月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:おでかけ ( 152 ) タグの人気記事

志摩観光ホテルクラシック

もう だいぶ前に「当たった!」というお話を書いた ホテル御招待、行ってきました。
御誕生日に合わせようと ずっと待っていたのです。

a0236300_205754.jpg

お伊勢さん 鳥羽 あたりまではけっこう行くのですが 志摩まで行ったのは久しぶりです。英虞湾 美しいですね。横山展望台からの眺め、です。

a0236300_20583618.jpg

ホテルのオリジナルだそうです、いい香りが気に入りました。
a0236300_2130393.jpg

五階の部屋からの眺め、です。
ここは 昔日の残照に今少し照らされて、その残り香を楽しめる場所でした。 むろん、黒鮑のステーキもいただきました。
旧館は見学できるようになっており いい雰囲気。 いわゆる他のクラシックホテルに共通の和洋折衷、その中に日本の美しさが込められていて、居心地良さそうです。今、こういうものは作れないのでしょうね。
非日常の静かな落ちついた時間を 楽しませていただきました。

やはり温泉無しは悲しいので提携ホテルへ送迎してもらいました。
賢島宝生苑 温泉はかけ流しではないけど 半露天からは景色が良く、海からの風が心地よく、ゆったりした気分になりました。

今回は観光というほどの予定は立てず、行きにはいつもパスされてしまう 猿田彦神社にお参りしただけ。
二日目には 家人の希望で シーカヤックの体験に行きました。
志摩自然学校 で一時間半の体験。
これが とっても楽しくて 面白くて。
シーカヤックって あんなに簡単に漕げるものとは思っていませんでした。一時間半のうち 30分くらいは説明と練習なのかしらん、と思っていたのですが、説明も乗り方の説明もごく簡単で、さ、出発します、と浜辺から向かいの島へと 漕ぎだします。
え、いいのか だいじょぶなのか、とかすかに不安になりながら言われたように漕いでいくと、すいすいすいと、波の無い水面を滑っていくのでありました。
そして波の無い 英虞湾の内海の その静けさ。あの静けさも初体験のものでした。
ふと 雪の降る日の静けさを思いだしたけど、それともまた少し違います。ぽん、と突き抜けたような静けさ。
覗きこむ浅瀬の海の面白さ。 上陸した無人島や 沖なのに浅瀬で歩ける場所や、牡蠣やクラゲや、あれやこれやの生き物 植物。丁寧な担当者の説明 案内。
まったく安全な場所で ちょっとの体験でしたが、まるで海の一部になってしまうようなカヤックの魅力が分かったような気がしました。
なんでもやってみるものですね。

その後、びしょびしょになってしまったので近くのホテルの温泉へ。
下手なので返すパドルのしずくが 足にかかってしまうのです。
アクアヴィラ伊勢志摩 こちらも広々とした気持ちのいい温泉でした。とても塩辛い、今まで入った中で一 二、を争う塩加減。

梅雨時だからか、全般に人が少なくて、二日 ゆ~ったり。
ぱたぱた、というカヤックに当たるかすかな波の音のような 時間 でした。

カヤックに乗っている写真は送ってくださるそうなのでいただいて お目にかけられるようなものでしたらアップしてみます。

a0236300_12345975.jpg

by fuko346 | 2014-06-22 21:31 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

更紗 (MIHOミュージアム)

a0236300_11411548.jpg

会期 ぎりぎり 今週までの展示です。

更紗を中心に、インドから起こった更紗文様 日本にきてどうなったか。
いかに珍重し 上手に使ったか。
そして この国の文様へと変化させていったか。

更紗好きにはたまらないない展示の数々でした。

面白かったのは、常の展示ですと 茶器 茶入れ、などは展示されていますが それを包む入れ物、包む布はあまり一緒に出ていることはありません。
お道具もさりながら 「包む」ことにかけてのこの国の人の情熱には驚かされます。

