月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山里 ( 413 ) タグの人気記事

ただいま 14℃

昨夜からいきなり涼しくはなったのですが、今日 日が落ちてからの冷え込みは驚くばかりで、ぐんぐん寒くなっていき ただ今 気温14度、です。
と、スマホのアプリに表示されています、この観察地点 うちより少し低い場所にあるみたいなので ここはもう少し寒いと思われます。

寒い?
8月ですぞ。
ついせんだってまで ほかほか だったのですぞ。
35℃だったのですぞ。

ここは標高がやや高く 内陸部の盆地でありますので、寒暖差、季節によっても 日によっても、一日のうちでも 大きいのですが、こりゃあ ちと大きすぎます。

お風呂に入って あったまって寝ることにしましょう。

身体 おかしくなっちゃう。

あまり驚いたので 覚書 でした。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-17 23:46 | 山里便り | Comments(5)

おしめり程度

ここ山里には 長いこと雨が降っていませでした。
土が乾いて 渇いて 池の水もにごりってどんより。
菜園や木々に 水やり 水やり。
敷地の上にあって水やりに行けない場所にあった まだ若い栗の木が一本 枯れてしまいました。

雨乞いの踊りを踊りたいくらいの晴天続き そして曇ってきて あ 水の匂いが、、、と感じても、雨にはならず 雲は遠のいてしまいます。
近隣では あちこちにわか雨のような激しい雨が降っているのに ここには 来ない。
なぜか 雨雲が避けていってしまいます。

が、とうとう降りました。
a0236300_18084373.jpg
来ました 土砂降り、うれしいな~。
a0236300_18082464.jpg
木も草も 生き物たちもうれしかろ。
え、あれ、、、
a0236300_18085815.jpg
すぐ 止んでしまいました。
これでは 土の表面は濡れたけど 根まで水は届かない。
渇ききった土が湿っただけ。

そうそう 天気予報では 午後いっぱい雨、となっているから また降ってくれるのを待ちましょう。

あれ 降らない。

明日はもう晴れだとか。

う~~~ん 水 足りません。

降り過ぎて危ないところも多いというのに 按配よくとは いかないものですね。




[PR]
by fuko346 | 2018-08-16 18:17 | 山里便り | Comments(0)

立秋

昨日 七日は立秋。
だから、、、、なのか 山里は いきなり過ごしやすくなりました。
a0236300_21194102.jpg
みなさ~ん 雲ですよ~雲。
お天気 くもり ですよ~。
連日晴天 朝 窓を開けると熱風が吹き込み、玄関を一歩出ると くらっとする日射し。
あ~曇らないかなあ、と 雲 を待ちわびたのは 生まれて初めて、です。
せんだっての上京時の運転も 冷房はついているのですが 日射しがきつくて苦しく、ちょろっと目の端に見える雲に お~いがんばれ 頭上に来てくれ それに いつもは嫌いなトンネルの心地良さ。
酷暑に日射しをさえぎる物の 大切さを思い知りました。

昨日 今日と ほおっと 身体が 一息ついています。
ただ 雨は降らず、土は かっぴかっぴになっています。

a0236300_21255127.jpg
毎日 お水はやっていたけど なかなか咲かなかった アサガオも開き始めました。
種をもらって どんな色かしら、と楽しみにしていましたが 鮮やかな美しいものでした。

願わくば 最高気温30℃前後 最低気温20度前後、という 昔ながらの夏、がつづきますように。

30℃ちょっと越えたら 暑い なんて言っていたのがうそのように、それが涼しいと感じるようになってしまいました。
ニンゲン(生き物)の適応力の素晴らしさよ。


[PR]
by fuko346 | 2018-08-08 21:29 | 山里便り | Comments(2)

暑中お見舞い 申し上げます

お暑うございますね。
なんて 澄まして言えないくらい あっつい、です。
この山里でも 記憶にない気温になっています。
なにか 涼しげな画像が無いかと探していたのですが、玄関先に お客さんが。
a0236300_21564849.jpg
これが涼しげに見えるかどうかは 人によってかなり違うような気もいたしますが。
この子 ぜんぜん 逃げません。
暑さに 弱っているのかしら。

鳥の声もあまりなく 真昼間は ツバメも飛んでおりません。
この時期 早朝から昼まで 常に聞こえているはずの 草刈り機の音もぱた、と止みました。
人も虫も鳥も 危険を感じている模様です。

