人気ブログランキング |

月下逍遥

fuko346.exblog.jp
ブログトップ

タグ:菜園 ( 52 ) タグの人気記事

柿 豊作

東では不作のようですが、こちらでは
豊作です。
a0236300_12113587.jpg
a0236300_12120421.jpg
柿が たわわに実る という表現はあまりないように思いますが、摘果もせず ほぼ放置なので、こんな感じになってしまい、枝が重さで 垂れ下がってしまっています。
a0236300_16420560.jpg
r立派でしょ。
a0236300_16422103.jpg
二割か三割くらい 収穫しました。
疲れて 今日は ここでお終い。
あちらこちらに お裾わけ、です。
a0236300_12134070.jpg
ごちゃごちゃですが 大根です。
予定よりもだいぶ東の滞在が伸びたので 間引きが間に合わず、こんな感じに。
向こう側には 水菜も わんわんしておりまして、当分 間引き菜 のおかずを考えねばなりません。
とりあえず 今日は 菜っ葉 どっさりチャーハンを作りましょ。

帰宅してから お日様が照る日が続き 季節の変わり目仕事がはかどって ありがたいことです。



by fuko346 | 2019-10-31 12:17 | 山里便り | Comments(2)

最後の夏野菜

山里も 朝晩 冷え込むようになりました。
長袖 重ね着しないと 寒いくらいですが 昼は まだまだ 少し動くと 汗、です。

明後日から またしばらく東に行くので 菜園の整理。
夏野菜 最後の収穫です。
a0236300_20490349.jpg
ナス ピーマン 万願寺 シシトウ
けっこう 実っていました。
a0236300_20501692.jpg
ナスたちも なかなか立派であります。
a0236300_20511002.jpg
ご近所から 黒豆の枝豆 いただきました。
美味し 美味し。

菜園はすっかり整理して いまは 大根 水菜 ルッコラなぞが 育ちつつあります。
帰宅したら ぼーっと 大きくなっていたら いいなあ。


by fuko346 | 2019-10-07 20:53 | 山里便り | Comments(6)

夏野菜 2019

9時で 室温29℃。
外仕事ができません。
涼しい7月のしっぺ返しが やってきてしまいました。
涼しいうちにと せっせと草取りしておいてよかった。

今年の夏野菜 備忘録。
a0236300_09400212.jpg
正直なもので 梅雨明けでおひさんがあたるようになってから どんどん赤く熟すようになってきました。 必要十分
・中玉 1 ミニトマト 1

・小葱 場所を変更。 もう長いこと 植え替え 植え替え していますが これは永遠に続けられるのかしら。 もう 最初の苗を誰にもらったかも忘れてしまいました。来年は種をとっておいて 一から作ろうかな。 在庫十分

・ししとう 2 例年通り すずなり
・ピーマン 1 必要十分に成っています
・ 万願寺 1 これも大きくなったものをためておいて 必要十分
・かぼちゃ 2 これは例年作っていた 下の畑の柵を鹿に破られてそのままなので使えず、菜園の端っこにあるのですが 場所が取れずに委縮しているので 一つか二つか 収穫できるかな。
・なす  2 低音が続いた影響か実のつきがよくありません。それに今まではなかった カメムシ類が たくさん取りついて 難儀。これからに期待。
・きゅうり 2 低温きにせず たんと成って そろそろ終盤。 来年は 品種を変えて植えみましょう。
a0236300_09561879.jpg
あおじそ の森。
好きな景色です。
紫蘇もあります。

今 食べられるのは これくらい。

おっと 忘れていました 東京の庭から お引っ越しさせた 茗荷 どんどん 出てきて、薬味に活躍中。

あ、今 今年初の オオゼミの声がしました。これでツクツクがでてきたら 夏も中盤過ぎ、ですね。



by fuko346 | 2019-08-01 09:58 | 山里便り | Comments(6)

蕗の煮もの

私がこの家に来たころ 蕗は庭に たくさん生えていました。
鹿が出没するようになって全滅。
田舎暮らしで 春に蕗の薹の天麩羅も食べられないんのは哀しかろうと、山小屋のある新潟は魚野川の河川敷から 数本 根をとってきて植えたものが 菜園の隅で すくすく育ち、めでたく 毎年 蕗の薹の天麩羅を食すことができています。
買ってまでは、、、。

夏にはぼうぼう繁殖するので 茎も食べてしまおうと、、、
a0236300_21240867.jpg
採ってきました。
細いヤマブキですけど、あるものは食す、のでありました。
a0236300_21253644.jpg
塩で板ずりして さっと湯がくと きれいな 翡翠色。
ここから 皮をむくのが 細いだけに難儀ですが、そのむいた皮の緑のきれいなこと。
ボウルに 績んだ糸みたいにたまっていくと 見惚れてしまいます。

街で育って 今 こんなことすると思わなったなあ、と おかしくもあり楽しくもあり。
山椒も梅も これも もう 時間のかかる手仕事で、というか手間そのもので、そんなことをのんびりしている 自分を省みて 不思議なものよ と 感じ入ったりするのでした。

手間のわりには かさはゆかず でも蕗の煮もの 美味しくいただきました。




by fuko346 | 2019-07-05 21:31 | 山里便り | Comments(6)

秋晴れ

a0236300_11141110.jpg
今年 最後のピーマン収穫 です。
よく 実りましたが、最低気温が10℃を切ってくると 勢いがなくなってきたので整理しました。
菜園仕事 ぼそぼそ しております。
夏と違い 虫の 襲撃の無くなった今は 快適、です。