それから 東洋の文様を西洋画とり入れての変化、またその逆、というのも 似ていながら はっきりと違いが出ており、その感性の違いってあなどれないな、風土、というか伝わってきた遺伝子というか、違うのだなあ、と面白く。
いまだに 舶来もの」に目がくらむ 性質って 島国だからかな、それとも特有のものなのかな、とか。
異国情緒に惹かれるのは 共通かな、でも、ありがたがりかたが尋常じゃないな、とか。

こういう展示物は いつまでも見ていたいな、気分 悪くならないな、どうしてかな、とか。

感想でした。

a0236300_11511315.jpg

母の手持ちの金更紗の帯。
一度使ったのですが いかんせん古いので帯芯がくたっとしており、仕立て直そうと思いつつ押し入れの中に眠っていました。
早く きれいにして 使ってあげなくては。
とても好きな帯です。
by fuko346 | 2014-06-04 11:54 | 展覧会 | Comments(2)

山の神仏

a0236300_12241674.jpg

久しぶりに はるばる天王寺の大阪市立美術館へ。
はいった途端 あの古い洋風建築特有のにおいがして 嬉しくなります。
この建物は美しいですね。

吉野 熊野 高野 の仏 神 曼荼羅 たくさん展示されていました。
美術史などからみると きっと勉強になる展示なんだろうな、と 思いつつ。
神 仏は 本来 あるべき場所に鎮まっておいでになるものを かすかに拝させていただく、のがいいのじゃないか、などと思っているので 申しわけないような気持ちになってしまいます。
その前で 軽く礼をとりつつ 拝見させていただいていくと いつにもまして 気に 負けてくるというか 自分の器が溢れてしまうというか めまいがしそうになって 後半三分の一くらいは すうっと過ぎさせていただきました。

感じたことは
いわゆる 古い木造の神像に惹かれます
本地垂迹が起こったこの国のこと 仏教のある位置
空海のみた大日如来って 女性性が強いのじゃないか もしや母の面影がはいってやしないか
聖徳太子ほか三尊像は怖かった 今でも怒っているみたい

造らせた人の 造った人の 拝んだ人々の その想い。
人は かくも 神も仏も目に見えるように必要とするものか。

昨日の今日で まだ目の前にたくさんの 像がぐるぐるしていますが、そういう機会を与えてもらったことがご縁なんでしょうね 吉野 熊野 高野は大好きな場所ですが、その神 仏を 間近で見ることはできませんもの。

展示一覧をいただいたので 本来のその場所へ行ってみたいなあとも 思うのでした。

a0236300_12403779.jpg

んなことには 関係なく しどけないほどにくつろぐ 天王寺公園のネコ二匹。
庭園に入って緑を浴びて その風を受けて ほおおっと生き返りました。

懲りずに行ってなんですが 大阪は遠かった。
よほどのことが無い限り やはり行けないなあ 今回は やっぱり呼ばれたのかなあ。
by fuko346 | 2014-05-29 12:46 | 展覧会 | Comments(2)

草津温泉 温泉三昧

a0236300_10584641.jpg

そう飲めもしないのに、ご縁があって とあるワイン繋がりのお仲間に入れていただいています。
今回は 草津温泉で女子会、のお誘いに乗り 草津三回目の訪問です。
東京駅はいつも東海道新幹線、その車窓から 乗ってみたいなあと眺めていた 長野 東北 上越方面の色とりどりの新幹線たち。
初めてこちらのホームに立って 物珍しくて きょろきょろしてしまいました。突然 鉄子になってしまったりして。
これに乗って 新潟へ あれでは東北へ 行ってみたいと想像して わくわくです。 

