月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きもの袷 ( 83 ) タグの人気記事

高台寺 雪月花

東山は高台寺へ 雪月花 という催しのご招待のお伴 で行ってきました。
a0236300_09363899.jpg
玄関内の 大きな夢 がお出迎え、です。
紅葉のお客さんが一段落したこの時期に 行われているようですが、招待客以外にも そこそこの人、でした。
a0236300_09382924.jpg
名残のもみじ。

この催し もともとは  禅僧の修行終了後に食す お粥、を食べたい、ということに始まって、だんだん招待客が増え、今回は1500人とか。
高台寺とその周辺 散策して見てまわれ、その中の三か所で お抹茶、香煎茶、お粥、がそれぞれ供される、ご接待というか おもてなしというか お祭り、というか、でした。
a0236300_09493410.jpg
こちらが 雪月花。豆腐 大根 人参 の入ったお粥さん。
お料理やさんが作っているので お出汁が効いていて大変 美味しかったです。
a0236300_09524499.jpg
a0236300_09531249.jpg
抹茶席 香煎席 ともに お庭がきれいに見える場所にしつらえてあり、贅沢な景色を眺めながら。
場所が広いので そう混雑もしておらず ゆるゆるした時間を楽しませてもらいました。

そうそう ドレスコードがありまして、今回のテーマは宇宙、なので 白、丸 を身につけてください、と。
そこでぱっと頭に浮かんだのがこちら。
a0236300_09572094.jpg
ガラス製のうさぎ。
と あ、白い紬があった、ということで こうなりました。
a0236300_09582981.jpg
今日のきもの
きもの ほぼ久米島紬 袷
帯   ちりめん九寸長屋 越後印伝 ゑり善さん

ですが、、、
a0236300_10003832.jpg
この日は 風もあって冷え込みもきつく、コートは脱がなかったので ドレスコードはどこへやら。
でも、コートの柄が 白くて丸くも見えるので よし、といたしましょう。



[PR]
by fuko346 | 2018-12-10 10:04 | 今日のきもの 冬 | Comments(2)

ミホミュージアム 茶杓の展示

ミホミュージアム 百のてすさび 近代の茶杓と数寄者往来 へお友達と二人で
a0236300_17252345.jpg
今日のきもの
きもの 紬 袷 伯母から
帯   紬地九寸 日本茜染め ユキさん作
このきもの もみじ柄がモノトーンで 伯母からのものの中では 一番のお気に入りです。
季節に合わせて着ることができて 良かった 良かった。
a0236300_17284743.jpg
茶杓 たっくさん 並べるって けっこうとがった展示だと感じます。
館長が熊倉さん だからでしょうか。
見応え十分 お茶をかじっていたら お勉強 一杯 です。
で、二時間以上 じっくりと拝見して ふらふらになりました。

早めに待ち合わせて レストランでまずはこちらを
a0236300_17314144.jpg
一汁三菜、と名付けられた メニュー。
ごちそうさま。
見学で疲れた後は カフェでこちら。
a0236300_17335361.jpg
リンゴのロールケーキもコーヒーも ぐるぐるしている頭にしみわたる美味しさ、でした。

久しぶりにお会いするお友達との話もあれこれ楽しく、
a0236300_17353238.jpg
帰る頃には 日も暮れかかり、、、
たっぷっりと 晩秋のミホを味わうことができました。

さて お勉強したので 明日は 茶杓削りのワークショップに挑むのであります。
わくわく。

全体像 記録
a0236300_17462436.jpg
伯母 父の姉、ですが きもの好き でした。
お江戸風 の しゃれた着姿 でした。
遠くへ来てしまったので 生前 きもの姿を 見せられなかったのが 残念だったな、と思います。 喜んでいてくれるかしらん。





[PR]
by fuko346 | 2018-11-29 17:39 | 展覧会 | Comments(4)

