月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きものでおでかけ ( 167 ) タグの人気記事

お稽古きもの (4月18日)

今日は お稽古の途中で 先生が「ストーブつける?」と聞かれたくらいの肌寒さだったので、紬の袷に戻りました。
a0236300_21351328.jpg
きもの ぜんまいを織りこんだ紬 袷
帯   織八寸 秦荘紬
襦袢は単 にしました。
このところの気温の乱高下 すごいですね~ 日替わりで調節しなくてはいけません。

季節の柄でも色目でもないきものと帯 小物の色で 今 を表した つ も り。

しかしこのきもの 手頃なものですがとても着やすくて つい 手が伸びます。
もう 洗い張りしてもいいくらい 着たよう気ががしますけど 特に汚れてもおらず、生地がへたってもおらず、お利口さん です。

お稽古はというと 実技演習の数茶が終わったので 来月の茶会に向けて一足早く、炉、となりました。
またまた 手のくせ、を直されている 社中一の ダメな子ちゃん です。
茶会で人前でお点前するなんて 40年ぶり くらいでしょうか。
まだ お運びさん だけでいいのだけどなあ。




[PR]
by fuko346 | 2018-04-18 21:44 | 今日のきもの 春 | Comments(2)

大小霰

朝方まで けっこうな雨降りだった昨日 大津で行われたお茶の講習会に。
a0236300_10083968.jpg
きもの 江戸小紋 大小霰 縫一つ紋 袷
帯   織 九寸
気温が低く お寺なので 冬仕様 です。
実技メンバーだったので 失礼の無いよう かつ目立たないよう かつ 汚れも目立たないよう、という 取り合わせ。
藤色の帯揚と 緑 藤色の帯締で せめてもの季節感 です。
面白くはないのだけど、これはこれで その場に合わせて着る という楽しみがあります。
a0236300_10161823.jpg
またまた色目が少し暗く写っていますが。
これは白生地を結納のときにいただいて 30代そこそこで染めて東京で染めてもらったものです、染めるなら江戸小紋 それも大小霰 というのはなぜか私の中で固まっていました。色は 思っていたものと違うなあと感じたのですが 今は なかなか重宝しています。
精緻な染めですよね いわゆる 気が遠くなる、です。
いただいた この浜ちりめんは どっしりとした重みがあり たゆたゆと身体に纏いついて心地良いです。
a0236300_10201092.jpg
さて
年に一度 支部総会と講習会、というものがあります。
講習会は 実演して 宗匠がたに教えを請うもの。
今回は堀之内宗匠でした。
なぜか 実技メンバーになってしまい 数茶のお稽古を ずらっと並んだギャラリーに見つめられながら受けてきました。
私は そう仕事のない三客なのでそう気は張っていなかったのですが、お手前さんは緊張したでしょう。
年に一度、こういうお勉強もいいなあ、と感じたことでした。






[PR]
by fuko346 | 2018-04-16 11:02 | お茶会と稽古 | Comments(6)

ぬぬぬぱなぱな 2018

滅多と行かない大阪に ぬぬ(布)に惹かれて行ってきました。
a0236300_09120042.jpg
色が飛んでしまっていますが、、
きもの 伊那紬 蓬 単
帯   九寸 天蚕
羽織  越後夏結城を仕立て変えたもの 透け感が強く 涼しげに見えますが、夏に着るには暑過ぎるので 羽織にしました。正解であります。
a0236300_09152026.jpg
京も遠くなったのに 大阪はさらに遠く もうよほどのことがなければ行きません。が、どうしても 阪急で行われている「ぬぬぬぱなぱな」で 美しい布に会いたくて よっこらせ、と出ていったのでありました。
先日 京の老舗できれいなきものをたくさん拝見したのですが、どうもこころに響かずに、なにかくずぶっており、それがなければ 行くことはなかったかもしれません。
a0236300_09191216.jpg
その前に お店でお友達と待ち合わせて パエリアランチ。お茶のお稽古を始めらたお友達とその話やらなんやら楽しく おしゃべり、です。
で、なにを言うか ですが たまに都会に出ると 人の多さと品物の溢れかえっているのに、不思議な気持ちがします。 この国には(どこもそうでしょうが) 二か所 まったく違う土地の種類があるな、と。
さて、目的地へ
a0236300_09235230.jpg
今回の ぬぬぱなぱな は こじんまりした会場に品物もそう多くなく、一昔前のような雰囲気があって 落ち着きました。
写真をご一緒にお願いしたのは 南の島の織姫さん、前津雪絵さん、です。
というのは、彼女の作品が気に入って 手元に置くことにしたから、です。
最初に目についた 一条、それから一回りして やっぱりこれが、とお願いしたら すでに売約済みであると。
ええっと がっかりした私をみて これから織ることもできます、と言ってもらいました。
無ければ無いでいい というのが 私のスタンスなのですが 今回は喜んで織ってもらうことにしました。
南の島で 彼女が機に向かっている姿を想像すると わくわくが膨らみます。
まったく同じでは 先に手にされた方に申し訳ないので 少し変えてとお願いしましたが、どのように仕上がってくるでしょうか 待つは楽し、です。
織っているところを拝見に 南の島へ行きたいなあ。
私はこのように 作り手さんとお会いしてお話をして その作品をいただくのが一番好きです。
a0236300_09530146.jpg
これは作者さんは違いますが 藍で染められた木綿の帯締め きれいな色、です。