しかし近江の山奥から 公共機関で草津へは 遠かった、、、、。
ゆっくりしたかったので 女子会の前に一泊。
a0236300_1181356.jpg

地蔵の湯 源泉
前回きたときにここの源泉が気に入ったので こちらのお湯に入れる お宿に泊まりました。
☆ 旅館たむら
おひとり様歓迎、で かってきままな旅にはおすすめです。
食事は外へ出かけました。
お目当ての温泉は 特に露天風呂が贅沢でした。
小さいので そこに源泉がどぶどぐ注がれていて、新鮮な地蔵源泉を一人じめできます。
地蔵の外湯はいいのですが 観光客がたくさんなので 今回は敬遠してしまいました。

a0236300_11154711.jpg

やっぱりお蕎麦。

a0236300_11184714.jpg

女子会はこちら
☆ ゲストハウスシーダーロッジ
a0236300_1122186.jpg

温泉街から少し離れた高台に 静かなペンション街があるとは知りませんでした。
静かで洗練され 美しく 美味しいお宿。贅沢なひとときを約束してくれる場所です。
お楽しみはこれから、の 二次会が丁寧に準備されていたのですが、私は御食事のときのワインでぼうっとしてしまい部屋でお休み。もったいないこと この上なし、です。
もう少し飲めるようにならないと このお仲間との楽しみは半減なのですが、いかんせん体質が恨めしいのでした。

a0236300_11284776.jpg

白根神社のシャクナゲ です。
境内一帯 石楠花がたくさん 花期にこの場所にいられることは幸運でした。
a0236300_1130447.jpg

草津白根は まだ残雪があり 山の一番美しいときを楽しむことができました。

前回訪れたときに メインの場所はアップしたので 今回はあまり写真を撮っていません。

草津には源泉が六つあります。
湯畑、地蔵、西の河原、白旗、煮川、万代、今回は二日間でそのすべてに入ってご満悦。
草津のお湯の良さとその湯量は 全国 屈指。
外湯で このお湯に惹かれて引っ越してきた、という方に会いました。
さもありなん、、、、。
ただ 町営の外湯はいくつかを除いては 地元の人が管理するおうちのお風呂替わりの温泉です。
お借りする、というつつましい気持ちで マナーを守って入ってくださいませ。
どうも問題が多いらしい話を聞きました 外湯観光客禁止 になったら哀しいですもの。

a0236300_11421083.jpg

おみやにいただいた 群馬名物 お蚕チョコ。
実物は写真で見たときよりも可愛くて そして美味しかったです。

準備してくださった方 ご一緒してくださった皆様 楽しい時間を ありがとうございました。
御世話になりました。
二泊三日の 夢の 時間。
by fuko346 | 2014-05-21 11:46 | 山と温泉と旅 | Comments(12)

夜遊び(?) 備忘録

 両親の家で 短い 生まれて初めての 一人暮らし。

山里では お酒が入ると 車に乗れず お迎えを頼むか(といっても片道 山道40分なので気が引ける)泊まるか、タクシーか(泊まる方が安い)なので、ゆっくりはできません。
東京の両親の家では 二人が元気な時でも 帰っていったあとに必ず不愉快な言葉があるので ゆっくりできず、この数年は 介護状態になって出ることもあたわず。
それに上記二件の場合は 夕食を用意していかねばならず 時間も制限あり。

子と飲めるようになって そのまま徒歩で子の部屋に帰って そうかこんな気楽なことあるんだ、って思ったのは50もだいぶ過ぎてから。

今回の上京は 一人暮らし 夜 少し飲んでご飯食べたいな、それに人に会いたいな。
昼の間は することがたくさんあるので 遅い午後か 夜か に時間がとれそうなお友達に 声をかけさせていただきました。

a0236300_228725.jpg

蕎麦屋 山都 代々木上原
ここは お蕎麦も美味しいけど 料理もとっても美味しのです。
子の部屋から 徒歩30分。

a0236300_22105866.jpg

東中野 某うどん屋居酒屋さん
シメのうどんも美味しかったけど 御料理も美味しかったのです。
これは これまた美味しかったお酒。ラベルの裏に イワナ、がいるのです。

