人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山里 ( 467 ) タグの人気記事

玉手箱

こちらに来て 早 30年余、押し入れに長く眠っていた 大きな段ボールを やっとこ開けました。
茶道具 の 箱。
a0236300_12242853.jpg
ぎっしり。
伯母からのお下がりと 私が中学生のころからお稽古していて お初釜で当選したものとか、旅で手に入れたものとか、自作、とか。
あらあ~、ほぼ完ぺきにお道具 揃っています。
釜もきれいなまま。
はてな 炭道具が一切ない。
あ、伯母は電気を使っていたのですね、と はた、と気づく。
a0236300_12274459.jpg
ややや なかなかお稽古できない 大海の茶入れに 長緒のお仕覆まで ありました。
箱を開け見ていると ああ、これは、と思いだすことしきり。
上の写真の青磁色の水差しは 自作 です。
でも どこで作ったのか、、、が 思い出せません。
たぶん お社中にいらした 陶芸家さんのところ、しかあり得ないような気がします。
それとも 高校の工芸部か、、、。
眺めていては 日が暮れてしまうので とりあえず 離れに 使わなくなった 棚、があったので それを持ってきて縁に 仕舞場所を 作りました。
そして せっかくだからと、設えてみました。
a0236300_12345063.jpg
棚 記憶では丸卓のはず だったのですが だしてみれば あらら 桑小卓。
(置き場所が変ですが 御容赦)

灰も炭(茶炭ではなく蔵にあった昔のもの)もありますが 釜の灰型はわからない。
先生にお伺いをたててみましょう。

ううむ。
これだけ揃っていたら お稽古しなくてなるまい。
どなたかに 一服 差し上げたくもなる。

が、庭も家の中も ぐしゃぐしゃである。
お軸はない。
いかにせん。




by fuko346 | 2019-11-14 12:43 | お茶会と稽古 | Comments(6)

柿 豊作

東では不作のようですが、こちらでは
豊作です。
a0236300_12113587.jpg
a0236300_12120421.jpg
柿が たわわに実る という表現はあまりないように思いますが、摘果もせず ほぼ放置なので、こんな感じになってしまい、枝が重さで 垂れ下がってしまっています。
a0236300_16420560.jpg
r立派でしょ。
a0236300_16422103.jpg
二割か三割くらい 収穫しました。
疲れて 今日は ここでお終い。
あちらこちらに お裾わけ、です。
a0236300_12134070.jpg
ごちゃごちゃですが 大根です。
予定よりもだいぶ東の滞在が伸びたので 間引きが間に合わず、こんな感じに。
向こう側には 水菜も わんわんしておりまして、当分 間引き菜 のおかずを考えねばなりません。
とりあえず 今日は 菜っ葉 どっさりチャーハンを作りましょ。

帰宅してから お日様が照る日が続き 季節の変わり目仕事がはかどって ありがたいことです。



by fuko346 | 2019-10-31 12:17 | 山里便り | Comments(2)

最後の夏野菜

山里も 朝晩 冷え込むようになりました。
長袖 重ね着しないと 寒いくらいですが 昼は まだまだ 少し動くと 汗、です。

明後日から またしばらく東に行くので 菜園の整理。
夏野菜 最後の収穫です。
a0236300_20490349.jpg
ナス ピーマン 万願寺 シシトウ
けっこう 実っていました。
a0236300_20501692.jpg
ナスたちも なかなか立派であります。
a0236300_20511002.jpg
ご近所から 黒豆の枝豆 いただきました。
美味し 美味し。

菜園はすっかり整理して いまは 大根 水菜 ルッコラなぞが 育ちつつあります。
帰宅したら ぼーっと 大きくなっていたら いいなあ。


by fuko346 | 2019-10-07 20:53 | 山里便り | Comments(6)

新人さん

庭のぼーぼーに巨大化した キンモクセイが 香りを放っています。
台風の影響でしょう、ときおり 強い風が ふきわたっていきます。
10月になったのに まだまだ暑い山里です。