茶会 お手伝い

市内 某所の秋まつり(?)に併設された茶会を先生が担当されているので、お手伝いに行ってきました。
茶会、というよりも 茶室体験、と いいますか お客さんは こういうのは初めて、というかたばかりでした。

a0236300_10020876.jpg
今日のきもの
きもの 縮緬小紋 茶屋辻模様 袷 母のもの
帯   綴れ 八寸名古屋
a0236300_10034253.jpg
たまたま出会った色目と控えめな柄が気に入って求めた リサイクル品、上等な綴れだと思うのですが、あなた、こんなお値段になっちゃって、、、という こちらにはうれしい品。
なにをしようとしたのか かがってある部分がみな 解いてあったのでそういうことになったのか、と。
松葉仕立てに ちょこちょこと縫えば 下手でも 見えはしませんから、ね。

a0236300_10370098.jpg
持ち帰ったので 潰れてしまっていますが お菓子は 裏で自作していました。
中が栗餡、切るとほのかに黄色くてきれいなのです。
銘は 初霜。(こちらでは 朝は氷点下 真っ白に霜がおりています)
作りたての きんとんが 出てくる 茶会、というのはそうありますまい。
コミュニティーセンターでの簡易なもの、とはいえ 手は抜かず、置き床も花も設え、きちんとした 茶会、であったのでした。

ごねた子供が 大の字になっちゃったりしましたけど。

お勉強できることは いろいろあり 面白くもありました。




[PR]
by fuko346 | 2018-11-27 10:16 | お茶会と稽古 | Comments(8)

友 来りて 京都でランチ会

京都旅行のお友達と合流 と いう話をネットでしていたら では私も、と 三人で京都でランチ。
会えば あれ~もう何年ぶりでしょう、だったのでした。

a0236300_11493368.jpg
きもの それなりに結城紬 墨黒の大きな市松の織 なんですが よおうく見ないとわかりません。 袷
帯   秦荘紬 八寸 (デザインは落風林)
帯留は流水に落ち葉
a0236300_11515920.jpg
牛首紬の仕立て替えコートを羽織って。
単仕立てですが 電車に乗ったら 暑い くらいでした。
真綿の紬は暖かいですね。

この牛首につけていた 紬の梅鼠のはっかけを 上記結城に繰り回してみたのですが、墨黒から ちらりとのぞく その色がけっこう目立って あ、 失敗かも、いやいや これくらいは面白いだろう、で 揺れています。って もう 取り替えるのは大変なのでこのままなんですけれども。

a0236300_11580229.jpg
ランチは 個室(半個室)で気兼ねなくおしゃべりのできる 寺町通りの 菜の菜さんへ。
栗にぎんなん むかご 秋を感じる美味しい料理 いただきました。
a0236300_11594823.jpg
いつも 選んだお酒を美味しいね、と いって忘れてしまうので記録です。
蒼空 鷹勇 すうっと入るきれいなお酒でした。

わやわや話していたら え、二時間たっていました。
さてそのあとは 寺町あたりを 歩いて、、、こちらでお茶を。
a0236300_12042028.jpg
村上開新堂のカフェ。
趣ある店舗 ここにあるとは知りませんでした。何度も前を通っていたのに 見ないものは見えないのですね。
a0236300_12055780.jpg
昔からあるのだろうというお部屋に通されたので 記念写真 撮ってみました。
たっぷりのコーヒーとしっかりした焼き菓子とゆったりした時間を 楽しむことができました。

何年かぶりで会って 楽しく遊べるお友達、貴重ですね。







[PR]
by fuko346 | 2018-11-22 12:10 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)

炉開きのお稽古

お稽古へ
a0236300_09134096.jpg
きもの ぜんまい入り 十日町紬 袷
帯   バティック布を名古屋帯に仕立てたもの

この取り合わせは お稽古場で かっこいい と言ってもらえて うれしくはあったのですが、自分ではそういうつもりはまったくなかったので、はてな、と 感じました。
縦線 斜め線 は そういう効果があるのでしょうか。
これといって目立つことが無い 地味な取り合わせ、の つもりだったので、人の感じ方って いろいろなんだなあ、と また改めて感じたことでした。

a0236300_09215429.jpg
先日のお招きのお礼に そのときに使われたお茶をいただきました。
一人分では お濃い茶の練習はできませんが、折々に おいしいお茶をたてていただくことにいたしましょう。
うれしや。

