月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きもの単衣 ( 70 ) タグの人気記事

花寄せ

お稽古は 花寄せ でした。
a0236300_15550984.jpg
各自 お花を持ち寄り 用意された花入れに 順次 活けていきます。
先生が用意された花器がいっぱいで(これは一部分)広い場所が お花でいっぱいになりました。
a0236300_15574342.jpg
きもの 能登上布
帯   絹芭蕉型絵染 九寸
襦袢も肌着も足袋もみんな麻、です。

a0236300_15572354.jpg
お床に背を向けていますが、、、。



[PR]
by fuko346 | 2018-08-11 16:02 | お茶会と稽古 | Comments(12)

絽のきもので 夏の茶会

a0236300_22260648.jpg
京都 東山の麓にある 金毛院さんの月釜に 連れていってもらいました。
この日は 藪之内さんのお席。
a0236300_22271414.jpg
まずは苔のびっしりとついた 手入れの行きとどいた庭に感嘆。
山麓ではあるけれど 市中の山居、そのものです。
今まで伺った京都のお寺の茶室、一番 美しいかも、と 感じました。
a0236300_22314686.jpg
路地を歩いて にじり口から茶室へ入れるのも一般でも参加できる茶会ではめずらしいです。
入らせていただいたお席は ご亭主の心のこもった祇園さんのしつらえで、お正客 相客のみなさんも 「茶人」の方が多く、とても楽しませていただきました。
床の御軸 きっぱりと 神 の一文字
その前に 祇園守 一輪 すっく と立っていて 清々しく。
主菓子の銘は 清祓。

実際は汗だくだくだったのですが きもちは さわやか だったのでありました。
一服のお茶 差し上げたく
その日のために 考えて準備して、客と語らって
お茶 って やっぱりいいいなあ。
ありがとうございました。
こちらの月釜 通ってみたくなりました。

a0236300_22421508.jpg
きもの 変り絽 小紋
帯   絽 染め帯
下は全部 麻です。
が、やはり絹物は 見た目とは違い 風が通らず暑い です。

帰宅すると 顔に塩が吹いていました。
お寺は冷房がないのでありました。
が、それでも きものは 着たい、夏物はきれいなのでよけい、です。
困った 性だわあ。
気楽なお茶会は麻もの 着ていこ。
でも それだと 夏の絹物を着る機会が無い。
う~ん。







[PR]
by fuko346 | 2018-07-09 22:48 | お茶会と稽古 | Comments(6)

近江商人邸でお茶会

6月16日(土)
支部茶会へ
a0236300_09000371.jpg
a0236300_09005628.jpg
きもの 絽縮緬 寄せ柄江戸小紋 単
帯   織 夏八寸
襦袢は麻
この日は風がさわやかで この取り合わせで ちょうど の気候でした。

a0236300_09040777.jpg
近江商人邸
滋賀県愛荘町の中山道沿いに建つ国登録有形文化財の料亭です。
今日は貸切で茶席になっていました。
ぐるりを白いしっくいの壁で囲まれており 内部 お庭、たいへん立派でした。

朝早くでかけて 茶会の後 社中で小旅行(?)
a0236300_09090687.jpg
あびこ家
愛知郡愛荘町安孫子369-4
こちらでお昼を。
そのあと 東近江散策へと
a0236300_09120938.jpg
白壁は外村繁邸
滋賀県東近江市五個荘金堂町645

東近江には 立派な近江商人屋敷が まだ残っており見学できるようになっています。
昔 こちらに来たころに一度訪れた記憶があるのですが、まるで覚えておらず、新鮮に拝見しました。
車で一時間くらいなのですが いやあ まったく知らない道、場所を あちこちして面白かったのでした。


[PR]
by fuko346 | 2018-06-21 09:22 | お茶会と稽古 | Comments(4)

大徳寺玉林院 月釜

先生が席主の月釜に初参加、です。
玉林院さんの茶会には 客として だいぶ前に入らせてもらった記憶がありますが、まさか自分が点前をする側になるとは思っていませんでした。
a0236300_21260640.jpg
a0236300_21271311.jpg
a0236300_21264406.jpg
緑の風吹きわたる お寺の境内。
美しいこと。

