらいました。
ただ 唐沢からの直登ルートは 岩ごろごろ 木の根 ごろごろ 急登、かつ昨日は雨だったとかで ぬるぬるすべり またまたコースタイムの二倍くらいかかって やっとこ到着。
a0236300_13285845.jpg
黒百合平にある 黒百合ヒュッテ
美味しいものがあることでも 有名です、登山のため だけでなく そこを訪れることが目的となる 日本にいくつかある 山小屋の一つ。
八ヶ岳ブルーなる言葉が 今はあるようで、それはそれはの この空の色。
a0236300_13301679.jpg
目的達成。
コケモモのスフレに美味しいコーヒー。
標高2400mで この贅沢はそうありますまい。
a0236300_13304857.jpg
帰路は 距離は長いですが尾根筋の緩やかな道を取りました。
それが大正解で あまり人も入らないようで 豊かに盛り上がった苔を両脇に 夢のように美しい道でした。
うれしや うれしや
(登山道ですので それなりの装備お願いします)
夕方なので今日帰るのは無理 ということで もう一泊。
a0236300_13311141.jpg
明治温泉旅館
長野県茅野市奥蓼科4734
鉄炭酸泉 源泉かけ流し 循環併用
鉄炭酸泉 って 初めてかも。いいお湯でした。
山歩きの疲れも飛んで ゆっくりできました。
それに 申し訳ないような お値段設定でありまする。
a0236300_13313156.jpg
最近 有名になった御射鹿池観音平 美味しそうでおしゃれなパン屋さん、高原野菜が安いスーパーやらに寄り道しつつ、お昼はこちら。
a0236300_13314669.jpg
三分一湧水にある お蕎麦屋さん。

北八ヶ岳奥蓼科 大満足の旅、でした。
台風19号が近づいてきて 雲行き怪しく 早めに東京の家へ帰りました。

ごくごく簡単な 二泊三日の備忘録でありまする。



by fuko346 | 2019-10-17 16:16 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

最後の夏野菜

山里も 朝晩 冷え込むようになりました。
長袖 重ね着しないと 寒いくらいですが 昼は まだまだ 少し動くと 汗、です。

明後日から またしばらく東に行くので 菜園の整理。
夏野菜 最後の収穫です。
a0236300_20490349.jpg
ナス ピーマン 万願寺 シシトウ
けっこう 実っていました。
a0236300_20501692.jpg
ナスたちも なかなか立派であります。
a0236300_20511002.jpg
ご近所から 黒豆の枝豆 いただきました。
美味し 美味し。

菜園はすっかり整理して いまは 大根 水菜 ルッコラなぞが 育ちつつあります。
帰宅したら ぼーっと 大きくなっていたら いいなあ。


by fuko346 | 2019-10-07 20:53 | 山里便り | Comments(6)

新人さん

庭のぼーぼーに巨大化した キンモクセイが 香りを放っています。
台風の影響でしょう、ときおり 強い風が ふきわたっていきます。
10月になったのに まだまだ暑い山里です。

菜園(花壇) 柵の中に 新人さん。
a0236300_09213704.jpg
a0236300_09220149.jpg
芙蓉。蕾の付いた状態で 植えて 咲いたら まあ なんて美しいこと。
ほんのりにじむ 黄色が こんなに映えるなんて。
毎年この花に会えるなんて しあわせなことです。
大きくなって たくさん咲いてくださいな。
a0236300_09240429.jpg
フジバカマ
こちらは 一転地味ですが、味がありますね。
増えたら アサギマダラが 旅の途中に寄っていってくれないかしら、と期待します。

柵の中は地面が限られていて あれもこれも はできませんが、少しずつ増やしていくのは楽しいです。


by fuko346 | 2019-10-03 09:30 | 山里便り | Comments(6)

筆を持つ

書のお稽古 初日です。
a0236300_00000910.jpg
以前伺った町内の古民家。
どなたかと御一緒かと思っていましたら 私だけのために 用意して下さっていました。
風のとおる 美しい部屋で、先生と二人。
a0236300_00022781.jpg
墨をすったのは何年ぶり、小学生の時以来?