菜園(花壇) 柵の中に 新人さん。
a0236300_09213704.jpg
a0236300_09220149.jpg
芙蓉。蕾の付いた状態で 植えて 咲いたら まあ なんて美しいこと。
ほんのりにじむ 黄色が こんなに映えるなんて。
毎年この花に会えるなんて しあわせなことです。
大きくなって たくさん咲いてくださいな。
a0236300_09240429.jpg
フジバカマ
こちらは 一転地味ですが、味がありますね。
増えたら アサギマダラが 旅の途中に寄っていってくれないかしら、と期待します。

柵の中は地面が限られていて あれもこれも はできませんが、少しずつ増やしていくのは楽しいです。


by fuko346 | 2019-10-03 09:30 | 山里便り | Comments(6)

筆を持つ

書のお稽古 初日です。
a0236300_00000910.jpg
以前伺った町内の古民家。
どなたかと御一緒かと思っていましたら 私だけのために 用意して下さっていました。
風のとおる 美しい部屋で、先生と二人。
a0236300_00022781.jpg
墨をすったのは何年ぶり、小学生の時以来?

「あなたの字を見つけて行きましょう」
この方に 教えてもらおうと思って正解だったとうれしくなりました。

きさくに何でも答えてくださるうえ ひどい私の字も けなすことはなく いいところをほめてくださります。

二時間ほどの稽古でしたが はじめたときとは 大違いの字になりました。
月に一度、楽しみにする時間ができました。

こちらもぼつぼつ 少しずつ、上達できればいいなあ、と 思うのでした。



by fuko346 | 2019-10-03 00:11 | おもいつれづれ | Comments(8)

お彼岸なので

お彼岸なので お墓用と仏壇用 贅沢に 菜園から切りだしてきました。
a0236300_17550804.jpg
真冬は無理ですが、庭の花で あれこれ 間に合うようになってきて うれしいです。
少しずつ植えてきた宿根草が 季節ごとに 咲いてくれるようになってきました。

ふと
お彼岸だから、と お寺にお墓参りに 行く人って 今 全体のどのくらいの割合なんでしょう。
ここ山里でも お墓に新しい花が供えられていないところが目立ちました。

行くことがいいこと 行かねばならない、とも 考えていませんが、私などは習慣で、行けるとき 行けるうちは 行くのでしょう。
宗教、または慣習というものは 生まれた場所の刷り込み、だと 感じているニンゲンなので、とらわれは 無いのです。

台風が来ていますが 明日は秋分、これから冬へと なだれ込んでいくのですね。
暑い 暑い なんて言っていて、カレンダーを見たら あら 今年はあと三枚。
しゃあ しゃあ 音を立てて ときが 過ぎていきます。


by fuko346 | 2019-09-22 18:15 | 山里便り | Comments(6)

秋晴れ

雲ひとつない 秋晴れに なりました
a0236300_11345895.jpg
むし暑さから 一転 朝方は冷え込んで(!)16℃ほどの最低気温。
明朝は12℃予報がでていますが ほんとかしら お布団 出さなくちゃ。
昼間は25度くらいに上がるので 日向は 暑い、です。

それはともかく 実に気持ちの良い 風が吹きわたって「爽やかなお天気」を思い出しました。

庭を一回りして 季節を見つけてきました。
a0236300_11391473.jpg
今年の柿は 甘いかな。
a0236300_11401925.jpg
ツルボが 三本 咲いていました。
あれ、鹿の口は、、、そういえば この頃 気配がないけど、どこか出張しているのかしら。
a0236300_11414264.jpg
鹿柵の中には 夏の花がまだ たくさん 咲き残っているので 蝶も他の虫もたくさんやってきます。
この子は ツマグロヒョウモン メス かな。
アキアカネも まっかっかに なっています。

ああ 気持ちいいなあ。
こういう気候が一年に半分くらい あったらいいのになあ。



by fuko346 | 2019-09-19 11:47 | 山里便り | Comments(2)