新人さんは 下足番から。
って だいぶ古い新人さんではあります、、、、。

朝の六時からきものを着て 帰宅は夜の六時。
前日にはお菓子を作って 当日は一日 茶会仕事。
そうか 茶会の裏側ってこういうものなのか、と とても興味深いものでした。

なにをどうすればいいのかの手順は ぼんやりとはわかりましたが、まだまだ きびきびとは動けません。
修練が必要ですが、私に必要なのは まず体力か。
終盤には疲れて よろよろ、です。

a0236300_21355885.jpg
きものの写真を撮る余裕もなく こんな一枚だけ 覚書に。
きもの 地空きの飛び小紋 単衣
帯   単 織袋帯 織悦
襦袢は楊柳の単衣

この帯は 単衣で それなりの格が必要なときに重宝で、何度もこの時期には使用しています。
軽くて涼しい、のでした。





[PR]
by fuko346 | 2018-05-16 21:41 | お茶会と稽古 | Comments(4)

かわいい 帯

帯に描かれた ウサギ。
a0236300_10330947.jpg
今日のきものは この子が中心です。
初登場ではありませんが、少しお話したい気分。
その前に お出かけ先は こちら。
a0236300_10344239.jpg
ミホミュージアム 「猿楽と面」
行かずにいられりょか。
といっても 連休中の日曜日 常には空いているときにしか行かないのですが 催しがあったのです。
「能楽ワークショップ 能の実演とお話」
だいぶ前に申し込んであるものの、内容は良く分からなかったのですが、片山九朗右衛門師を中心に 舞囃子 囃子方のお話、衣装の着付け、と盛りだくさんで とても楽しめました。
展示はさらっとみただけで、後期に見たいものがあるので またゆっくりと出かけます。
a0236300_10474301.jpg
緑のトンネル。
桜の時期に ピンク色になるのは有名ですが、はあ、新緑もこんなに映えるのですね。

ということで 今日は うきうき山笑う 取り合わせ。
a0236300_10494146.jpg
きもの 牛首紬 無地 単
帯   紬地九寸  型絵染と絞 鈴木紀絵さん
a0236300_10521134.jpg
帯付きはいかがなものか、と薄羽織。
a0236300_10532111.jpg
有名な作家さんのコレクターでもなく 鈴木さんの作品をひとつは欲しかったわけでもありません。
このウサギ、と ハチ のかあいらしさに つい。
もちろん 全体の色目も好きだったこともありますが、私の「かわいい」にぴったり合ったのでありました。

この日のお天気と風のさわやかさ、色とりどりの萌え出たばかりの緑に 心 浮かれて、かなり常とは違う きれいめ かわいめ取り合わせ。
このきもの きれいすぎない? もう派手じゃない? 帯だって可愛すぎない? と いうささやきを押さえて 足取り軽く おでかけです。
滅多とない うきうききもの なのでありました。

そんな日があったことが うれしい のでありました。







[PR]
by fuko346 | 2018-04-30 11:07 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

大徳寺聚光院 茶会

a0236300_09510056.jpg
とある席主のとあるお席。
会記には 利休 長次郎 のんこう 光琳、、、、石山切れ という字が踊っています。
ガラスケース越しに見ることしできないような お道具を惜しげもなく使っての会 でした。
なんちゃって茶人には もったいないというか **に真珠というか なのは分かってはいましたが これもご縁、と参加してみたのでした。

茶の道具、というのは不思議なもの そして美しいもの。
命がけの時代の命がけの人たちを知っているお道具たち。
じっくりとその手触りを味わいながら ふーっと 今から離れていくような。
語る資格はないので 茶会については これでお終い。

a0236300_10240710.jpg
きもの 地空き小紋 ほとんど無地にみえますが すっとすっと 波のような山のような柄が控えめに入っています。
数年前ゑり善さんで目にとまったもの、単に仕立ててあったので使うことができました
帯 染め袋帯 波がしらに金彩をほどこしてあり、染めといえども軽いものではありません。
帯揚に今の空の青 帯締は藤 の つ も り。
じゅばんは 麻。
30℃予想の出ている京都 お寺にはクーラーはなく、悩んでここに落ち着きました。
ときは四月 袷の時期ですものね。
私はもう 身体に聞くことにしています。
袷をお召しになって汗をぬぐっておいでの方も多かったですが 単の方もけっこう見かけました。