今日は 久しぶりに感じる 真っ青なお空の 秋晴れ、です。

布団も干して 洗濯いっぱいして 掃除もして、そんな日に家にいると くるくる くるくる、しています。
家にいられる、というのも贅沢なこと。

はらはらと 落ち葉の庭に 縄張りを主張している 百舌鳥がいて 鋭く鳴いているのを聞くと、すっかり 季節が変わったことを感じます。
今日くらいの 気持ちの良い 秋、が しばらく続けばいいなあ。





by fuko346 | 2018-10-17 11:29 | 山里便り | Comments(2)

野菜たち

暫く留守にする前にと 菜園仕事を済ませていきました。
a0236300_11410323.jpg
帰ってみると きれいに水菜が発芽していて、うれしくなります。
これで 冬の間の基本青菜は 確保。

大根も 間引きできるくらいになっているし 良かったよかった。

本当はもう 片づけなくてはいけない ナス 長とうがらし、酷暑の間は実らずに 涼しくなって茂ってきたので もったいなくて そのままに そしてまだ 実っています。
なので もう冬野菜の土地がなく そして 種まきには遅く、、、。

今年は 水菜 大根 カラシナ類のサラダ用、と ネギ、と ちょっと心もとない冬菜園です。
が、今日もブロッコリ もらいましたし、他も期待して。

東京にいた間 暑かったので ここ山里の冷たさに はっと 冬を思い出しています。
今年の冬は 昨年のように厳しくならないと いいなあ。



by fuko346 | 2018-10-12 11:52 | 山里便り | Comments(0)

寒いの

a0236300_13044743.jpg
四月 五月に 突発的に とんでもなく暑い日があって、先が思いやられる、、、と感じていましたが、その後 暑さは影をひそめ うすら寒い日が続いています。
雨もしとしともどしゃどしゃもあり、湿気がいっぱい。
晴れても 梅雨時のじめ~とむわ~と暑ではなく ひんやりと風はさわやか、という気候になります。
6月にこういうの あまり無いような、、、。

で、菜園の野菜たちは 育ちが悪く トマトは赤くならず、シシトウなんぞは しおっとしています。
元気なのはネギくらいでしょうか。

居間には いまだ こたつがありまして、仕舞いかねています。
電気はさすがに入れませんが 夜になってひんやりとすると 足だけいれて 暖をとっています。
例年では5月の連休に仕舞うのですが 仕舞い損ねて いまだに ずるずる。

梅雨が明けたら ここ暫くの夏のように ぐぁ~~~~ん というくらい暑くなるのでしょうか、怖や 怖や。


by fuko346 | 2018-06-23 13:13 | 山里便り | Comments(0)

睡蓮 と メダカ

昨日とはうってかわって 涼しいを通し越して 肌寒い山里です。
そんな中 今年の睡蓮 第一号が 咲きました。
a0236300_13054086.jpg
たしか 昨日は 花芽が水面に半分くらいでていた、と 思うのですが、一日で伸びて開花するスピードに驚きます。
これは メダカ鉢 大 ですが、これからあちこちのメダカ鉢 そして 池のものは ずいぶんと最初の頃より 葉が大きく広がっているので これから つぎ次としばらく楽しめそうです。
そして メダカの赤ちゃんも第一号 孵化。
いつかな いつかな と待っていたので うれしいものです。

山里では ヤマユリ アジサイの蕾も膨らんで モリアオガエルの鳴き声も聞こえるようになりました。
初夏 です が 今日は寒いなあ。
気温の乱高下 今年はひどいですね。
a0236300_13113961.jpg
こちらは 庭のちっさい菜園。
鹿柵の中になにもかも押し込めているので 花も木の鉢も詰まってしまっています。
今年の覚書。
明日から一週間ほど東京なので 急いで 夏野菜仕事を終了。
帰宅するころには苗は大きくなり 種はいっせいに芽吹いていることを 願って。




by fuko346 | 2018-05-19 13:16 | 山里便り | Comments(4)

トウが立ちましたが、、、

a0236300_09290569.jpg
留守にしている間に 菜園では。

まだまだ冷え込みのきつい頃 出始めの固い蕾のフキノトウ 食しました。
ここまで トウが立ってしまって花が咲いたら食べられない、と思っていたのですが、どうもそうではないようなので てんぷらにしてみましたら けっこうなものでした。
ただ あの独特の苦みは 蕾より かなり薄いです。
a0236300_09330207.jpg
天候不順で大きくならず そのまま放っておいた水菜は 花盛り。
こちらも 花もろとも おひたしにして 食べました。

なんやらかんやら 食べるものがあるのは うれしい限り。

まだまだ霜が降りるので 種まきはできませんが、そろそろ菜園の冬野菜を整理して、土を耕す頃相です。
今日の 山里の気温 予報では 最低気温0度 最高気温20度、です。
相変わらずの メリハリのある 気温 です。





by fuko346 | 2018-03-27 09:37 | 山里便り | Comments(0)

青菜

a0236300_11342844.jpg
青菜が食べたくて
菜園で 大根の間引いたものと 小松菜を ひいてきました。
ゴマであえて。

引いてきてここまで 20分とかかっていません。
葉っぱが まだ 生きています。

野菜を引きぬく時 ひゃあとか やめて とか 言いませんが、まあ 殺戮です。
動物も草木も 生き物 としては ほぼ同じと感じているので いやあ すまんすまん 食せねば生きてい行けないのだ、という想いです。

その生きている野菜たちの持っている力、を 私の身体が欲しているわけなんですね。
難儀で因果だと思いつつ 美味しくいただくのでありました。

そんな感じ方をしているので この星は 命に溢れすぎていて ときどき 息苦しくなります。
はうっ はうっ ふう。
その 命の 今の 一メンバーとして 生きていることを 認識する不思議。




by fuko346 | 2017-11-24 11:44 | 山里便り | Comments(0)