a0236300_22163623.jpg

青山 あたり
通りがかりに サラダではありません パスタ。

a0236300_22174974.jpg

千歳烏山 お気に入りのイタリアン

a0236300_22182971.jpg

西新宿 某ホテル

a0236300_22194353.jpg

田端 絶品居酒屋

中学一年生からの友達、子、お能繋がり きもの繋がり、ワイン繋がり、の、お付き合いくださった皆様。
楽しい美味しい夜を ありがとうございました。

おかげでハードな時間も 穏やかでいられました。

~してはいけません ~しなくてはならない こうでなくてはなりません
私の思っているような子でなくてはいけません
と 私が思いこんだこと

少しずつ少しずつ 引きはがす 
少しずつ 少しずつ 実が軽くなっていきます
遅いけど 間に合って いるよね リトルトリさん

おそらく そう言ったあなたも 手放さなくては いけないのでしょう 
それも ゆっくり いつか 光の元へ
by fuko346 | 2014-05-09 22:44 | 美味しい場所 | Comments(0)

三輪山を、、

 いつものように ちょいと温泉と高野山あたりを目指して出かけたのですが、いつもの吉野の麓を通る道は 季節とて 大渋滞なのではないか、と 違う道を行ったところ、「 あ、大神神社がある」と見つけて 予定変更。
a0236300_2316589.jpg

ご神体でもある こんもりとした三輪山を懐かしく眺め お参りもして。
万葉集 額田王 三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも 隠さふべしや
この うた が 好きです。
修学旅行のときにきて感激して。
10年くらい前、三輪山に登って その霊気に 驚いて。

神社から 桜色がちらりと見えたので行ってみると。
a0236300_23235463.jpg

a0236300_23244430.jpg

今を盛りの たわわな しだれ桜を 楽しむことができました。
a0236300_23265100.jpg

大和三山。 うねび みみなし あまのかぐやま。
このあたりは 何度も来たわけではないけど、こころの奥で 近しい場所。

a0236300_23301824.jpg

三輪そうめんの地、にゅう麺と柿の葉寿司をいただきました。
門前の食堂 そう期待もせずにお腹が空いていたので入ったお店ですが、美味しかったのでした。

この後は 行ってみたかった 橿原考古学研究所附属博物館へ。
わあい 三角縁神獣鏡だ 埴輪だ と 喜ぶ。
なぜか 縄文の頃、と 天平の頃のものを見るとどきどきしてしまうのでした。
鏡が入っていた 布袋を初めてみたのですが、布地は定かではなくても 残った色と柄に 興奮。

a0236300_23393735.jpg

最後に 神武天皇陵にお参りして。
森、しか見えません。 こんな 大きなもの どうして作ったかなあ。
この頃の 中央集権って 想像を超えているような。

予定とは全く違う 小さな旅。
先日の三井寺の桜も 求めていったわけではなく 今日も こんな見事な花を見られると思ってもおらず。
思いがけない こころときめく時間 でした。
by fuko346 | 2014-04-13 23:47 | おでかけ | Comments(6)

三井寺の桜とオーブンレンジ

a0236300_1014175.jpg

当たりました。
え! くじ運のない私が。

某社 設立60周年記念の会 ホテルにお招き、奥さまもご一緒にということで、こういう催しは初めてなので興味深々 行ってみたのでした。
催しは 興味深くて とっても面白かったのです、なんて 書くと のほほん生活がばれますね。

若い時は 上場会社にいたこともあるけど なんだか そういう場所から離れて時間が長く、社会を実際に回している人たちの間に ちょこなん、と混じって 今の自分を考えたりして。
そして 面白かったけど 350人の人たちとけっこう長い間 会場にいて 芯から疲れてしまいました。
覚醒した部分もあるのですけれど。