きもの その日の気温で 考えましょう の会 作りましょ。




 

[PR]
by fuko346 | 2018-04-23 10:32 | お茶会と稽古 | Comments(6)

ぬぬぬぱなぱな 2018

滅多と行かない大阪に ぬぬ(布)に惹かれて行ってきました。
a0236300_09120042.jpg
色が飛んでしまっていますが、、
きもの 伊那紬 蓬 単
帯   九寸 天蚕
羽織  越後夏結城を仕立て変えたもの 透け感が強く 涼しげに見えますが、夏に着るには暑過ぎるので 羽織にしました。正解であります。
a0236300_09152026.jpg
京も遠くなったのに 大阪はさらに遠く もうよほどのことがなければ行きません。が、どうしても 阪急で行われている「ぬぬぬぱなぱな」で 美しい布に会いたくて よっこらせ、と出ていったのでありました。
先日 京の老舗できれいなきものをたくさん拝見したのですが、どうもこころに響かずに、なにかくずぶっており、それがなければ 行くことはなかったかもしれません。
a0236300_09191216.jpg
その前に お店でお友達と待ち合わせて パエリアランチ。お茶のお稽古を始めらたお友達とその話やらなんやら楽しく おしゃべり、です。
で、なにを言うか ですが たまに都会に出ると 人の多さと品物の溢れかえっているのに、不思議な気持ちがします。 この国には(どこもそうでしょうが) 二か所 まったく違う土地の種類があるな、と。
さて、目的地へ
a0236300_09235230.jpg
今回の ぬぬぱなぱな は こじんまりした会場に品物もそう多くなく、一昔前のような雰囲気があって 落ち着きました。
写真をご一緒にお願いしたのは 南の島の織姫さん、前津雪絵さん、です。
というのは、彼女の作品が気に入って 手元に置くことにしたから、です。
最初に目についた 一条、それから一回りして やっぱりこれが、とお願いしたら すでに売約済みであると。
ええっと がっかりした私をみて これから織ることもできます、と言ってもらいました。
無ければ無いでいい というのが 私のスタンスなのですが 今回は喜んで織ってもらうことにしました。
南の島で 彼女が機に向かっている姿を想像すると わくわくが膨らみます。
まったく同じでは 先に手にされた方に申し訳ないので 少し変えてとお願いしましたが、どのように仕上がってくるでしょうか 待つは楽し、です。
織っているところを拝見に 南の島へ行きたいなあ。
私はこのように 作り手さんとお会いしてお話をして その作品をいただくのが一番好きです。
a0236300_09530146.jpg
これは作者さんは違いますが 藍で染められた木綿の帯締め きれいな色、です。

会場には これもあれも とどきどきしてしまう作品がたくさんで 先日のもやもやが晴れ、楽しい気持ちで 帰ってきたのでありました。

ところで もう物欲が無くなったとか 書いていたような。
心身 上向きになってきたら あら~ なんだか変化が。
ふふ それもいいかな、なんて お気楽な気分で ありました。
お気楽は 大事 ですね。







[PR]
by fuko346 | 2018-04-13 09:57 | 今日のきもの 春 | Comments(6)

第69回 正倉院展

a0236300_21564965.jpg
行ってきました。
4時半 入場 6時近くに出てきていますので 真っ暗、です。
a0236300_21574868.jpg
正面入り口付近も ひっそり。
平日のこの時間帯が 一番空いていると思われます。
毎回 おんなじことを言いますが、収蔵品の美しさ 保存の良さ、に驚きます。
毎年 驚いてどうするのだ、ですが やっぱり 驚きます。

