月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

梅と椿

a0236300_11472982.jpg
お昼近くなっても 池の氷がとけません。
今が寒さの底、でしょうか。
ただ この冬は例年に比べて暖かく メダカ鉢の氷も分厚くなる前にとけるので、たまのうららかな日には ちょろちょろと泳いでいたりします。
おそらく こんなことは メダカを飼い始めてからなかったこと、だと感じています。
夜中に寒さのために目が覚めることも 一度くらいしかなかったので、氷点下5℃以下になったのは 二三日、ではないでしょうか。
そのせいなのか、梅屋敷きの梅、一本だけ気が早いものが いつにもまして気が急いたのか 少し前から咲き始めています。
a0236300_11540833.jpg
玄関に置くと 良い香りが漂います。
a0236300_11545235.jpg
撮る人間のこころが そうなのからか、焦点が合っていませんが、それもまた 美し 梅の花。
ついでに、、
a0236300_11562502.jpg
今年は たくさん 長いこと 次々咲いてくれている 侘助も。

玄関が ぱあっと 明るくなりました。

花を飾る気持ちに、やっとなりました。
もう 四か月近くなりますか。
たましいが 抜けたようになっていたのでありました。
面白かったのは、暮れに 子から 会ったとたんに「なに ぼうっとしてるの 半分 透明になっている」 というような意味のことを言われて あ、わかるのだ、と妙な感心をしたのでした。

どこぞに 落としてしまったものが やっと帰ってきようです。
まあ いつまでも ぼうっとしているわけにも いきますまい。

人の気持ちというのは 不思議なもの。
自分でも おもがけないもの、なのだ、と また さらに知りました。

こころの奥底に真っすぐ 手をつっこむような経験は なかなかつらいので、しなくてもいいようなものですが、私はそういうたち らしい、です。
といっても まあ たいしたことでもないのでしょう。

ただ その経験は それ以前の自分からの変化を しかと 味あわせてもらえるので、興味深いものではあります。
さあて どこへいくのかなあ。

(わけのわからん話、ですが 自分の覚書、ですので ご容赦を)




# by fuko346 | 2019-02-15 12:14 | 山里便り | Comments(0)

大鼓 


a0236300_10355613.jpg
長らくお休みしていますが。
大鼓のお社中の新年会の行われた 大津の能楽堂へ行きました。
春には 大きな会があるようですが、今回は こじんまり、です。
会の後 鴨鍋で新年会にも 誘われたのですが それはご辞退して。

で、、、
能楽囃子は すばらしい。
再確認。
細胞 喜ぶ。

太鼓 大鼓 小鼓 笛 謡
居並んだ 黒紋付き袴の 姿の美しさ。

そこで自分もやってみようと思うのは 今更 行ける場所が限られているのはわかっているので どうかしらん、なのですが 端っこの端っこに いたい、とやはり感じるのでした。
春の会が 終わったら お稽古再開しようと決めました。
来年の会には ちょろっと あのお舞台にいたい、と 思ったのでした。






# by fuko346 | 2019-02-12 10:50 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(6)