月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

能 松風

大津伝統芸能会館で行われた お能を拝見に。
能 松風 戯の舞
シテ 井上裕久師
大鼓は谷口せんせ で 笛は森田保美師 脇も地謡も すべてが きん と調和して素晴らしいお舞台でした。

ことに 橋掛かりからでていらしたときにはすでに なんて美しい、と感じた 松風の面(おもて)が、お能が進んでいくにつれ 活き活きとを越えて ぬれぬれと 生気が登ってきたように、妖しく、と感じられるようにまでなりました。
頬がうっすらと上気しているように、時折 まるで謡をうたっているように唇が動いているようにも見え、それにもまして 二度 はっきりと 瞬きが見えました。
初めは あれ、今のは何かしら 私の目が術後でおかしいのかしら、と いぶかりましたが、終盤の舞のときには 近く はっきりと それが見えて すうと背中が寒くなりました。
松風が なにか を 送ってきたように感じたのでした。

面が 瞬きするわけはないので、見えたものはなんだったのだろう、能は鏡であるからして、いったい 私の中のなにと反応したのだろう、と、思いを巡らしますが、そんなことは別として、それはそれは 美しいものを 見せて、感じさせてもらった、と 喜ぶのでした。

a0236300_11314841.jpg
今日のきもの
きもの 伊兵衛織
帯   紬地 染め九寸 佐藤節子さん 散り落ち葉がとても美しい帯なのですあ 画像それが良く見えておりません。

a0236300_11340822.jpg
松風さんと村雨さん。
公演のポスターから。
a0236300_11351141.jpg
このポスターもとても美しかったのです。
これを見た時から 物語は 始まっていたのかもしれません。

(今 これを書いていて わたしは やっと こちら側に帰ってこられたのかもしれない、と ふと 思いました)



[PR]
# by fuko346 | 2018-11-26 11:37 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(4)

友 来りて 京都でランチ会

京都旅行のお友達と合流 と いう話をネットでしていたら では私も、と 三人で京都でランチ。
会えば あれ~もう何年ぶりでしょう、だったのでした。

a0236300_11493368.jpg
きもの それなりに結城紬 墨黒の大きな市松の織 なんですが よおうく見ないとわかりません。 袷
帯   秦荘紬 八寸 (デザインは落風林)
帯留は流水に落ち葉
a0236300_11515920.jpg
牛首紬の仕立て替えコートを羽織って。
単仕立てですが 電車に乗ったら 暑い くらいでした。
真綿の紬は暖かいですね。

この牛首につけていた 紬の梅鼠のはっかけを 上記結城に繰り回してみたのですが、墨黒から ちらりとのぞく その色がけっこう目立って あ、 失敗かも、いやいや これくらいは面白いだろう、で 揺れています。って もう 取り替えるのは大変なのでこのままなんですけれども。

a0236300_11580229.jpg
ランチは 個室(半個室)で気兼ねなくおしゃべりのできる 寺町通りの 菜の菜さんへ。
栗にぎんなん むかご 秋を感じる美味しい料理 いただきました。
a0236300_11594823.jpg
いつも 選んだお酒を美味しいね、と いって忘れてしまうので記録です。
蒼空 鷹勇 すうっと入るきれいなお酒でした。

わやわや話していたら え、二時間たっていました。
さてそのあとは 寺町あたりを 歩いて、、、こちらでお茶を。
a0236300_12042028.jpg
村上開新堂のカフェ。
趣ある店舗 ここにあるとは知りませんでした。何度も前を通っていたのに 見ないものは見えないのですね。
a0236300_12055780.jpg
昔からあるのだろうというお部屋に通されたので 記念写真 撮ってみました。
たっぷりのコーヒーとしっかりした焼き菓子とゆったりした時間を 楽しむことができました。

何年かぶりで会って 楽しく遊べるお友達、貴重ですね。







[PR]
# by fuko346 | 2018-11-22 12:10 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)