今回は 文書 とくにだれがどこに住んでいて これこれの土地を持っています、という台帳がきちんんと もう出来て残っていることに感心してしまいました。
これは例年のことながら 美しい布 たち。
あの色が 残っていることが 奇跡的なような気がします。
羅、の細い帯が なんとも精密で どんな手仕事がこの時代できていたのだろうと。
遠くも近くも 現代人より はるかによく見えていたに違いありません。
楽になって 退化してしまった部分が とっても多いなあ、と こういうものを拝見すると感じてしまうのでした。
この展示に囲まれている 時間 天平の時代の ほんの少しを感じられる幸せです。
でも その時代の庶民には 見たことも想像すら しない宝物 たち なんですよね。

a0236300_22081553.jpg
ものを増やしたくないので 買い物はいつも我慢するのですが 今回はこちらの手ぬぐいを一本。
碧地金銀絵箱 へきじきんぎんえのはこ の一部です。

a0236300_22090590.jpg
締めていった 帯の腹紋です。
双鳥紋は すきな柄、あとは 花喰い鳥が 大好き。
a0236300_22104504.jpg
きもの 伊兵衛織
帯 塩瀬染め 正倉院文様

出かける30分前に あ きもので行こうと 思い立ち 先日着たこのきものが 紬引き出しの一番上にあったものですから ひっぱし出し、あ、帯は 正倉院柄があったはず、と これも引っ張り出しました。
似たような 柄の 手ぬぐいが うれしかったのでした。
a0236300_22165051.jpg
時折 全体図 現状確認。
暖かかったので ショールだけ持ちました。

面白いのが 家人が一緒に行くようになったことで、以前はこういうとこには来なかったのですが、お寺や カフェなんぞにも 入るようになったこと、へえ、と内心 驚いています。
年とったのね(お互い)




[PR]
by fuko346 | 2017-11-08 22:21 | 展覧会 | Comments(6)

白金台あたりで




翌日もなぜか渋谷駅を通過し、、、
a0236300_10224884.jpg
きもの 伊兵衛織
帯   更紗木綿九寸
ほんとはこの取り合わせではなく、朝 三分紐を締める段になって 帯留がぽろっと落ちてしまい、あわてて 昨日の帯締めをひっくり返して使う、というありさまになってしまいました。
予定では
a0236300_10260888.jpg
帯留 木に塗り
色が全体と合ってます。
こちらのほうが いいでしょう? (と同意を求める)
金具から突然はずれてしまうことがあるのですね。出先では 予備を持っていないと困りますね。

さて お友達と表参道で待ち合わせ ちょいときものやさんを覗いたあと、白金台へ移動。
a0236300_10334478.jpg
松岡美術館
個人の持ち物を展示してありますが なかなか見ごたえがあります。
都内だけでも 大小 たくさんの美術館がありますが 大きいところでも新しいところ ましてこじんまりしたところは行ったことがないので機会があったら行ってみたい、と思っていたところに お友達が誘ってくださったので 喜んでいくことにしました。
そして目的その2
a0236300_10375687.jpg
a0236300_10382853.jpg
利庵
おいしいあてで ちょこっと飲んでお話し 美味しいお蕎麦を食す。
これぞ幸せ でありまする。

今日も良い日でありました。










[PR]
by fuko346 | 2017-10-27 10:42 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)

伊兵衛織で、、、

渋谷あたりへ お友達に会いに ちょろっとおでかけ
a0236300_11084302.jpg
きもの 伊兵衛織 単(この布は 地厚なので基本 単で仕立てます)
帯   日本茜染 紬地九寸 ユキさん作
根付は ツゲの木彫

このところの東京 暑いのだか寒いのだか 雨なんだか さっぱりわからないので 下着で調節できる この きものを持ってきました。
これに 単仕立のうすでの道中着でちょうど でした。

しかし 渋谷はさっぱりわからん街になりましたねえ、、、

a0236300_11185959.jpg
本日の御用。
お友達にお聞きしたいことがあったのです。
ふむふむ ふむふむ ほ~ほ~。
あらあ~。
とっても納得。
そして 今までしてきたことを肯定してもらったようで うれしくなりました。
ありがとうございました。

で、私はお昼を食べていなかったので キッシュと白ワイン。
ここのキッシュ こんなに大きかったかしらん、、、次にはお友達の食している 美味しそうなタルト タタンも食べたかったのですが 満腹になってしまいました。
そして うまく写っていませんが お向かいに見える 帯 実物を拝見したかったので これも とってもうれし。
なんと美しい 布の質感と その色。

短いけれど とても 満たされた時間 でありました。










[PR]
by fuko346 | 2017-10-26 11:29 | 今日のきもの 秋 | Comments(2)