今日 午後から 頭がちょっと痛くなったので 今期初の冷房を入れてみました。
あ~ん だめ 弱いのです、この機械仕掛けの 冷たさ。
でも 入れてしまったら切れなくなって 夕方まで。

はてな 保冷材入りタオルまきまき+シャワー、で 乗り切るか 冷房で気持ち悪くなっても涼しいのを取るか 悩みどころでございます。

街の暑さに比べたら そんなごたくを言っていられるのはは天国かもしれません。
夜も12時をすぎれば22℃くらいに下がって 寝られますもの。

それに どうも 心身が復活してきたらしく 以前のように ぐったり、、、ではなく、暑いの 暑いの と言いながら ぼそぼそ動いていられます。
頭もフリーズしていません。
もしや 元気な高齢者になれるのか。
はたまた それは幻想か。

とまれ 皆さま なんとかこの酷暑を乗り切りましょうぞ。




[PR]
by fuko346 | 2018-07-19 22:10 | 山里便り | Comments(4)

にいにいぜみ かな

菜園のアスパラの先っぽになにかついているぞ、、、
a0236300_21455158.jpg
ど~んとアップにしましたが この子は小さくて 3センチあるかないか。

あれ~アスパラ畑には 籾などまいて土が柔らかいから 卵を産んだのでしょうか。
林でも森でもない 畑に、、、。

ニイニイゼミは 鳴き出すのが一番早くて もうだいぶん前まら鳴いているので、この大きさだときっとそうなんだろうなあ。

と、夜になってお客が 乱入。
どしばし そこらに当たっています。
確保。
a0236300_21491819.jpg
a0236300_21494729.jpg
あられもなく お腹。
ニイニイ でしょうか。
まさか 畑にいた子ではないでしょうが そうかもしれません。

って、裏の山へと続く林の中では わんわん 鳴いているので 確率は低いと思われます。

ここ山里では まず ニイニイゼミがしーっというかじーっというか鳴き出して、そのすぐ後にヒグラシ、ややあって アブラゼミ オオゼミが たまに鳴いて、ツクツクホーシが鳴き出すと、夏も終盤、です。
で、前にも書きましたが 一番うるさいのは ヒグラシで 夜明けの カナカナ合唱には 閉口します。
起こさないで~~~。

私が一番 好きなセミの鳴き声は エゾハルゼミ、ここらへんにはいませんが、関東以北、山にはつきものの あの声。
降るように、とはまさにあのような鳴き声だと感じます。

夏の へーへー登ったあちらこちらの山の記憶がくっついて 気に入っているのかもしれません。

せんだっての秋田旅行ではずーっと あの鳴き声と一緒でした。

気になる方は検索してみてください。
なかなかの 音量と旋律 です。
ぎーよよお~ん って聞こえます。




[PR]
by fuko346 | 2018-07-18 22:01 | 山里便り | Comments(2)

コオニユリ

夏 ですね
a0236300_12422130.jpg
梅雨が明けてから 暑い日が続きます。

一昨年でしたか 暮れにたくさん ユリネをいただきました。
使いきれなかったので 冷蔵庫にだいぶ長い間 しまっておいたものを どんな花が咲くかしら、と植えてみました。
a0236300_12444295.jpg
きれいに咲きました。
あれ、これは 前から 勝手口に植わっていて 暑い夏にさらに暑い気持ちにさせられる百合と同じではないですか。
調べてみると ユリネは ほとんど このコオニユリの球根だそうです。
ああ そうか と納得。
なんで ここにだけ この花があるのか 謎だったのですが、この家の誰かが いつか、ユリネをとろうとして植えたのですね。
誰かな 植えたの。
なんとなく 前代ではなくて その前のおじいさん ではないか、と感じます。
会ったことはないけれど、ぽちぽち聞く話で なんとなく気が合いそうな人だなあって。
それ以外は 花鳥草木に興味のありそうな人がいないのです。

ま、わかりませんけれど。

ということは、勝手口で繁茂している コオニユリ 必要なときは掘って食べちゃお。
うふふ。



[PR]
by fuko346 | 2018-07-13 12:51 | 山里便り | Comments(4)

