人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

我が家は 森と化している

なんで 簡易デジカメしかないもので こんな写真しか撮れませんでした。

居間で 洗濯物などたたんでおりますと、、、
表の庭で ばさばさばっと大きな羽音と共に け けーん とけたたましい声。
おお 雉だ!
急いで カメラを持って いってみますと 立派なオスの雉が 悠然と 歩いております。
が、すっくと頭をあげつつ それはそれ けっこうな早さで裏山へ続く茂みに入ってしまいました。
二階からなら見えるかも。

a0236300_11380737.jpg
動く対象 精一杯の画像。とほほ、、、
a0236300_11395769.jpg
メスもいます。
ご夫婦だわ。
左がメス 右がオス。
コジュケイのときもそうでしたが オスは頭をそびやかして のしのしと偉そうに歩いており、そのあとをメスがちょこちょこ そして安心してついていっている、ように見えます。
このまま裏山へ登っていってしまいました。

雉の声 は そこらへんで聞こえますし たまに遠目で 歩いているのも見ますが、庭に来たのは初めてですし ここまで近くに来たのも初めてです。
裏山で巣を作ってくれたら かわいいヒナもみられるかも、とほくほくしましたが、どうも、お気に召さなかったようで あれからもう 来てくれませんし 声もしません。
どこに行ったのかしらん。

庭先を歩いている姿を眺めながら はあ、初老夫婦しかいないこの家の敷地は、もうすでに、動物たちにとっては 森と変らないのだなあ、と改めて思ったことでした。
まあ 玄関開けたら 鹿のふん なんですから わかっていたことですけれども。

山続き 山林の際の高台の家を このあたりでは 山屋敷、といいます。
そんな家は 動物たちのえさ場 遊び場、と化しております。

望遠と連写のできるいいカメラ 欲しい、、、ぼそ。



# by fuko346 | 2019-05-12 11:50 | 山里便り | Comments(6)

お稽古再開

a0236300_18314615.jpg
大鼓のお稽古をしていました。
初めて 一年 もう少しかな、その最中にも 主に介護で 長いお休みが入ったりして、そのたびに 先生にまた一からお願いします、、、と お世話になって それでも とうとう 心身 ぼろぼろ、お稽古に行く気力というか お稽古をすることそのものに 気持ちを向けられなくなって、長のお休みに入っていました。

このたび めでたく 再開できました。
お稽古場が京都、ここからだと往復三時間なので ためらっていたのですが、県内にお稽古場を設けてくださいました。
といっても 車で山越え 40分くらいかかりますか。
それでも京都へ行くよりは 気楽に出ていくことができます。
月に一度のお稽古場です。

ひさ~しぶりに 大鼓を打ってみると、あら 楽しい。
もちろん ほとんど忘れてしまっていて 先生にまたお手数をかけているわけですが、それでも、ほんとの最初のときよりは かなり ましではあるわけ、です。

何が好きって。
他の能楽囃子もそうなんですが 気迫 が好きです。
先生の謡や掛け声 拍子を打つ音、それに負けまいと 自らも大きな声と おもいっきりの打ち手、です。
気迫 という点では 大鼓が一番 表にそれが出ていると感じていて、それが気持ちがいいのです。

ふだん ほぼ一人ですし 大きな声も出さないでいたので 掛け声を出そうとして けほけほになってしまいました。
慣れていかねば。
大きな声を出すって こんな気持ち 良かったかしら。

写真は 新しくバージョンアップした教本です。
ぼちぼち ゆっくり どこまでいけるか 楽しみたいと思います。 
余裕のあるときには 京都のお稽古場にも行って お仲間にも会いたいと思うのでした。




# by fuko346 | 2019-05-10 18:46 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)