会場には これもあれも とどきどきしてしまう作品がたくさんで 先日のもやもやが晴れ、楽しい気持ちで 帰ってきたのでありました。

ところで もう物欲が無くなったとか 書いていたような。
心身 上向きになってきたら あら~ なんだか変化が。
ふふ それもいいかな、なんて お気楽な気分で ありました。
お気楽は 大事 ですね。







[PR]
by fuko346 | 2018-04-13 09:57 | 今日のきもの 春 | Comments(4)

牛首紬で 京は三条あたり

本日の目的は 三つ。
a0236300_10152645.jpg
きもの 牛首紬 胴抜き
帯   塩瀬染め 前は葉のみ お太鼓は 下がり藤の丸紋、です。
これに 夏塩沢の道中着で 真昼に早歩きをすると 少し汗ばむ程度、のお天気でした。

目的その一。
お能繋がりのお友達とランチ。
a0236300_10182893.jpg
古門前に昨年できた サーティーセブン グリル バー アンド ラウンジ。
上はホテルになっています。
a0236300_10204683.jpg
ラムチョップ美味しくいただきました。
この場所にこんなものが、という驚きがあります、広いのでゆっくり時間を過ごすことができます。
a0236300_10222655.jpg
ソメイヨシノは葉桜ですが まだまだ桜は楽しめます。
ということで 人が一杯、、、。
目的その二 は 案内をもらっていた ぎおん齊藤さんの春の催事。
きれいで華やかなものがたくさん 並んでいました。
お友達とはそこで別れて 三条通りをてくてく てくてく。

目的その三はこちら
a0236300_10265871.jpg
京都文化博物館での ターナー展。
細密に書きこまれた小さな絵を見続けていたら 目がくしゃくしゃ。
後のほうの 抽象に近づいていく作品は 美しいなと感じました。
光と色彩 なのかな。
なんとなく絵から どういえばいいのか 書いた人の苦しみみたいなものが じわじわ 伝わってきてしまって 息苦しくなりました。
あまり無いことなので なんででしょうね。

という覚書 でした。




[PR]
by fuko346 | 2018-04-06 10:31 | 今日のきもの 春 | Comments(2)

かわいい小紋

お稽古へ

a0236300_12105060.jpg
先生はじめ 皆さんから あら~ 今日はいつもと違うのね かわいい~との感想です。
自分でも そう思います。
私がかわいいのではなくて きもの が かわいいのです。
何度か着用した 母の小紋。
可愛すぎるので 羽織にでも と相談しましたら 裄が足りない、派手じゃないから このままもう少し着れば、ということで 着てみたけど やっぱり ちょいと気恥かしい。
私は 子供のときから かわいい とは かけ離れたところにいます。(赤ちゃんの時は除く)
それよりなにより ちょっとした 小紋 どう着ればいいのか わかりません。
布好き 糸好き 織物好き で 自分で手に入れたものは 紬が多く、あとは 必要品として 柔らかものは いろ無地 つけ下げ 訪問着。
それらは 礼装に近くなるので もう帯も小物も決まってきます。
が、このちょいとした 小紋 というのは、、、。
慣れていないだけかなあ。
なんとか かわいい を減らしたくての 帯と小物。
このまま見れば どうってことないのですが ここに 顔が載ると、、う~ん。