お稽古場では 炉開きの特別なお招きはなく、たぶん それだと正式な 炉開きの茶事になってしまうから、だとおもうのですが、それの説明がありつつ、茶壺の拝見の仕方と紐の結び方を習いました。
あの茶壺の紐はどうなっているのだろう、というのは長年の疑問でしたので 興味深かったです、、、が、一人でしなさい、といわれたら けっしてできません。
何十回も練習がいりますね。

いわゆる ルソンの壺。
ただの 雑器だったものを 茶壺に見たて 丁寧につつみ 金襴の蓋をして 丁寧に網でつつみ、紐をかけ、極上のお道具にして床の間に飾り、それを拝見する作法も作り、お茶というのは 不思議なもの、と また 思うのでした。

壺 ころころと転がして拝見するのです、面白いです。





[PR]
by fuko346 | 2018-11-20 09:31 | 今日のきもの 秋 | Comments(4)

日吉大社さんの茶会に 紬の訪問着で

a0236300_09500129.jpg
昨年に続き 日吉大社さんの献茶式へ。
ことしは 色づきがまだ少し早かったようで、盛りはこれから、です。
a0236300_09524116.jpg
きもの 浜紬 藍型絵染 訪問着
帯   龍村の名古屋帯
a0236300_09540780.jpg
色づいてはいないのですが 柄にもみじが入っているので、この時期に着たくなります。
しゃれ袋などを合わせますと 遊び着になってしまうので 帯でお茶会風に。
色で季節を。
帯に溶け込んでいますが 帯締の 赤 が 今日の主役でしょうか。

比叡山の山裾のここ、昨年は寒くて震え上がったので 暖かい紬を選びました。
今回は そう冷え込みはきつくはなく 助かりましたが、これでちょうど、でした。

いつもながら お道具とかの記載も茶室の写真もありませんが、今日のお勉強はとあるお正客さんでした 無理に成り行きで 正客を引きうけたかたの対応が素晴らしかったので、ああなりたいものだ、と思ったのでした。
そしてその方がまとっていらした きものが その前から ああきれいだなあ、と見ていたので、印象に強く残ったのでした。

おそらく きもの ではなくて その人が 姿に出るのだなあ、ああなりたいなあ、と感じたのでした。


[PR]
by fuko346 | 2018-11-18 10:09 | お茶会と稽古 | Comments(2)

白山紬訪問着

お稽古場へ。
a0236300_18421398.jpg
朝日があたって ワントーン明るめに写ってしまいました。
もう少し全体に落ち着いた色目、です。
年に一度は まといたいきもの、今年も着ることができました。
お茶なので 小物は おとなしくまとめています。
きもの 白山紬訪問着 縫い一つ紋 袷
帯   織袋帯 洛風林
このきものは すべっとしていて冷たい肌触りなので 今ごろの季節にちょうど、です。
昨日あたりからすとん、と気温が落ちて ぴったり、でした。
ほんとは まだ単衣でもいいなあ、と考えていたのですが。
a0236300_18470499.jpg
今日は普段のお稽古ではなく 七事式 花寄せのあと、正午のお茶事、でした。
花寄せは たくさんのお花の中から選んで いくつかの花器にそれぞれ活けることがことができ、とても楽しいのです。
茶事にはお詰めに入り、お勉強、です。
楽しく 美味しく 時間を過ごすことができました。
a0236300_18504400.jpg
前日に庭(というか敷地内)をぐるぐるして 集めたお花です。
どういうものを持っていっていいのか前回お勉強したので たくさん 集めることができました。
お茶の花 人気でした。
花やさんに注文するのではなく、あるもの、を持ち寄って活ける花は、静かで美しく、大好き、です。






[PR]
by fuko346 | 2018-10-13 18:57 | お茶会と稽古 | Comments(2)

お稽古きもの (4月18日)

今日は お稽古の途中で 先生が「ストーブつける?」と聞かれたくらいの肌寒さだったので、紬の袷に戻りました。
a0236300_21351328.jpg
きもの ぜんまいを織りこんだ紬 袷
帯   織八寸 秦荘紬
襦袢は単 にしました。
このところの気温の乱高下 すごいですね~ 日替わりで調節しなくてはいけません。