で、最後にくじ引きがあって 当たりました。
驚きますね、昨年もホテルの宿泊券が当たってびっくりしたけど、私 ほんとにくじ運無い人だったのですから。どうしたのかな。

で、運転手なので お酒は飲んじゃいけないのですが、お料理にお酒無しは 哀しいので 一口ずつ舐めてしまいました。
それで終了後、ふらりふらりとお散歩に。

a0236300_10295551.jpg

三井寺。
a0236300_10302352.jpg

琵琶湖疏水。
手前側が琵琶湖で 向こうのトンネルの先が京都へ とうとうとかなりの水量が流れて行きます。

三井寺も疏水も 桜の名所。
京の桜は満開を過ぎてしまったようですが 湖国ではこれから。
そして山里の ソメイヨシノは まだ 蕾です。

大津から ぐるりと かなり歩いて ちょっと早い桜を 楽しみました。
by fuko346 | 2014-04-04 10:44 | おでかけ | Comments(2)

湯の峰温泉

あまりにも疲れて 心身が動かないので 温泉、、、静かで昔から自然に湧いているところ、、、と、和歌山の湯の峰温泉へ 行ってきました。

小栗判官 照手姫の伝説で有名な つぼ湯 のある温泉地です。
この つぼ湯 以前から入ってみたかったのでした。

b>00_11244133.jpg


熊野本宮大社にお参りし、今回は 大斎原へも行くことができました。
熊野は何度も訪れているのですが、大斎原はいつも素通りで あの場所に立ちたいと願っていたのでした。
大洪水で流されるまで 古の熊野大社が立っていた 中洲、です。
寒い日の夕方、とあって さしもの世界遺産も閑散としており、十分に神の気、を感じることができました。
大斎原の中は 恐れ多いので写真は なし、です。

a0236300_11334143.jpg

湯の峰は小さな温泉地、この川のあちこちから自然に湧いています。
四世紀ころに発見されたとか、熊野詣において湯垢離場として栄えたようです。
手前は熱湯が湧いていて 卵や野菜を茹でることができます。右の川岸には湯の峰神社があり、奥に 世界遺産でもある つぼ湯が見えています。
とまりは 温泉民宿 湯の谷荘。かけ流しの湯に ほわほわと疲れが流れていきました。
温泉地の民宿ってどんなかしら、とちょっと心配でしたが いやいや満足でございます。
三日くらい いたかったなあ。

憧れの つぼ湯も 堪能しました。
河底に自然にできた岩穴の底から ずんずんお湯が湧いているのでありました。
湯の峰 いいお湯 いい温泉地です。いいお湯のほかは 何もありません。

a0236300_11442213.jpg

熊野灘に出て 帰る途中 看板を見つけて あ 瀧原宮 がある、とお参りしました。
お伊勢さんの別宮、こちらの神の気が満ちています。
遷宮は 来年、だそうです。

熊野は神の地。たくさんの神さんがおわします。
古の人々が 蟻の熊野詣と 訪れた霊地、熊野古道が世界遺産になって 現在も訪れる人が増えている模様。 蘇りの地は いつの世でも 人のこころに染みいるようです。
しかし 熊野古道 複雑に入り組んでいて どこをどう歩いたらいいのやら、でも、歩いてみたいなあ、堪能するまで 歩いてみたいなあ。

a0236300_1151973.jpg

うれしいことに お約束の美味しいお蕎麦屋さんも 見つけることができました。
満足 満足。


*一番上の写真 内部ではなくて大鳥居なんですが なぜかアップされません???
はてな~。
by fuko346 | 2014-01-22 11:53 | 山と温泉と旅 | Comments(2)

厳島観月能 

いつか行きたいと思っていた 観月能へ行くことができました。

a0236300_21563633.jpg

宮島口からのフェリーに乗り 見えてくるこの景色。
訪れるのは二度目ですが、やはり 美しい。
早めに到着したので あちこち見学。
a0236300_21573717.jpg