茶会やらなんやらで 人前でお手前をするので 柔らかもので練習を、と思い立っても、そういうきものが 無い、ので、次回もこれを着てみましょう。
帯回りも考えよう。
慣れるかな。
a0236300_12233944.jpg
ほんと かわいくて 生地もよくて 好きなんだけど。

きもの 染め小紋 袷(母から)
帯   献上風 八寸





[PR]
by fuko346 | 2018-04-03 12:27 | 今日のきもの 春 | Comments(2)

手強い 帯

回復してきたので 久しぶりに きもので お茶の稽古にいきました。


 

a0236300_20464351.jpg
a0236300_20461978.jpg
きもの 上田紬 小岩井紬工房 袷
帯   紬八寸 洛風林
a0236300_20482231.jpg
この帯は 織ったのは 秦庄の織屋さんですが デザインは さすがの 洛風林。
かなり手強いのです、力があるのに しゃれもの なので 小物を選びます。
なんとか 今 の季節に合わせたくて 桃色、入れました。
そして 今回の 中心は 取り合わせを終わってみれば 帯揚です。
だんだら緑と若草色の それだけみたら わ! という品物ですが、これがしっくりきました。

お稽古は 今度 講習会で実演(?)する数茶、と 茶筅飾りで濃い茶。
お棚は 旅箪笥、お釜は 裏甲釜。
特訓もあるので 10時から お昼休みをはさんで 6時近くまでのお稽古、でした。
先生に頭が下がります。





[PR]
by fuko346 | 2018-03-31 20:56 | お茶会と稽古 | Comments(2)

京友禅の襖絵

とっても久しぶりの きもので 京都におでかけ、です。
a0236300_18092308.jpg
a0236300_18085321.jpg
きもの 郡上紬 胴抜き
帯 紬地九寸 生駒さん

今年も 今しかない時期に 桜帯に陽の目を見せてあげられました。
東からおいでのお友達と まずはこちらでランチ。
a0236300_18114847.jpg
a0236300_18124846.jpg
木乃婦さんの ミニ懐石、です。
道具の取り合わせも美しく ゆったりとした時間を楽しみました。
そして 今回の目的。
a0236300_18144533.jpg
a0236300_18151901.jpg
お知り合いの 友禅作家さん 河野さんご夫妻作の お寺の襖絵。
そのお披露目会に 伺いました。
着物地ではない 襖絵、とてもご苦労があったことをお聞きし、その美しさに 心が澄むような心地がしました。

きもので京都へおでかけできるまでに 心身回復できて とても うれしいです。
一時は もう顔もこのままで きものも着られないかも とか思っていました。
三カ月ぶり くらいの きものでおでかけ ですが、やっぱり きものが好き です。




[PR]
by fuko346 | 2018-03-24 18:22 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

夜咄の茶事 うるわし

夜咄の茶事 いつかは体験してみたいもの と 思っていました。
先日はお手伝いで伺いましたが 今夜は客 で入ります、わくわくします。
a0236300_12091030.jpg
広間で前茶のお薄をいただいているうちに 露地に 灯がともされました。
ここから最後まで 和蝋燭と行燈と、、電灯は いっさい消されます。
四時から十時過ぎまで 濃い茶から続きお薄、ではなく お炭が入って お薄、と きっちりと行われました。椀の中身が見えないような暗さで 食事をするのも、ほの暗い小間で お茶をいただくのも それは新鮮な体験でした。
ことさら 小間の ゆらめく灯し火に照らされた 茶室の中は 現実から切り離されたように、色彩も流れる空気も 違って感じられ 美しいものでした。
この効果を計算して作り上げられたものとしたら それは 驚嘆に値します。
電気のないときでも 特別の空間であったでしょう ましてや現在 このような空間は 他では味わえないものだと思います。
お茶は 茶事をするためのもの そして その茶事の中でも 夜咄は 特別に感じます。
ただ 亭主側がする仕事は とても多くて 自分でするというは まったく妄想以上ですが お稽古茶事の亭主は いつか させてもらいたい、と思いました。
a0236300_23594850.jpg
この日のきもの
真綿紬無地 月見草で染めた糸で 霜垣さん作
帯     西陣織しゃれ袋 
初釜の時 外で待つ間 震え上がったので ほこほこ真綿紬に 紬の襦袢、にしました。
うちうちのお稽古茶事でありますゆえ、許される範囲と 私は思っています。
帯はこれまた かなり前の きものにあつ~くなっていた頃に ぽちっとしてしまったものだったかと。
たぶん 鹿子井山田 の品 だったかと。
一度 使ったか使わなかったか、それも覚えていないような。
使ってみるととても締め心地よく、これから活躍しそうです。
これ20年前には 地味ですよねえ。