季節の柄でも色目でもないきものと帯 小物の色で 今 を表した つ も り。

しかしこのきもの 手頃なものですがとても着やすくて つい 手が伸びます。
もう 洗い張りしてもいいくらい 着たよう気ががしますけど 特に汚れてもおらず、生地がへたってもおらず、お利口さん です。

お稽古はというと 実技演習の数茶が終わったので 来月の茶会に向けて一足早く、炉、となりました。
またまた 手のくせ、を直されている 社中一の ダメな子ちゃん です。
茶会で人前でお点前するなんて 40年ぶり くらいでしょうか。
まだ お運びさん だけでいいのだけどなあ。




[PR]
by fuko346 | 2018-04-18 21:44 | 今日のきもの 春 | Comments(2)

大小霰

朝方まで けっこうな雨降りだった昨日 大津で行われたお茶の講習会に。
a0236300_10083968.jpg
きもの 江戸小紋 大小霰 縫一つ紋 袷
帯   織 九寸
気温が低く お寺なので 冬仕様 です。
実技メンバーだったので 失礼の無いよう かつ目立たないよう かつ 汚れも目立たないよう、という 取り合わせ。
藤色の帯揚と 緑 藤色の帯締で せめてもの季節感 です。
面白くはないのだけど、これはこれで その場に合わせて着る という楽しみがあります。
a0236300_10161823.jpg
またまた色目が少し暗く写っていますが。
これは白生地を結納のときにいただいて 30代そこそこで染めて東京で染めてもらったものです、染めるなら江戸小紋 それも大小霰 というのはなぜか私の中で固まっていました。色は 思っていたものと違うなあと感じたのですが 今は なかなか重宝しています。
精緻な染めですよね いわゆる 気が遠くなる、です。
いただいた この浜ちりめんは どっしりとした重みがあり たゆたゆと身体に纏いついて心地良いです。
a0236300_10201092.jpg
さて
年に一度 支部総会と講習会、というものがあります。
講習会は 実演して 宗匠がたに教えを請うもの。
今回は堀之内宗匠でした。
なぜか 実技メンバーになってしまい 数茶のお稽古を ずらっと並んだギャラリーに見つめられながら受けてきました。
私は そう仕事のない三客なのでそう気は張っていなかったのですが、お手前さんは緊張したでしょう。
年に一度、こういうお勉強もいいなあ、と感じたことでした。






[PR]
by fuko346 | 2018-04-16 11:02 | お茶会と稽古 | Comments(6)

かわいい小紋

お稽古へ

a0236300_12105060.jpg
先生はじめ 皆さんから あら~ 今日はいつもと違うのね かわいい~との感想です。
自分でも そう思います。
私がかわいいのではなくて きもの が かわいいのです。
何度か着用した 母の小紋。
可愛すぎるので 羽織にでも と相談しましたら 裄が足りない、派手じゃないから このままもう少し着れば、ということで 着てみたけど やっぱり ちょいと気恥かしい。
私は 子供のときから かわいい とは かけ離れたところにいます。(赤ちゃんの時は除く)
それよりなにより ちょっとした 小紋 どう着ればいいのか わかりません。
布好き 糸好き 織物好き で 自分で手に入れたものは 紬が多く、あとは 必要品として 柔らかものは いろ無地 つけ下げ 訪問着。
それらは 礼装に近くなるので もう帯も小物も決まってきます。
が、このちょいとした 小紋 というのは、、、。
慣れていないだけかなあ。
なんとか かわいい を減らしたくての 帯と小物。
このまま見れば どうってことないのですが ここに 顔が載ると、、う~ん。

茶会やらなんやらで 人前でお手前をするので 柔らかもので練習を、と思い立っても、そういうきものが 無い、ので、次回もこれを着てみましょう。
帯回りも考えよう。
慣れるかな。
a0236300_12233944.jpg
ほんと かわいくて 生地もよくて 好きなんだけど。

きもの 染め小紋 袷(母から)
帯   献上風 八寸





[PR]
by fuko346 | 2018-04-03 12:27 | 今日のきもの 春 | Comments(2)