気持ちはわかるけど

玄関先に置いてある ミニバラの花の真ん中に たぶん ウマオイの子がちょん、と乗っているのを昨日 見て あれ 蜜でも吸っているのだろうか、、、
と 今日もふと見ると同じところにいるので 近寄っていくと すすす、と花の端っこに移動しつつ、きゅん、と身体を伸ばしています。
足と触覚を伸ばして 細く見せようとしている?
なんか草の枝に見せようとしている?

 
a0236300_21371479.jpg
でも 真っ黄色の花の上では 黄緑色の身体はとっても目立っていますよ~。

あれ、写真に撮ってみると 花びらかじられていますね、あなた 食べたの。
美味しいのかな。

夜になって台風が近づき 雨が降ったりやんだり 涼しい風も吹いてきた 山里です。


[PR]
by fuko346 | 2018-07-03 21:41 | 山里便り | Comments(2)

梅 ひろい

a0236300_22094758.jpg
しみじみと 地味な画像であるなあ、と 思いつつ。

梅屋敷きの梅 ことしは実りが良くありません、 が、 本数が多いのでそれなりに収穫はあります。
蚊取り線香をお伴に ちょいと拾ってきました。
完熟、です。
あおいものは 手の届くところのものを もいできました。

このバケツいっぱい でも 部屋中にあの梅の甘いいい香りが満ちています。

拾うそばから ぽてぽて 落ちてくるので きりがないのですが、もう 前回書いたように在庫があるので、今年は これで梅酒と梅ジュースを作って 梅仕事は終わりにしたいと思います。

関東では梅雨があけて 酷暑のようですが こちら関西は 晴れて暑くても 時折雨が降って 湿気が満載です。
今 きている台風が行ってしまったら 梅雨明けでしょうか。
今年も暑いのだろうなあ。

もう 夏は 生きているだけで上等だ と 思うようになりました。


[PR]
by fuko346 | 2018-07-02 22:18 | 山里便り | Comments(4)

梅と山椒 2018

前言 撤回
いきなり うう とうめいてしまうくらい 陽の出ている間は暑くなりました。
といっても日ぐれると風が冷たくなり 窓を閉めます。

そんなこんなで、、、今年の梅と山椒のあんばいはいかに。
a0236300_11175082.jpg
実が少ないし 小さい です。
まったく実がなっていない木もあります。
めずらしや。
木も葉も旺盛に茂っているのですが、なぜでしょう。
昨年 強剪定し過ぎたのかしら。
a0236300_11200612.jpg
梅もしかり。
あそこにひとつ ここにひとつ と数えられるほど、です。

ほっ。
山椒も梅も何本もあって たわわに実ると うわ 収穫せねば なんとかせねば、と気がせきますが この程度でしたら ちょちょいと。
山椒は薬味として冷凍するぶんと 佃煮にする分があればよく、梅ぼしの在庫はたっぷりあるので、今回は 一年分の梅酒が作れれば 良いのですから。

この時期 湿気と暑さの中での収穫は汗だくだくで それぞれ一日かかる仕事になるので、年々 暑さに弱く体力の落ちてきている身には 不作(でも 十分)は ありがたいのでした。

a0236300_11263289.jpg
これは強いノシバに負けず けなげに咲く ニワゼキショウ。
ネジバナも見つけたら 持ち帰っているのですが どうも 根付きません。
向き不向きというものは どこにもあるようです。




[PR]
by fuko346 | 2018-06-26 11:28 | 山里便り | Comments(6)

紫陽花 たち

今いる子たち です。
墨田の花火が按配悪く 花が上手く咲いてくれません。
その他はどんどん 大きくなるのだけど、、、
a0236300_11411389.jpg
a0236300_11415137.jpg
a0236300_11422334.jpg
a0236300_11425549.jpg
a0236300_11433416.jpg
a0236300_11440200.jpg
紫陽花が好きで きれいなものを見かけると 一枝いただいてきて挿し木、します。
一番下のは 昔からあるものですが 他はみな お引っ越ししてきたもの。
紫陽花は 挿し木ですぐに増えますね。

みな好きではあるけど その中でも 山アジサイが好き、です。
あちこち株分けして増やしてます。

いっせいに咲いて、家の中にも飾っているけれど 飾りきれません。
花のあとには 剪定しないといけないので もったいなあと 思いつつ、放っておくと巨大化してしまうので 泣く泣く 花のついているものも切り落とすことになります。

それまで贅沢な眺めを楽しむことにいたしましょう。


[PR]
by fuko346 | 2018-06-24 11:51 | 山里便り | Comments(6)