ぱっと見て 好き と感じたものには 活躍の場が 必ずあるようです。





[PR]
by fuko346 | 2017-12-19 00:12 | お茶会と稽古 | Comments(8)

きもの 着てます、、、が、、、。

今月は いろいろと機会があってお稽古場に通っています。
a0236300_22431803.jpg
きもの それなりに 結城紬 袷
帯   縮緬染め名古屋
この写真 ちょいとおかしなとこがあるのですが わかりますでしょうか。

この日は 夜噺の お客さんがあって手伝いに。
裏方さんを見せてもらったり お干菓子を作らせてもらったり 主菓子の 雪餅を作らせてもらって、それは お客さんには出せないので 裏方で一服。
和蝋燭や 行燈や 手燭に火をともしたり あれやこれや。
段取りが なんとなく分かりました。
う~む 夜噺は 一代イベントでありますなあ。
4時から10時まで かかりました。
究極のお楽しみ かもしれません。
本番の夜話が待たれます。

a0236300_22513046.jpg
今日はふつうのお稽古日。
流しだての練習。
手前そのものは 難しくありませんが 相変わらず 細かいところを直してもらっているので また頭がぐちゃぐちゃに。
今までの手のくせ、は なかなか治りません かなり気落ちしますが、う~ん どうにかなるさあ~。

ということで きもの たぶん 人生で一番 着る機会が重なっています。
お稽古 ということもあり きもの 帯、とっかえひっかえ 目新しいものはありませんが、備忘録として残しておきたいのでありました。

この 金 土も 続けてお稽古場 です。





[PR]
by fuko346 | 2017-12-11 22:59 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)

日本茜の帯

久しぶりに 京都で ランチ
なあんとなく 赤いものに目がいく季節、ということで。
a0236300_11530190.jpg
きもの 本場結城
おび  紬地 九寸 日本茜染め ユキさん作
北風がとても冷たい日だったので 見た目にも暖かく したくなりました。

お友達とランチにむかったのは 
a0236300_11562378.jpg
こちらは 季節をかえて訪れたい、と思いつつ 年に一度か二度 になってしまいます。
この玄関をみただけで もう うれしくなってしまう、お店。
a0236300_11583580.jpg
写真はあまり撮っていないので 本日のお椀、だけ記録に。
a0236300_11594257.jpg
こちらは 大好物の ご飯のお伴。
白溝仕立ての ちりめんじゃこ と オクラの漬物。
これでご飯たくさん 食べたいけど もうお腹が一杯になっていて そうそうは。
でも オクラだけは お代りしてしまう 貧乏性の私。
今日も しあわせな 気持ちにさせてくれて あちがとうございました。

その後 ちょうど文化博物館で行われていた 貴久樹さんの展示会へ。
きれいなものを たくさん見て いろいろ説明してもらって 楽しゅうございました。

もう少しで 飛び降りてしまいそうになったけど いかん いかん と小物だけを抱えて帰ります。
きもの整理中なんですから それが終わって ほんとに足りないもの(あるのか?)か、もう心臓がばくばくして どうにも仕方がない、ものに会うまでは お買い物は いけません。

繁華街を歩いていないからか 京都だからか クリスマス感のまったくない街は いつもどうり 観光客はおおいけど 古都の風情でありました。
ちょっとした用事があるので あと一度は年内に行きたいのですが 行けるかしら 遠くなったなあ。
翌日は 疲れてぐったり、情けなや。





[PR]
by fuko346 | 2017-12-06 12:08 | 今日のきもの 冬 | Comments(0)