「あなたの字を見つけて行きましょう」
この方に 教えてもらおうと思って正解だったとうれしくなりました。

きさくに何でも答えてくださるうえ ひどい私の字も けなすことはなく いいところをほめてくださります。

二時間ほどの稽古でしたが はじめたときとは 大違いの字になりました。
月に一度、楽しみにする時間ができました。

こちらもぼつぼつ 少しずつ、上達できればいいなあ、と 思うのでした。



by fuko346 | 2019-10-03 00:11 | おもいつれづれ | Comments(8)

蒜山登山と郷緑温泉

ひさ~~しぶり 昨年6月の森吉山以来の二泊三日の山旅です。
予定の三日間 雨予報でしたが、まあ 行ってみましょ、ということで。

目的地は 岡山県の蒜山 です。
このあたりは 大山 氷ノ山 それからえっと、、、けっこう何回も行っていて、美味しい蕎麦やさんがあったはず、と こちらへ再訪。
a0236300_22082216.jpg
やま田 岡山県真庭市草加部
今回も美味しく いただきました。
a0236300_22125469.jpg
一泊目はテント泊。
蒜山高原休暇村キャンプ場、快適なサイトです。
夜は定番 うどんすき。
これだと朝も簡単におじやで すませられます。
雨は降りませんでしたが 蒸して暑い、、、。
防寒着 持ってきて 半袖ありません、しまった 予報と違います。

(ここで 暑さのせいか スマホ おかしくなって写真 翌日までありません)

ということで 中蒜山 登りました 記念写真のみ。
けっこうお花も咲いていて 景色も良かったのですが 山頂でおにぎり食べている間に、あっという間に ガスってしまいましたので なにも見えません。
a0236300_22195228.jpg
ここだけ ガスっていますが あとは晴れていて 林間の風の通らない 中蒜山登山道は、急で歩きにくいこともあって 暑さとともに ばてばて~~。
って 不調で三カ月くらい ろくに歩いてもいないのですから 登って下りてきただけで、偉い、と自分でほめてしまいましょう。
いつもは コースタイム よりはちょっとかかるかな、なんですが今回はほぼ倍、歩いているのか休んでいるのか わからない感じでした。
顔じゅう 汗でざらざらになりながらも、でも 楽しかったのでした。

さてさて 下山後は 期待のお宿へ。
いつぞや 立ち寄り湯で 入った温泉があまりに気持ちが良かったので もっとどっぷり入りたくて再訪です。
a0236300_22261640.jpg
できた当時はそれは立派だったのだろうなあ、と思わせる建物。
湯原温泉郷の一軒宿 郷緑(ごうろく)館
岡山県真庭市本庄712
アルカリ性単純泉 かけ流し
以前きたときに紹介しましたが これです これ。
a0236300_22285515.jpg
岩の間というか割れ目からお湯が湧いていて そこに湯船を作りました、です。
ぷくぷく~っと時々 泡があがってきます。
お湯は溢れ続けています。
かけ流し どころか 足元湧出です。
ここしか湯船は無いのですが お客は一組、なので入り放題です。
前回は一組30分の制限があったので 悲しかったのでした。
45分くらいずつ三回入りました。
足先を割れ目に差し入れると岩が ほんわか 暖かいのです、そして湯が湧き上がってくるのを感じられ、じっとしていると極小の泡が体中に付きます。
35℃くらいのゆる湯で 極上です。
お湯だけでしたら 今まで入った中で 一番 のような気がします。
とぷっと 浸った瞬間「気持ちいい~」のです。
a0236300_22394874.jpg
お部屋からの景色。
下に見えるのは すっぽんの源泉かけ流し養殖場です。

a0236300_22421412.jpg
ということで 御主人自慢の丸鍋フルコース。
と 作った野菜と 採ってきた山菜 きのこ 鹿に猪。
ほんとの御馳走、でした。
お宿は かなり古びていて 主人夫妻も なかなか味があり(あれは岡山弁でしょうか)、どなたにもおすすめ はできませんけど、私の中では 極上のお宿、です。
さて おまけ。
今朝 ちょうど孵ったから、と見せてくれました。
a0236300_22480228.jpg
ケロリン に入った元気な赤ちゃ~~ん。

ということで 大満足で帰途につき 寄り道は 何度も脇を通りながら 行っていなかった
神庭の滝へ。なかなか見ごたえありました。
帰りの寄り道温泉は 三度目の 湯村温泉 外湯へ。
来るときは山陽道でしたが 帰途は北上 岩美の漁協経営の道の駅で 山陰の幸を購入。
a0236300_22523460.jpg
モサエビにカレイにサザエ。
翌日の晩御飯は山陰 海の幸、となりました。







by fuko346 | 2019-10-01 22:59 | 山と温泉と旅 | Comments(0)