書 と フルート

ワークショップ、というものでしょうか。
町内ですが車で30分ほどのこちらへ おじゃましてきました。
a0236300_11433427.jpg
古民家を改修して、井戸茶碗を焼いている まさんど窯さんの母屋にて。
a0236300_11444469.jpg
「ペンと珈琲」を主宰なさっている 奥田美穂さんの 書とフルートで 十五夜を味わう

どういう経緯で見つけたのかは定かではないのですが、まさんど窯も 奥田さんの書も ちらちらと見ていたのでした。
思いきって 申し込んで 少々不安ながら到着。

墨と筆を渡されて 自由に墨絵を描いてください、といわれ しばし茫然自失。
そんな、、、、
で、、、
a0236300_11485415.jpg
お絵かき 下手です。
そこにあるものを見ながらなんて 書けません。
でも なんか 書かなくちゃ。
a0236300_11502507.jpg
皆さんは用意して下さった ススキなどの草ぐさ や ナスやウサギや 書いていらしたけど、そんなの書けないので 心象の山に月 をかきました。
なんとまあ あっさり してますこと。
墨で絵を描く なんて初めてのこと その濃淡の出方が とってもおもしろかったです。

その後 軽食と聞いていましたが なんの なんの
お茶人である家主さんの 本領発揮。
a0236300_11541729.jpg
美味しかったわあ、、、、。
こちらのお茶事 憧れているのですが いつかご縁がありますように。
a0236300_11553272.jpg
日ぐれて フルートの三重奏。
茶畑に 美しい音色が流れていきます。
ここは 朝宮茶の生産地、なのです。

皆さんは月の出まで いらしたようですが、私は まだうす明るいうちに 帰りました。
贅沢な時間をありがとうございました。

思いきって出かけたのは 奥田さんが 書のお稽古を京都でゆるゆるなさっていて、それに参加できたらなあ、と思っての 様子見、でもあったのです。
そうしましたら 車で30分くらいの場所でも お稽古がある、とのこと。
うれしや。
お茶をしていると 筆を持つことが多く あまりにひどい字なので もう どうしようかしらん、と 体をくねらせていたのですが、お稽古開始したしましょ。

また 少しずつ ご縁が繋がる気運がやってきたのでしょうか。
ゆるゆる ゆるゆる 動きましょう。





by fuko346 | 2019-09-16 12:07 | 和遊び(ほぼお能・大鼓・能管) | Comments(8)

はなちゃん

山里では 久しぶりに ああこんな気持ちの良い風があったのか、と感じてしまうくらいの 爽やかなお天気になりました。
ちょうど 不調で長らく行っていなかったご近所の美容室へ カットに行きました。
もう ぼーぼーになっておりまして、やっと、です。
a0236300_13404879.jpg
その美容室のあけ放った窓から 風が吹きわたります。
子供の時から 髪に触られるのが いやだった私が はじめて いや、ではない美容師さんに それもご近所、かつ 気持ちいい空間、という しあわせ な巡りあわせ。
今日は は ムシムシから 解放されて ことさら 気持ち良く。
a0236300_13433946.jpg
この子が そこはかとなく います。
かわいい はなちゃん 11歳。
夏はこの床が涼しいので 定位置、とか。

こんな 素敵な 美容室は そうあるまい、と 思います。


by fuko346 | 2019-09-12 13:46 | 山里便り | Comments(4)

か ぼ ちゃ

かぼちゃ を 二つ もらいました。
生産組合の規格外品。
かっこ 悪いから かしらん。
a0236300_11421193.jpg
いえいえ 威風堂々 かっこいいわよ あなたたち。
a0236300_11425394.jpg
ずっしりと 持ち重り。
なんだか しゃべりだしそう。
a0236300_11440512.jpg
かぼちゃ が 美しいと感じたので 乗せてみました。

しかし みなさま お暑うございますなぁ。


by fuko346 | 2019-09-10 11:46 | 山里便り | Comments(2)