日が落ちかけて、、潮も満ちはじめ 期待が膨らみます。
a0236300_21594866.jpg

席について 月に群雲。
a0236300_221820.jpg

能舞台の回りにも 水が静かに満ちて行き、それに従って これから始まるものへの期待も増して 胸が高鳴ります。
ここまでの景色だけで十分 美しいのです。
ここを作った清盛さんは、この美しさを求めていたのでしょうか。
どう 見たのでしょうか。

10月16日 第17回 友枝昭世厳島観月能 厳島神社能舞台 6時45分~

・仕舞
 「実盛 キリ」出雲康雅
 「三輪」粟谷明生
 「熊坂」友枝雄人
  地頭:長島茂
・能「経政 鳥手」
 シテ:友枝昭世
 ワキ:森常好
 笛:杉市和 小鼓:横山晴明 大鼓:亀井広忠

夢に漂ったような、それでいてかすかな緊張を含んだ時間は あっと言う間に ほんとに飛ぶように過ぎました。
友枝さんの 経政 はまだういういしい、という表現をしたいような美しい青年に見えました。
烏手、という小書は 笛が 琵琶の音を奏でます、その音に呼ばれてふうと漂い出てきてしまった幽の者。
その戸惑いまでが 感じられるようで。
たぷり たぷりと波の音。
その波の動きにつれて ゆらめく光。その光が面に映えて 見えている世界そのものが揺らいでいるようです。
今 ここにしか現れない世界、を見せていただきました。

a0236300_22124645.jpg

終演後 あっという間に観客も引き、静かに浮かぶ能舞台。
夢のあと。








現実に戻って。
この日は ゲストハウス菊川 へ 一泊。
a0236300_22153256.jpg

能の終わるまで待ってもらって 美味しい食事をいただきました。
貝類は得意ではないのですが、はじめて 牡蠣を美味しいと感じました。
もちろん 他のお料理も。まだ続く興奮を胸に就寝。
翌日も あちこちたくさん歩いて 宮島を堪能。

着いた日には お能の前に身を清めるのもいいいのでは、と温泉にも。
錦水館へ立ち寄り湯。 独り占めで楽しみました。
・含弱放射線-ナトリウム-塩化物冷鉱泉

先日の白木峰も美しい時間でしたが、それとは又違う 美しい時間を味あわせてもらいました。
こちらに何年か前から通っている お能友達に お世話になって、、、
ご縁をいただいて ありがたいことでした。
by fuko346 | 2013-10-17 22:27 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(16)

野村 萬斎さんの  ボレロ

a0236300_19294935.jpg

びわ湖ホール開館 15周年記念コンサート
で、萬斉さんの ボレロが上演されると知り 行ってきました。

不思議な舞台。
あの 翁の三番叟 鈴の音と たん た たん という小鼓の音が 聞こえてきてしかたがありません。
むろん こちらはオーケストラのボレロ。 そんなはずはないのですが 重なって仕方がありません。
萬斉さんは 狂言の形から はずれてはおらず、なのに ボレロを舞っている。
おもしろいなあ 美しいなあ いい男だなあ。
引き込まれました。

最後 ぱっと消えて この世のものならず の ものは どこへいったのでしょうか。

そのあと
モーツァルト:ピアノと管弦楽のためのrロンド 二長調k.382
ストラヴィンスキー ;火の鳥
指揮 沼尻 竜典 
    日本センチェリー交響楽団


a0236300_19421679.jpg

叶 匠壽庵さんのお茶席が出ていたので 琵琶湖を望んで一服。
びわ湖ホールからの景色は 超一流。
今日はお天気もよく、空気も澄んで 見晴らしもよく いい気持ち。

栗のきんとんも美味しかったのでありました。

ほんの短い時間だけど 常を離れて どこか地上数メートル浮いて どこか違う場所にいたような。
by fuko346 | 2013-10-12 19:47 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(6)